仲人について

お相手探しからご成婚までサポートします



仲人とは?仲人の起源から依頼までの基礎知識

人生の長い時間を共にすることとなる結婚相手探しは多くの人にとってとても重要となります。一生を添い遂げたいと思えるような相手に巡り合い、結婚へとつなげるための婚活をしたいなら仲人は頼もしい存在です。

しかし、仲人は日常生活で身近な存在ではないため、どのような人であるのか知らないという人も少なくありません。そこで、ここでは仲人の基礎知識について詳しく解説します。

仲人とは

仲人とは、結婚する2人の間を取り持つ人のことです。結婚は本人同士だけのことではありません。新郎と新婦により新たな1つの家族が作られるだけではなく、全く別々に存在していた家と家が結びつくことにもなります。そして、2つの家をつなぎ合わせる役割を持った人として仲人が存在しているのです。

仲人は結婚したいと考えている男女のいる両家に縁談を持ちかけて、お見合いをサポートします。さらに、2人を出会わせるだけではなく、縁談がまとまって結婚へと進むことになった場合には、結婚のさまざまな儀式に関わり、立会人や証人としての働きも行うのです。結納の当日には両家の間に入り、進行役を務めます。結納式のはじまりと締めの挨拶を行うほか、両家の間で結納品や受書を取り次ぐのも仲人の役目です。

披露宴ではスピーチを行い、新郎新婦のなれそめや交際の様子などをゲストに紹介します。さらに、新婦の着付けにも付き添い、介添え役も務めるのです。披露宴が終わると、新郎新婦、両家両親と並び、ゲストのお見送りも行います。

このように仲人は、家族と同じような立場に立って新郎新婦に深く関わり、正しく結婚の儀式が執り行われるように見守り続け、ときに新郎新婦の相談役にもなるのです。さらに、結婚式を無事に終えた後も、新郎新婦の結婚生活を見守り、人生の先輩として相談にのるなど長く関係を続けていくこともあります。

全国仲人連合会の「仲人」とは

ご入会いただいた会員様の お相手探しから ご成婚まで 変わらず お世話させていただく方になります。
当会が定めたシステム、料金をもとに 全国どこの仲人のもとでも同じサービスを 同じ料金で 受けていただけます。
会員様の人生に関わる 「結婚」のお世話 であるということを心に刻み、
お相手探しの時のアドバイスや 交際中のフォローなど キメ細やかなサポートを心がけております。

ご成婚まで親身にサポート

全国仲人連合会の考える「仲人」

真剣に結婚を考えられている会員様に寄り添い、安心してご活動いただけるよう、お相手探しから結婚に至るまでしっかり導いていく。それが、当会の考える「仲人」です。

出会いの場を提供するだけではなくご成婚までお世話させていただきます。
当会の仲人は、会員様の「結婚」というゴールのために…
  • ・大切な個人情報をお預かりし、適切に管理、退会時にはきちんとお返しする。
  • ・お相手探しの際には、出会いのチャンスを広げるように適切なアドバイスをする。
  • ・交際中のお悩みやご相談にも親身になって対応する。
  • ・素敵なお相手と成婚が決まるまでしっかりと背中を押していく。

これらの基本に沿って仲人が会員様ひとりひとりに合った「良縁」をお探しできるようお世話いたします。

どんな仲人さんがいるの?

全国仲人連合会の仲人は、全国各地におります。
一般に仲人といえば おせっかい焼きなおばさん といったイメージかと思われますが、当会では 女性だけではなく 男性の仲人もおりますし ご夫婦でされている方も多くおります。

見直される仲人の良さ

昔は 家族や地域や会社内に必ず 世話好きだとか おせっかい焼きな方がいました。
その方のおかげで縁談がまとまり 結婚が決まったケースが多くあったようです。
一方現在では 結婚観やライフスタイル・日本経済の変化により結婚をお世話する 貴重なおせっかいな方 も減り、また 若い方もなかなか結婚へと踏み切れない人が増え、未婚化や晩婚化といった問題につながっております。
このような現代だからこそ 昔のおせっかい焼きな方 とおなじように、お見合いをセッティングし 結婚へと背中を押してくれる 頼りになる仲人 の価値が見直されています。

仲人との相性も大切です

相談所を選んでいただくうえで 信頼できる仲人かどうか ということはもちろん、ご入会を検討されているお客様ご自身と 仲人との相性が合うか という点が相談所を選ぶ第一のポイントになります。

当会では 入会をご希望の方には お住まいの沿線の相談所をご紹介しておりますが、中には「どうしてもこの仲人さんにお願いしたい」と 遠くから通われる方もいらっしゃいます。
全国仲人連合会の仲人は親身になって交際中の会員様のご相談にのったり 結婚を考えている会員様の背中を押したりと、会員様の婚活を一番そばで支えるパートナーになりますのでご入会前によく仲人と話し合っていただき、この人にお世話してもらいたいという基準で仲人を選んでいただけると良いかもしれません。

仲人の起源って何?

仲人の起源は、さかのぼること古墳時代、仁徳天皇40年の2月頃であるとされています。日本の古き2大歴史書である「古事記」と「日本書紀」には、その起源とされる出来事が記されているのです。あるとき、天皇が雌鳥(めとり)の皇女をお妃として迎えいれたいと考えます。そして、異母弟の速総別尊命(はやふさわけのみこと)を仲立ちとしたことが著されているのです。そして、この「仲立ち」が現在の「仲人」の始まりとされています。

ただし、ここに記されている物語では、天皇と雌鳥は結ばれていません。天皇から結婚の申し込みを受けた皇女は仲立ちとなった速総別尊命と結ばれてしまいます。< 速総別尊命が仲立ちに訪れた際に皇女が好きになってしまい関係を持ってしまうという結末となっているのです。

仲人はその後も、時代時代における結婚スタイルをサポートする重要な存在として活躍を続けます。特に、中世の武家社会では、勢力拡大を目的とした家と家のつながりを作る役割を持った人として重宝されていました。

また、子孫繁栄が重要とされていた庶民の間でも、適齢期となる男女を結婚へと導く仲人の存在は大切でした。結婚を希望する本人のことだけではなく、家族や親戚に至るまでさまざまな情報を持ち、その情報を活用して効率よく男女をつなぎ合わせることができる仲人は多くの人に頼りにされていたのです。

昨今は自由恋愛の末の結婚が多くなっています。しかし、かつては結婚する男女の出会いはお見合いがほとんどでした。そして、お見合いが主流だった昭和前期頃までの結婚式には必ずといっていいほど仲人の姿があったとされています。

仲人の種類

仲人と一言でいっても、大きく2つの種類があります。縁談からお見合い、結納、挙式まですべての執り行いをサポートするのが一般的に呼ばれている仲人です。2人の縁を引き合わせる人であることから、「引き合わせ仲人」とも呼ばれています。

お見合いによる結婚であれば、縁談を持ちかけて結婚のきっかけを作った人が引き合わせ仲人を務めることが通常です。近所の人や会社の人がお見合いをセッティングしてくれたなら、セッティングしてくれた人とその夫や妻が仲人をすることが一般的となっています。

一方、自由恋愛により結ばれた2人の結婚の場合には、縁談の持ちかけやお見合いといったイベントは必要ありません。そのため、結納や挙式・披露宴に関わる仲人として「頼まれ仲人」と呼ばれる人もいます。引き合わせ仲人は婚約や結納など結婚に関するすべてのイベントに関わる結婚の使者であり、立会人であり、証人にもなることが通常です。

しかし、頼まれ仲人は、結納から結婚式までを見守る立会人としてだけの役割を担うことが多くなっています。もしも結納を行わないカップルであれば披露宴の媒酌人としてだけ依頼します。昨今は、仲人を立てるとしても形式的な役割として依頼することが少なくないため、「名誉仲人」「杯仲人」などと呼ばれることもあります。

仲人・世話人・媒酌人の役割の違い

結婚する2人をサポートする人として仲人のほかにも、世話人や媒酌人という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。しかし、名前を聞いたことがあっても、実際に仲人と世話人、媒酌人の役割の違いを明確に把握していないという人は少なくありません。仲人は男女が出会い、結婚に至り、結婚生活を始めるなかで、さまざまな役割を担う人です。そして、数ある役割の1つとして世話人や媒酌人としての役割も務めます。お見合いの際には世話人として関わり、披露宴では媒酌人も務めるのが仲人です。

仲人が担うこともある世話人とは、出会いの世話をする人をいいます。結婚したいと望む人に縁談やお見合いを通して結婚相手の候補となる人を紹介し、男女を引き合わせるのが役目です。対して、媒酌人とは披露宴での仲人役を務める人をいいます。媒酌人の具体的な役割とは式の立会を行い、誓約の証人となり、祝杯の発声をすることです。

仲人を依頼する場合、仲人自身に世話人や媒酌人の役割もお願いすることは多くなっていますが、仲人と世話人、媒酌人がすべて同じ人でなくてはいけないという決まりはありません。仲人と世話人が違う人であったり、仲人とは別に媒酌人を依頼したりすることもあります。ただし、媒酌人を別に依頼する場合にはゲストの中でも地位が高い人にお願いすることが一般的です。

仲人は立てるべきなの?

仲人は必ず立てなければいけないものではありませんが、仲人のさまざまな役割や古くからの習わしなどを考慮することで、仲人を立てるかどうかを迷う人もいます。お見合い結婚が主流だった時代には仲人を立てることが一般的でした。しかし、恋愛結婚が多くなるにつれて正式に仲人を立てないカップルは多くなっているのが現状です。

仲人を立てるかどうかは、結婚式のスタイルを考慮した本人同士の希望に加えて、両家の家族の意向も聞き、話し合って決めることが大切となります。堅苦しくないカジュアルな雰囲気の式を挙げたい場合には仲人を立てる式は似合わないと感じるカップルもいるものです。ただし、家によってはしきたりを重んじた形での結婚を望んでいる場合もあります。後々、家族間でトラブルとならないようにするためにも、結婚の意思が固まったら最初に両家の意向をしっかりと確認しておくことが重要となります。

代々の家の習わしとして仲人を立てる考えがあったり、地域によっては今でも古くからのしきたりを重んじているところもあったりするからです。また、お世話になっている人を尊重して扱う意味で仲人を立てる場合もあります。このため、両家それぞれで事前にしっかりとした相談と検討を重ねてから、仲人を立てるかどうかの決断をするようにしましょう。

仲人を立てるデメリット

仲人を立てることを検討しているなら、デメリットを知っておくことも大切です。

仲人を立てることで生じるデメリットとしては、まず、費用がかかるという点を挙げることができます。仲人を依頼する際に、仲人の労働代金を支払わなければいけないという決まりはありません。しかし、結納や挙式、披露宴と親身になって世話をしてくれる仲人には、感謝の気持ちを表してお礼を渡すことがマナーです。実際に、結納や披露宴などに出席する場合には、女性であれば着付けやヘアメイクなど仲人自身が負担するお金も多くなってきます。

また、結婚式などの会場が遠方となる場合には、交通費もかかるものです。このため、仲人に負担をかけないためにも、車代なども謝礼と併せて渡すことが一般的です。ほかにも、結納の後に食事をせずに帰る場合であれば酒肴料(しゅこうりょう)や折詰めを用意することもあります。このようなことから、仲人を立てない場合と比べると、謝礼の分だけ費用がかかってしまうというデメリットがあるのです。

さらに、仲人とは結婚する際だけではなく、結婚後も長くお付き合いを続けます。お盆や年末の時期になったら、お中元やお歳暮といった贈答品を送るなどの気遣いも必要です。そのため、人によっては長く続ける付き合いを負担に思い、デメリットと感じるケースもあります。

仲人を立てるメリット

結婚は当人同士だけのことではなく、家族にとっても家に変化を与える大きな人生のイベントです。お見合いをする際に、相手の詳細やそれぞれの家庭の事情も考慮したうえで紹介してもらうことができれば、当人たちだけでなく、家族にとっても安心へとつながります。また、結納や結婚式など不慣れな結婚の儀式をサポートしてくれる存在があることは心強く感じるものです。

さらに、まだ十分に親交のない両家間ではそれぞれの結婚式への意向や費用分担などについての希望を相手に伝えることは難しいものです。状況によっては角が立つこともあるため、希望を伝えにくくなってしまいます。しかし、仲人が間に入ることで、第三者となる立場から意見や希望の調整をしてもらうことができ、さらには客観的なアドバイスをもらうこともできます。

加えて、新郎新婦にとっては、家族に話しにくい相談をできる相手がいてくれることが精神的な支えとなる場合もあるのです。
さらに、仲人のいる結婚式はきちんとしたしきたりのもとで執り行われることが一般的です。このため、式そのものが格調高いものになることもあります。長く付き合いを続けることができる仲人であれば、結婚した後も人生の節目で、夫婦として、また人生の先輩として、家族とは別に相談にのってもらえる相手を作ることもできるのです。

仲人への依頼をするには?

仲人への依頼をする際には、いきなり、直接自宅などを訪れることは避けなければいけません。まずは、電話や手紙で仲人の依頼を受けてもらえるかどうかの意向を確認してみます。電話を掛けたり手紙を出したりするのは、必ずしも結婚する本人からでなければいけないわけではありません。場合によっては両親からお願いした方が良いケースもあります。最初の打診を行う人は仲人と親交の深い人が行うとよいと理解しておくとよいでしょう。

依頼の打診に対して良い返事をもらうことができたら、日を改めて、直接自宅などに伺い正式な依頼を行います。正式な依頼をする際には必ず結婚する本人2人そろって伺うことが大切です。親交があるなら両親も同席すると、より丁寧な対応となります。ただし、自宅などに伺う場合にはあまり大勢で伺うと迷惑になる場合もあるため、注意しましょう。また、手ぶらで行くことはせずに、手土産を持っていくこともポイントです。持参する手土産には「結びきり」ののしを付けておきます。結婚式の日取りが決まっている場合には、披露宴の招待状も、このときに持参します。地域によっては、このほかにも独自の慣習やしきたりがある場合があります。このため、仲人への依頼の方法などを事前に家族や親戚に相談しておくと安心です。

依頼を行うタイミングはいつがいい?

仲人を立てたいと考えてはみたものの、どのタイミングで依頼すればよいのか判断に困る人もいることでしょう。仲人の依頼のタイミングは、実際にお世話になる内容によっても変わってきます。挙式からお世話になるなら、挙式日の6カ月前を目安に依頼することが一般的です。遅くても式の3カ月前までにはお願いに伺っておくようにしましょう。本来は式場を決定する前にお伺いを立てておくことがマナーとなっています。

また、結納からお願いする場合であれば、結納を行う日の2~3カ月前までには依頼を済ませておくことが必要です。日程が差し迫っているなかでお願いしても、仲人にほかの予定が入ってしまっていることがあるからです。加えて、仲人という役割は重要なものであるため、仲人自身にも準備や心づもりを作る時間が必要となります。

さらに、依頼した人に断られた場合に、ほかの仲人を探すためにも、時間に余裕を持ってお願いしておくことは重要です。結婚が決まったら、できるだけ早めに依頼の意思を伝え、内諾を受けておくことが安心につながります。依頼する予定の人から断られる可能性がある場合には、前もってほかの依頼先候補を考えておくのもよいでしょう。依頼に伺う日は、事前に電話などで相手の希望を伺い、相手に迷惑がかからない日程を組むようにしておくことも大切な気遣いのひとつです。

仲人はどんな人がいいの?

一般的には、既婚者で家庭生活が円満である人が仲人に適しているとされています。幸せの門出となるおめでたい結婚に立ち会い、結婚生活の先輩として新郎新婦にアドバイスを与える役割を持っているからです。常に身近でサポートする存在となるため、人の面倒を見ることが苦手な人は仲人に向いていません。面倒見の良い人、気遣い上手な人は仲人として良い活躍をします。新郎新婦についてよく知る人であれば、なお適した人です。さらに、人生の先輩として頼れる存在であることもポイントとなるため、目上の人に依頼することが通常となっています。

加えて、人生の大切なイベントとなる結婚のさまざまな儀式において重要な役目となることから、社会的な信用がある人であることも仲人選びのポイントです。このような複数の条件から、2人をよく知り身近な存在であっても、同世代の友人などに依頼するケースは通常は見られません。多くの場合、職場の上司や親戚、新郎新婦の恩師、地域で活躍する実力者などに依頼するケースが多くなっています。

仲人は結婚式が終わるまでの付き合いではありません。結婚後も長く付き合いを続けることもあります。このため、この先も末永く良い関係を築けそうな人を選んでおくと安心です。

仲人に依頼した後のマナー

依頼した後は仲人を受けた人が困ることのないように、日取りはもちろんのこと、当日のスケジュールの詳細についても、しっかりと相談や報告をしておくようにします。披露宴でスピーチをお願いするなら、依頼後、結婚式までの早い時期に2人のなれそめやそれぞれの経歴などを記した身上書きも渡しておくようにしましょう。

無事に結婚式を終えることができたら翌日あるいは翌々日に、お礼に伺うこともマナーです。基本的には、両家の両親が伺います。両親だけではなく新郎新婦も一緒に行くと、より丁寧な対応です。お礼に伺った際には、式を滞りなく終わらせることができた感謝の気持ちを込めて手土産とともに金一封を渡します。さらに、車代などを結納や結婚式当日に渡していない場合には、お礼で伺ったときに必ず渡しておくようにしましょう。

謝礼の金額は結納の場合なら結納金の10%程度、結婚式だけであればいただいた祝儀の2~3倍が目安です。具体的には10万円以上であることが一般的ですが、つきあいの深さなどによっては変わることもあるため、家族と相談したうえで金額を決めるようにします。また、謝礼の封は金銀か紅白の「結びきり」の水引が付いた祝儀袋を使用することもマナーです。表書きは「寿」か「御礼」と記しておきます。

仲人へのお礼は必要なの?

仲人のお礼は絶対に渡さなければいけないものではありません。仲人を引き受ける人も、報酬を目的に依頼を受けることは通常はありません。ただし、仲人の依頼を快く受けてくれた人には、感謝の気持ちをもって失礼のないように対応することが大切です。仲人の役割は世話人や媒酌人など多岐にわたります。特に、結納から関わる仲人であれば、結納当日の進行なども行うこととなるため、より一層負担は大きくなります。

また、新郎新婦にとって人生の重要なイベントとなる結婚式を無事終わらせることができるようにと、仲人は大きなプレッシャーのもと、多くの気遣いをもって務めているものです。このように責務の重い役割を担う仲人に対してきちんとお礼をすることは、新郎新婦にとって、また新郎新婦の家族にとっても必要なことといえるでしょう。

さらに、一般的に新郎新婦は結婚後も仲人と付き合いが続きます。頼まれ仲人であれば2~3年の付き合いで終わるケースもありますが、引き合わせ仲人であれば長い付き合いとなることも少なくありません。お世話になったことに対してきちんとした対応をしておくことが、相手に良い印象を与え、その後の関係を円満にしていくことにもつながるのです。

結婚後の仲人との付き合い方

結婚した後も、新郎新婦にとって良き相談相手となるのが仲人です。夫婦の先輩、人生の先輩としてアドバイスをもらえる相手となります。

一方では、結婚するにあたりお世話になったことへの感謝の気持ちを忘れずに、仲人に対して気遣いを持ち続けることも必要です。第二の親と考えて、親孝行すべき両親と同様に、仲人に対しても大切に思う気持ちをもって接するように心がけることが求められます。新婚旅行へ出かけたなら、帰宅後に旅行先のお土産を持参して挨拶に訪れるのもよいでしょう。結婚後も出産や子どもの入学、転居の際には報告をしたり、毎年年賀状で夫婦の近況を伝えたりすることも気遣いとなります。親のような存在である仲人にとって、世話をした新郎新婦が幸せな結婚生活を送っていることを知るのは大きな喜びとなるからです。

また、毎年、お盆や年末の時期には挨拶の品を送ることも大切です。結婚した年は必ず送るようにします。ただし、相手によっては、贈り物を負担に感じる場合もあります。先方から気遣いのないようにとの言葉を受けるなどしたら、素直に相手の言葉を受けて贈り物を止めることも、場合によっては必要です。中には、付き合いの続く限りずっとお中元やお歳暮を仲人に送り続ける人もいますが、どこかで区切りをつけたい場合には、3年間だけ贈るという方法もあります。一般的に、仲人との縁は「3年切り」といわれているからです。結婚して3年経過すると未熟であった夫婦も一人前となり、仲人のサポートが必要なくなるという考えからいわれています。

一般的な仲人との付き合い方というものはありますが、実際には、個々の関係や状況に合わせて決めることが重要です。新郎新婦や両家家族との付き合いの深さや、地域のしきたりなどを考慮したうえで、それぞれに合った付き合い方を選択することがベストとなります。

全国仲人連合会の考える仲人

恋愛結婚の増加に反してお見合い結婚をする人は少なくなっています。また、それとともに、仲人の活躍がかつてに比べると減っているのも現状です。

しかし、未婚や晩婚が増えているように、結婚に踏み切れずにいる人も多く見られるようになっています。このため、このような時代だからこそ、時にはおせっかいと捉えられることもある仲人の存在が求められているのです。結婚を望む会員に親身となって寄り添い、結婚へと背中を押し、婚活を一番近くで支えるパートナーが全国仲人連合会の考える仲人とされています。

まずは、仲人のもとで無料相談を

昔ながらの 「お見合い」での出会い方は ちょっと…と思われる方もいらっしゃる かもしれません。
しかし 全国仲人連合会は 『結婚相談所のパイオニア』として 長年続けてきた伝統と信頼があります。
普段の生活での ”出会い” に ”お見合い” による たくさんのご縁の中から、あなたにぴったりのお相手を探すお手伝いをいたします。
まずは お気軽にご相談ください。

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)

お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ