お見合い直前!お見合いでの緊張のほぐし方とは?

お見合い
お見合いを成功させるには、緊張をうまくほぐしていくことが大切です。ですが人見知りする性格の人やあがり症の人は、緊張のほぐし方がわからない…と悩むことも多いでしょう。緊張しないようにしようと思えば思うほど、余計に緊張してうまく話せなくなってしまうことも多々あるものです。

そこで今回は、お見合いを直前に控えた人に向けて、緊張のほぐし方のコツについて解説していきたいと思います。

お見合いで緊張する原因とは?

 (3594)

まずは、お見合いで極度に緊張しないためにも、緊張する原因や理由を知っておきましょう。

お見合いでは、以下のような原因で緊張してしまうことが多いです。

人見知りのため何を話せば良いのかわからなくなる

やはり多いのは、人見知りする性格、あがり症な性格が影響してしまうパターンです。

初対面の人とは、確かに何を話せば良いのか迷ってしまうものです。

相手のことをよく知らないからこそ話題が見つからず、結果として会話のムードは気まずいものになりがちです。

極度の人見知りだと、何を話せば良いのかわからず、沈黙してしまうこともあるかもしれません。

初対面の人と話すときはいつも緊張してしまう、緊張のほぐし方がわからない…と悩む人は、お見合いを成功させるために、まずはとにかく初対面の相手との上手な会話テクニックを学んでいくことが大切です。

緊張しないよう過剰に気負ってしまう

お見合いで緊張するのは、過剰に「緊張しないようにしなきゃ」「お見合いは絶対に失敗できない」と気負ってしまうせいもあるでしょう。

確かにお見合いは、同じ相手に対して何度でもチャレンジできるものではありません。

一度お断りされてしまえば、その後は基本的に同じ相手とお見合いすることはできないでしょう。

チャンスが一度しかないと思えば、確かに緊張もしやすくなるものです。

自分を良く見せようと意識しすぎてしまう

お見合いで緊張する原因は、自分の印象を気にする心理や良く見せようとする心理が関係していることもよくあります。

お見合いはやはりお互いの印象が大事です。素敵な人だと思ってもらえるように、意識しすぎてしまう人は多いでしょう。

相手からどう思われているのか、人目や世間体、評価を気にするようなタイプは、なおさら緊張してしまうはずです。

お見合いでの緊張のほぐし方をチェック!

 (3595)

緊張をうまくほぐして、お見合いを成功させるには、やはりある程度は緊張のほぐし方のコツを覚えておくことが大切になります。

ここからは、実際にお見合いでの緊張のほぐし方を解説していきます。

以下のポイントを実践して、上手に緊張を克服していきましょう。

緊張しやすいことを仲人さんに相談しておく

お見合いで困ったときに頼るべきは、やはり仲人さんです。

当日緊張しそうで悩んでいるときは、そのことを素直に仲人さんに相談してみましょう。

結婚相談所の仲人さんなら、お見合いのプロともいえるべき存在です。

緊張するときはどうすれば良いのか、どうすればうまく話ができるのかなど、対処法はよく理解しています。

自分に合った緊張のほぐし方をしっかりレクチャーしてくれるはずです。

また、緊張しやすいということを先に相談しておけば、当日もうまく助け舟を出してくれるでしょう。

沈黙しそうになったとき間に入ってくれたり、会話しやすいようにお互いの共通点的な話題を仲人さんから振ってくれたりなど、サポートはしっかりと行ってくれます。

そのためお見合いで緊張することに悩んだときは、それを自分だけで解決しようとせず、仲人さんに相談することが重要となります。

相手のプロフィールにはしっかり目を通しておく

緊張するのは、相手のことをよく知らないから…という理由も関係してきます。

確かに実際に話してみないとわからない部分も多々ありますが、プロフィールとして事前に知っておけることがたくさんあるはずです。

あらかじめプロフィールを知っておけば、自分と共通するところや趣味などで興味があったところなどを、相手に聞くことで話題を広げていくことができます。

どのような人なのか、仲人さんによく確認しておくことも大事でしょう。

ざっとプロフィールを見るのではなく、しっかりとプロフィールに目を通したうえで、どのような話題を出すのが効果的なのか自分の中でシミュレーションしておきましょう。

当日は時間に余裕を持って行動する

心理的に余裕がないと、緊張につながることもよくあります。

そのため当日は、時間に余裕を持って行動することが大切です。

待ち合わせ場所に移動する際には、遅れたり時間ぎりぎりになったりしないためにも、かなり早めの時間を意識して行動すると良いでしょう。

早めに到着しておけば、緊張しないように気持ちを整えておくこともできます。

基本的なことですが、お見合い前にはしっかりと深呼吸して臨めるよう、早めの行動は十分に心がけておきましょう。

自分の話ばかりすることにこだわらない

お見合いの際に、自分の話ばかりになってしまい、結果としてうまく話せず緊張することもよくあります。

話さなきゃ、面白い話をしなければ、という心理にとらわれれば、どんどん緊張して空回りしてしまうものです。

そのためお見合いの際には、自分の話ばかりすることにこだわらないことも大切です。

相手に質問してその話を聞くこと、そこから話を広げていくことを意識すれば、変に気負う必要もなくなります。

初対面ですから、面白い話をしようとして気負うことはありません。

むしろ自分の話ばかりになると、逆に「話を聞かない人」「自分中心の性格」という悪い印象になることも多いので要注意です。

緊張する自分を受け入れる

お見合いでどうしても緊張してしまときは、気持ちのコントロールや緊張のほぐし方として、緊張する自分を受け入れてしまうことも大事です。

「緊張しないようにしなきゃ」と思うより、「緊張は多分するだろうけど、仲人さんもいるからきっとなんとかなる」と考える方が気持ち的には楽です。

そして実際に緊張をほぐすことにはつながるはずです。

また、「一度しかチャンスがない」「絶対に失敗できない」と気負いすぎないことも大切です。

相手とは一度しかチャンスがないのは事実ですが、上手に話せたとしても別の理由でうまくいかないということはよくあります。

「うまくいかなかったら、またチャレンジすればいい」という気持ちでいれば、緊張もほぐれるでしょう。

「一度しか…」と思わないほうが、逆にリラックスできてうまくいくことも多々あります。

まとめ

お見合いで緊張するときは、まずはなぜ緊張するのか理由や原因を整理することが大切です。

人見知りする性格だったり、自分を良く見せようと意識してしまったり、理由は人によってさまざまあるでしょう。

その原因を踏まえたうえで、仲人さんに相談しつつ、緊張のほぐし方のポイントを押さえていくことが重要になります。

変に気負って空回りすることがないよう、緊張のほぐし方のポイントはよく理解しておきましょう。