お見合いの成婚率ってどのくらい?成婚率を上げる方法も解説

お見合い
近年は恋愛結婚が主流になり、お見合いで結婚したという人は少なくなっていますが、お見合い文化は今でもしっかりと残っています。
全体で5.3%と恋愛結婚と比較すると少ないですが、お見合い結婚した人も一定数いることも事実です。
私のウェディングプランナー経験では、お見合いで結婚したお客様も何組かいらしたことがあり、みなさまとても幸せそうでした。

この記事では、お見合いの成婚率と成婚率を上げる方法を4つ紹介します。
「お見合いに興味がある」「成婚率を上げる方法を知りたい」と考えている人は、ぜひ最後までお読みください。
近年は恋愛結婚が主流になり、お見合いで結婚したという人は少なくなっていますが、お見合い文化は今でもしっかりと残っています。
そこで、この記事ではお見合いの成婚率と成婚率を上げる方法についてご紹介します。
「お見合いに興味がある」「成婚率を上げる方法を知りたい」と考えている人は、ぜひ最後までお読みください。

結婚相談所のお見合い成婚率とは?

 (4984)

「お見合いに興味がある!」と思っても、どこでお見合いってできるのだろうと思いますよね。1番オーソドックスなのは結婚相談所に相談し、気になるお相手を紹介してもらう方法です。

自分の条件を伝え、マッチングするお相手がいればお見合いができますよ。
それでは実際に結婚相談所で発表している成婚率とはどの程度なのか見ていきましょう。

お見合いの成婚率ってどのくらい?

結婚相談所でのお見合いの成婚率は、年代によって変わっていきます。30代〜40代での成婚率は約13%と最も高く、50代を過ぎるとその確率は下がっていく傾向にあります。

30代~40代だけでみてみると、約7.7人に1人が結婚相談所で結婚していることになるため、結婚相談所のお見合いの成婚率は高めだと言えるのではないでしょうか。

また、お見合いをしてから成婚に至るまでの期間では、半年以上~1年未満で結婚した人が約23%となっています。
参照:結婚相談所の本当の成婚率とは?【年代別】【成婚までの期間】【その後の離婚率】までを徹底調査

私のウェディングプランナー経験の中では、実際にお見合いで結婚したお客様も30代〜40代、交際期間1年程という人が多い傾向にありました。

このように、結婚相談所で成婚率を高めるためにも、まずはプロに相談してみて、ご自身で実感されてみるのはいかがでしょうか?

お見合いの成立率と成婚率の違い

実はお見合いには、結婚できるまでにいくつかのステップが存在します。さらに、成立率と成婚率も違うため、それぞれ何を指すのかを知っておく必要があります。

言葉の意味をしっかり知っておくことで次に自分が取る行動がはっきりしますので、ここできちんと知っておきましょう。

■お見合いから結婚までの流れ
1.お見合いが成立したとき(成立率)
2.お見合いで互いに好印象だったとき(仮交際)
3.お見合い後に交際がはじまったとき(真剣交際)
4.お見合いで結婚し成婚退会になったとき(成婚率)

お見合いが成功したと言っても、成立と成婚では大きく意味が違ってきますよね。つまり、成立率はお見合いの場が設けられた割合をさし、成婚率は結婚まで迎えた人の割合を指します。

成立率…お見合いが成立した割合。
成婚率…お見合いを経て、実際に結婚や成婚退会を迎えた会員の割合。

例えば成立率が30%の場合、申し入れたお見合いのうちの30%が承諾され、残りの70%はお断りされたことになります。

結婚相談所探しにおいては、実際に結婚できた人の割合である「成婚率」を調べることが大切です。

成婚率の算出方法

実際に成婚率を確認する上で1つ注意点があります。それは成婚率の算出方法は、結婚相談所によって異なるということです。
一般的な算出方法は下記の3つです。

1.「成婚による退会者」÷「総会員数」
2.「一定期間の成婚による退会者数」÷「一定期間の退会者数」
3.「成婚による退会者数」÷「成婚以外を含む全退会者数」

算出方法が違うということは、場合によっては3倍〜5倍もの数字の差が生まれます。そのため数字だけで判断せず、結婚相談所を何社か比べてみて算出根拠まで確認するようにしましょう。

お見合いの成婚率を上げる方法4選

 (4985)

せっかくお見合いをするのであれば、成婚まで行きたいですよね。お見合いでの成婚率を上げる方法を4点お伝えします。

人は第一印象が8割だと言われていますし、少し意識してお見合いに臨むだけでも大きく変わるのでぜひ実践してみてくださいね!

相手に好意があると思わせる

少しでも自分がいいなと思えるお相手と出会えたら、積極的に自分からアプローチしていきましょう!「また会いたい」や「もっとあなたのことが知りたい」という気持ちを伝えます。「また会いたい」と言われて、嫌な思いをする人はほとんどいませんよね。

ただし初対面や会って日の浅い場合は、いきなり「付き合いたい」や「結婚したい」といった言葉は使わないようにしましょう。

相手によっては、そこまで踏み込むと引いてしまう人もいるため、そのときの楽しい気持ちを素直に伝えるようにしましょう。

身だしなみに注意する

身だしなみは第一印象を決める大きな要素です。お見合いをするのであれば、最低限の身だしなみやマナーは整えておきましょう。

どんな服装をしていけばいいのか迷ってしまう場合は、男性はスーツ、女性はワンピースやブラウスなどのオフィスカジュアルがだと清潔感がありおすすめです。

また服装だけではなく、においにも気をつけてましょう。特に喫煙者は、自身で感じているよりも周りには匂いが伝わっているため、注意が必要です。

数を重ねる

お見合い回数が多いほうが、やはり成婚できる確率は上がります。

少し極端ですが、3人とお見合いするより30人とお見合いしたほうが、自分の好みの異性に出会える可能性も上がりますし、自然と成婚にも近づきますよね。

時間と根気が必要な方法ではありますが、焦っても良い結果には繋がりません。周りが結婚してくると焦ってしまう気持ちもよくわかりますが根気よく数を重ねることも、成婚率を上げる1つの方法といえるでしょう。

条件にこだわりすぎない

お見合いはもともと結婚したいと考えている男女が集まるので、自然と気合が入ってしまう人も多く自分の条件にこだわりすぎてしまうこともあるかもしれません。

しかし条件にこだわりすぎてしまうと、自分の条件に少しでも合わない場合にどんどんお相手を逃していくことになるので注意が必要です。

お相手も無限にいるわけではないので、気がついたら誰とも成婚できなかったということも…
絶対に譲れない条件を決めておくくらいにして、条件は広く持っておくことも大切です。

まとめ

 (4986)

この記事では、お見合いの成婚率と成婚率を上げる方法を4つ紹介しました。
お見合いから成婚させるには、結婚相談所に相談するのがおすすめですが、誰に相談するかという点も非常に重要です。

自分が信頼できるプロを見つけて相談することが成婚への1番の近道のため、まずは気軽に相談を始めてみることをおすすめします。

最近では気軽に相談もできるため、以前よりハードルはかなり下がっています。

LINEで無料相談では、気軽にプロに相談できるため、まずはここから始めてみるのはいかがでしょうか?
あなたのお見合いが成功し、幸せな結婚生活が送れることを祈っています!