【必見】独身で寂しいと感じる瞬間や寂しさを紛らわす方法を解説

お役立ち情報
今現在独身の方で、寂しさを感じたことがある方は少ないかもしれません。
しかし年齢を重ねるごとに、周囲の友人や知人がどんどん結婚していき、次第に寂しさを感じる瞬間が増えていきます。

この記事では、独身で寂しいと感じる瞬間とそれを紛らわす方法を解説していきます。
最後まで読んで、独身でいることの寂しさに対処する術を身につけましょう。
今現在独身の方で、寂しさを感じたことがある方は少ないかもしれません。しかし年齢を重ねるごとに、周囲の友人や知人がどんどん結婚していき、次第に寂しさを感じる瞬間が増えていきます。

独身で寂しいと感じる瞬間

独身の方は、どんな時に寂しいと感じるのでしょうか。
特に多くの方が感じる瞬間は、以下の5つです。

・友人の結婚報告を受けたとき
・幸せそうな家族を見たとき
・誰かに話を聴いてほしいとき
・仕事以外で予定がないことを自覚したとき
・イベントの日に一緒に過ごす相手がいないとき

たとえ今は寂しいと感じなくても、今後寂しく感じる可能性が高いので覚えておきましょう。

友人の結婚報告を受けたとき

1番寂しさを感じる瞬間は、友人の結婚報告を受けたときです。「まだ周りには結婚していない同世代もいる」と考え、自分を落ち着かせている方もいるでしょう。

しかし仲間だと思っていた友人が結婚し、独身仲間がいなくなってしまうと取り残された気分になり、寂しさを感じます。

仲良しの友人から結婚式の招待状が送られてきた際、祝福の気持ちと自分がまだ独身でいることの寂しさを同時に感じ、複雑な気持ちになります。また最近ではSNSで結婚報告をする人が多く、何気なくSNSを見ていてふとした瞬間に結婚報告を見て、寂しさを感じることも。

さらに、年賀状が送られてきた際に名字が変わっていて、そこで知人が結婚したことに気が付くこともあるでしょう。

友人の結婚報告を手放しに喜べず、自分を責める方も中にはいるようです。

幸せそうな家族を見たとき

 (4684)

幸せそうな家族を見かけたときにも寂しさを感じます。
「結婚していれば、今ごろ私も」と考え、独身でいることを改めて自覚させられるからです。

公園で遊んでいる姿、スーパーで買い物している姿、手をつないで街を歩く姿など、普通に生活していると、幸せそうな家族を見る瞬間はたくさんあり避けることはできません。

円満に過ごしている家族の様子を見て、微笑ましく感じるのではなく寂しさを感じるのは、独身ならではの感情と言えます。

誰かに話を聴いてほしいとき

誰かに話を聴いてほしいときに話せる相手がいないと、寂しさを感じることもあります。結婚して同じ家に住んでいれば、大抵の場合パートナーが話し相手になってくれるはずです。

仕事の愚痴やお金の相談などの深刻な話から、ドラマの感想などの他愛もない話まで、パートナーがいればいつでも話しを聴いてくれるでしょう。

独身の場合その話し相手がいないので、「話すことはたくさんあるのに、これを話す相手がいない」と考え、孤独を感じます。

話を聴いてくれるだけでもストレスが発散できることが多いので、独身で話し相手がいない方は発散できる機会がなくストレスを溜めがち。

かといって、同年代の友人に電話などで話をしようと思っても、家庭があってなかなか時間が確保できず相手をしてもらえないため、余計に寂しさを感じます。

仕事以外で予定がないことを自覚したとき

 (4685)

自身のスケジュール帳を開いてみてください。今現在何かしらの仕事をしている方は、仕事以外の予定が入っていますか。

仕事以外で特に予定が入っていないことを自覚したときも、寂しさを感じる傾向があります。家族がいる方のスケジュール帳の場合、仕事以外にも山ほど予定が入っているはずです。

子どもの学校の行事やママ友との食事の予定、家族で出かける予定などで、スケジュール帳は溢れています。
しかし独身の方の場合上記のような予定が入ることはないので、人によってはまったくまっさらなスケジュールのことも。

そのスケジュール帳を眺めつつ友人が楽しそうに休みを満喫している姿をSNSなどで見ると、寂しくてやるせない気持ちになります。

イベントの日に一緒に過ごす相手がいないとき

イベントの日に一緒に過ごす相手がいないとき、寂しさを覚えることもあります。

クリスマスやハロウィン、GWなどのイベントは家族やパートナーと充実した時間を過ごすことが多く、独身の場合一緒に過ごす相手がいなくて孤独を感じるからです。

若者はSNS経由でイベントを楽しんでいる友人の姿を確認する機会が多いので、特にこのケースで寂しさを感じることが多いです。

「自分はイベントなんかまったく興味がない」と思っていても、町やメディアがそのイベント一色に染まっている様子を見ると、やはり心は落ち着かないでしょう。

独身の寂しさを紛らわす方法

 (4686)

紹介してきたように、独身の方が寂しさを感じる瞬間は多いです。
では、どのように対処すべきなのでしょうか。
独身の寂しさを紛らわす方法を4つ紹介します。

・婚活を始める
・新しいことを始める
・友人を作る
・ペットを飼う

それでは見ていきましょう。

婚活を始める

 (4688)

寂しさを紛らわす1番おすすめの方法が、婚活を始めることです。

婚活がうまくいけば、今後の人生を共に過ごせる素敵なパートナーが見つかる可能性があります。もしうまくいかなかったとしても、関わることのなかった異性と楽しい時間を過ごすだけでも、だいぶ寂しさを紛らわせます。

「問題解決のために行動している」と実感するだけでも充実感は桁違いで、感じていた寂しさはなくなるはずです。

根本的に寂しさを克服したいなら、多くの時間を共有できるパートナーを見つけるしかありません。あなたが何歳だからと言っても遅すぎることはなく、婚活は何歳からでも始められます。

独身であることの寂しさを感じたくないのなら、今からでも婚活を始めて素敵なパートナーを見つけましょう。

新しいことを始める

新しいことを始めることでも、寂しさをいくらか紛らわせます。
新しいこととは、具体的には以下のようなものが挙げられます。

・趣味を作る
・習い事を始める
・資格の勉強をする
・副業を始める

新しいことを始めることで、寂しい気持ちをリフレッシュし、新たに前向きな気持ちになれます。
また、何かをしていればその間は目の前のことに集中するので、いくらか寂しさは紛れるでしょう。

これを機会に、あなたが興味・関心のあることを新しく始めましょう。

友人を作る

友人を作ることも、寂しさを紛らわす有効な手段の1つです。

寂しさを感じる瞬間として、「誰かに話を聴いてほしいとき」、「仕事以外で予定がないことを自覚したとき」、「イベントの日に一緒に過ごす相手がいないとき」この3つを紹介しました。

これらの瞬間は、いずれも友人がいれば寂しさを紛らわせます。誰かと話したいときは友人に電話すればよいですし、予定は友人と作ればよいでしょう。

イベントも友人と一緒に過ごせば、寂しさを感じないはずです。

「この歳になると、なかなか友人ができない」と考えている人も心配無用。新しいことを始めると、交友関係が広がり友人を作りやすくなります。

趣味や習い事などを始めて友人を作り、寂しさを感じる瞬間をなくしましょう。

ペットを飼う

 (4687)

ペットを飼うことでも、独身の寂しさをある程度払しょくできます。

ペットの世話をする時間ができるので、余計なことを考える時間が少なくなります。またペットをかわいがることで充実感を覚え、寂しさを感じなくなる効果も。

さらに、ペット繋がりで新しい出会いがある可能性も多少ですが期待できます。ただしペットを溺愛するあまり、ペット中心の生活になりすぎないよう注意しましょう。

まとめ

独身でいるために、寂しさを感じる瞬間があるのは事実です。その寂しさを根本的に解決できるのは、パートナーを見つける以外ありません。

他の寂しさを紛らわす方法も取り入れつつ、独身の寂しさとお別れするために婚活を始めて、幸せな時間を共有できるパートナーを見つけましょう。