これってNG?中高年のお見合いで注意すべき点!

お見合い
中高年のお見合いや婚活は、男性・女性にかかわらずに、期待と不安、焦りや希望など、ポジティブな感情とネガティブな気持ちが複雑に絡み合うものですので、ときに見落としやすい注意点に気付かないリスクもあるんです。

ただ、中高年の婚活・お見合いは、今までの人生経験・恋愛経験が自分自身の糧になっているため、注意点をしっかりと把握しておけば、理想的なパートナーとの出会い・成婚の可能性を高めていくことができます。

そこで今回は、なかなか知ることのできなかった中高年のお見合いでの注意点と、婚活成功のための具体的なノウハウ・意識の持ち方を徹底解説してご紹介します!

中高年のお見合いの注意点!服装などの身だしなみについて

中高年の男性・女性が婚活・お見合いをするとき、やはり最初に準備を進めるのが、服装や髪型などの身だしなみなのではないでしょうか?

清潔感が第一のポイントとなる中高年のお見合いの身だしなみには、その他にも細かな注意点があるので、ここでじっくりと参考にしてみましょう。

体型に合った服装でまとめる

中高年男性・女性にかかわらず、お見合いや婚活の服装は、スタイルが良く見える・高身長に映る、といった部分にポイントを置くことが多いのではないでしょうか?

ですが中高年男性・女性それぞれの体型に合った服装でまとめていないと、ボディラインと洋服がキレイにフィットしないため、よれたりシワができたりと、だらしない印象に仕上がってしまうこともあるんです。

もちろん、スタイルが良く見えて高身長に映る服装選びも大切なのですが、まずはその服装が自分の体型に合っているか・清潔感があるか、といったポイントを重視して、コーディネートにまとまりをつける意識を持ってみましょう。

若く見せるよりも上品さ・知的さを意識する

中高年男性・女性のお見合い・婚活では、自分自身の年齢がネック・コンプレックスに感じ、服装で若々しく見せようと意識する人も多いことでしょう。

もちろん、この意識も大切なのですが、若々しく見えるような服装は、20代~30代前半の男性・女性に見合ったデザイン・カラー・テイスト・素材となっているんです。

ある程度年齢を重ねた中高年男性・女性が、お見合いのシーンで20代~30代前半の男女に見合う服装をしてしまうと、外見や体型とのバランスが調和せず、相手に無理しているような違和感を与えてしまうことがあります。

中高年男性・女性のお見合いでは、この年代に沿った清潔な服装で、さらに上品・知的さを意識したコーディネートを心がけてみましょう。

すると、外見と体型にも違和感なく馴染み、中高年らしい大人の落ち着いた雰囲気を引き出すことができます。

中高年のお見合いの注意点!振る舞いや言動について

 (2714)

中高年のお見合いのシーンでは、あなたの一言一言や立ち居振る舞い、言動のすべてが、相手から見た印象をすべて決めてしまうといっても過言ではありません。

中高年のお見合いのシーンでは、お互いが心地よい時間を過ごすことができ、相手に「また会ってみたい」と思わせるような、振る舞いや言動の注意点についても参考にしてみましょう。

緊張した状態は相手に伝わる

中高年のお見合いでは、不安と期待の相反する感情がない交ぜになり、ほとんどの人が緊張を強いられることがあります。

ただ、緊張することを表情や言動に出してしまうと、それが悪い印象・そっけない印象に変わってしまうことがあるため、まずは緊張している状態を上手くカバーするよう、口角をキュッと上げてみましょう。

お見合いの場で口角を上げるように意識していると、それだけでほほえみの表情に変わり、相手にやさしい印象を与えることができます。

また、やわらかな表情を心がけていると、親しみやすさが引き出されるので、緊張しやすいお見合いの場でも、お互いがリラックスして会話を楽しめるメリットがありますよ。

キレイな姿勢を心がける

お見合いの場では、たとえ相手との会話が弾んでいても、脚を組んだり、貧乏ゆすりをしたり、脚を大きく広げて猫背になるなどの姿勢は、絶対にしてはいけない注意点のひとつ。

中高年のお見合いのシーンでは、婚活や結婚に対しての誠実な意識・真摯な姿勢を相手にアプローチすることが婚活成功の秘訣になるため、だらしない姿勢はそれだけで相手に悪い印象を与えてしまいます。

両足のキレイに揃え、背筋をピンと伸ばした美しい姿勢を心がけていれば、それだけで外見のウィークポイントをカバーできるメリットがあるのです。

中高年のお見合いの注意点!相手に求める理想像について

 (2715)

中高年男性・女性は、今までの人生経験・恋愛経験で、いろいろな人とのかかわりがあったため、結婚相手に求めるハードルも、徐々に高くなる傾向にあるようです。

ここでは、中高年のお見合い・婚活で、相手に求める理想像の意外な注意点をまとめてみました。

理想の婚活相手の年代を絞らないこと

特に中高年男性の場合は、結婚する相手に子どもを産める若い女性かどうか、といったポイントを重視することが多いのではないでしょうか?

中高年の場合のお見合いは、バツイチやシンパパ・シンママといったステータスであることも少なくはないため、このネックが若い年代の婚活男性・女性に、弾かれてしまうケースもあります。

また、婚活相手に求める理想の年代を絞り過ぎてしまうと、視野が狭くなって出会いのチャンスが少なくなったり、そもそものお見合いの時点で断られてしまうリスクがあります。

中高年の婚活は、視野を大きく持ち、理想にこだわり過ぎずに、いろいろなタイプの人との出会いを大切にすることが、結婚へ一歩近づくコツになるのです。

お金目当ての相手も少なからずいる!

中高年で婚活・お見合いをしている人の中には、お互いの愛情や信頼関係よりも、経済的に安定しているかどうかといった点を重視する人も少なくはありません。

特に、お見合いの場で経済状況や仕事内容を事細かに聞いてくる相手は、お金目当てで婚活・お見合いをしている可能性が大ですので、仕事や経済的な面での会話がスタートしたときは、相手の反応が大げさに変化していないか、じっくりと見極めるようにしましょう。

中高年のお見合いの注意点!お見合い写真について

 (2719)

中高年男性・女性がお見合いをするとき、必ずと言っていいほど準備すべきアイテムは、やはりお見合い写真なのではないでしょうか?

ここからは、お見合い写真を用意するときの見落としやすい注意点を参考にしてみましょう。

スナップ写真をつける

中高年のお見合い写真は、服装も表情も、普段とは違った真面目な衣装に仕上がることが一般的です。

お見合い写真の他にも、趣味を楽しんでいる姿・仕事をしている姿といった、プライベートな部分も垣間見れるようなスナップ写真をいくつか用意しておくと、相手によりあなたの印象の知ってもらことができます。

カンタンなプロフや経歴もアピールしておく

お見合い写真やスナップ写真の他にも、プロフィールや経歴がわかるような簡単なアピール文章も一緒に用意しておきましょう。

単にお見合い写真だけでは相手にアピールできる印象が限られてしまうので、長所や趣味をわかりやすくまとめた文章をメッセージカードや便せんなどにまとめて添えておくと、その心遣いがあなたの誠実さを引き出してくれますよ。

まとめ

結婚適齢期を過ぎた中高年のお見合いでは、注意点が意外に多いことがわかりました。

ですが、中高年男性・女性が今までに経験したこと・学んで糧にしたことを上手にお見合いに活かしながら、理想的なパートナーとの出会い・幸せな結婚生活をぜひ実現してくださいね。