お見合いで仲人に同席してもらうメリットや依頼方法を徹底解説

結婚式では仲人がつくことが一般的ですが、実はお見合いにおいても仲人に同席してもらうことが可能です。

しかし最近ではお見合いどころか、結婚式でも仲人に同席してもらうケースは少なくなっています。
そんな仲人ですが、実はお見合いにおいてはメリットがたくさんあるんですよ。

この記事では、お見合いで仲人に同席してもらうメリットや依頼方法を徹底解説します。
お見合いを検討している人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
結婚式では仲人がつくことが一般的ですが、実はお見合いにおいても仲人に同席してもらうことが可能です。

しかし最近ではお見合いどころか、結婚式でも仲人に同席してもらうケースは少なくなっています。
そんな仲人ですが、実はお見合いにおいてはメリットがたくさんあるんですよ。

この記事では、お見合いで仲人に同席してもらうメリットや依頼方法を徹底解説します。
お見合いを検討している人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

意外と知らない?お見合いにおける仲人とは

 (5539)

ライフスタイルが変化した現代では、馴染みがなくなり、仲人は昔の風習というイメージがあります。

「仲人って何?」と疑問に思っている人のために、まずはお見合いにおける仲人について簡単に紹介します。

仲人とは、2人の間に入って人間関係を取り持つ役割の人のことを指します。もともとは「仲立ち」という言葉が起源であり、古事記や日本書紀に記載されています。

お見合いにおいては、2人の縁談から結納、結婚式までを取り持ちまとめる役目があり、結婚願望があり、相性が良さそうな2人の男女を引き合わせて、お見合いの場をセッティングし、結婚まで後押しすることが仕事です。

かつて結婚は、家と家とをつなぐ大切なイベントとして考えられていました。そのため、仲人はお見合いにおいて欠かせない存在だったのです。

現代ではライフスタイルや価値観の多様化により、仲人を立てることは少なくなっています。2人の価値観や自分の家族、相手のご家族とどうするかは決めると良いでしょう。

お見合いで仲人に同席してもらうメリット

 (5540)

お見合いで仲人に同席してもらうのって、少し勇気が入りますよね。緊張してしまう人もいるかもしれません。

そもそもお見合いは、結婚願望がある男女のイベント。
そのため「わざわざ仲人をつける意味があるのか」と考える人もいるでしょう。

実はお見合いで仲人に同席してもらうことには、メリットがたくさんあります。

今回は3つ紹介しますね。

知り合いがそばにいるという安心感がある

1番のメリットは、知り合いがそばにいるという安心感があるということです。慣れない場所で初対面の人と話すのには、気力も体力もかなりのエネルギーを消耗しますよね。

ほとんどの場合、お見合い相手は初めて会う人であり、写真でしか顔を見たことがない人です。誰でも緊張しながらお見合いをしますから、知っている仲人がそばにいると緊張感が和らぐでしょう。

緊張が和らぐだけではなく、ありのままの自分を見せやすくもなり、円滑にお見合いが進みやすくなるというメリットもあるかもしれません。

会話のフォローをしてくれる

仲人は共通の話題を提供しながら話題作りをし、2人の人柄を引き出すのが役割です。

お見合いは誰でも緊張してしまうものですが、そんな場所でリラックスできる雰囲気を作り、2人だけになっても楽しく会話できるよう配慮してくれます。

仲人は人生経験が豊富な年配の方が受け持ってくれることが多いので、円滑にお見合いの場を仕切ってくれることでしょう。

緊張して上手く話せない、会話のネタが出てこない…というときは、仲人が会話のフォローをしてくれるのも安心ですよね。緊張しやすい人、会話が苦手な人は仲人がいたほうが心強いかもしれません。

アドバイスをしてくれる

お見合いをするからには、少しでも前向きな結果がほしいですよね。相手は自分にどんな印象を持っているのか、今後自分はどうするべきか、第三者からのアドバイスをしてくれることもメリットと言えるでしょう。

お見合いに限った話ではないですが、第三者からのアドバイスって、本当に貴重で大切ですよね。

直接2人の間に入っているからこそ、相手のことも知った上でアドバイスをもらえるのです。これは仲人ならではのメリットですよね。

仲人は誰に頼むのべきなのか

 (5542)

仲人にはメリットがたくさんあることを説明しました。お見合いにおいて重要な存在だからこそ、誰に頼むのかは大事なポイントですよね。

一般的には、社会的に信用があり、人望が厚い人や末永くお付き合いができる人を選びます。また、人生の先輩として良きアドバイスを受けるためにも、自分たちより年上の方に依頼するのが一般的です。

両親の知り合いや自分がお世話になっている人、地域の実力者、職場の先輩などが当てはまるでしょう。

ちなみに私の両親の場合は、父の友人のお父さんが仲人だったそうです。自分が信頼でき、安心してお見合いに臨むことができる人にお願いするのがいいかもしれません。

一方で最近では、結婚相談所のスタッフが仲人役としてお見合いを進行するケースが多く見られるようになりました。

結婚相談所のスタッフは、お見合い、結婚のプロとしての目線で色々と対応してくれるので、安心感もありますよね。もちろん2人のキューピッドとして、結婚後も末永くお付き合いしていくこともできます。

周りに頼める人がいない、プロにお願いしたい、一人では不安という人は、結婚相談所に相談してみるのも一つの手かもしれません。

仲人を依頼する場合の進め方を徹底解説

 (5543)

仲人を依頼する場合は、依頼する方に失礼のないようにしなければなりません。馴染みのない仲人だからこそ、依頼の仕方をしっかり学んでおきましょう!

仲人へ依頼をする際には、まずは電話や手紙で仲人の依頼を受けてもらえるかどうかを確認する必要があります。いきなり直接訪問するのはNGなので、注意しましょう。

相手のスケジュールや、断られた際の代わりの人を探すことも考慮し、依頼は早めに行いましょう。

連絡は、必ずしも本人からでなければいけないというわけではありません。場合によっては、両親から依頼をしたほうが良いケースもあります。

最初の打診を行う人は、仲人と親交の深い人が行うとスムーズでしょう。依頼を承諾してもらえたら、日を改めて直接自宅などに伺い、正式な依頼を行います。

その際は、本人が伺いましょう。親交がある場合は両親も同席すると、より丁寧な対応となります。

ただし自宅などに伺う場合には、あまり大勢だと迷惑になる場合もあるため、注意しましょう。また、手土産を持っていくこともポイント。手土産には「結びきり」ののしを付けておきます。

地域や家庭によっては、他にも独自の慣習やしきたりがあるかもしれません。仲人への依頼の方法などは、事前に家族や親戚に相談しておくと安心です。

まとめ

 (5545)

この記事では、お見合いで仲人に同席してもらうメリットや依頼方法を徹底解説しました。

お見合いで仲人に同席してもらうメリットは下記の3つです。

・知り合いがそばにいるという安心感がある
・会話のフォローをしてくれる
・アドバイスをしてくれる

若い世代にはあまり馴染みのない仲人ですが、需要が高まっていることも事実です。自分の特徴や家族と話し合って、仲人を依頼できるといいですよね。

知り合いに頼むのか、結婚相談所に頼むのかでも段取りや方法が違ってきますので、自分にあった方法を選ぶといいでしょう。

仲人を上手く味方につけて楽しくお見合いを進めていければ良いですよね。
あなたのお見合いが上手くいくことを祈っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。