【30代女性のお見合い】押さえておくべきマナーと男性ウケの良い服装とは?

お見合い
お見合いをする際に、『何を話せば良い?』『メイクやヘアスタイルは?』など何かと悩む点があるものですが、その最たるものと言えるのが服装ではないでしょうか。

お見合いで相手の男性から好印象を得るために服装は非常に重要です。
では、30代女性がお見合いに臨む際に、知っておきたい服装のマナーと男性ウケの良い服装についてご紹介します。

好みと婚活ファッションは別物!?

 (4176)

お見合いは、一般的なデートや男性との食事とは違い、お見合いに適した服装やマナーがあります。

これはつまり、自分の好みや自分がいつも身に着けているファッションではなく、「お見合い」という観点から服装を選ぶ必要があるということです。

交際するかもしれない相手だからこそ、『素の自分を分かって欲しい』と思うかもしれませんが、一度のお見合いで終わってしまったのでは意味がありません。

いかにお見合いで相手の男性に好印象を与えることができるかどうかが、カギを握っています。

だからこそ、お見合いと婚活ファッションは別物だと考え、お見合いマナーや男性ウケを意識した服装を選びましょう。

お見合いの服装に関するマナー

 (4177)

常識やマナーを守るというのは、最低限結婚相手に求める条件の一つでしょう。

でも、お見合い当日の服装次第では、常識を知らない、あるいはマナー違反と男性に悪印象を与える可能性もあり、それでは次に進めることができません。

まずは、お見合いの服装に関するマナーについてご紹介します。

年齢相応であること

お見合いにおいて、過度な若作りや流行を追いすぎている服装はNGです。

30代は20代とは異なり、れっきとした大人の女性です。

そのため、ミニスカートやティーンから20代女性の間で流行している最新のトレンドファッションでお見合いの場に現れると、「若づくりをしている」、「落ち着きがない」などといった風に思われてしまうことも…。

もちろん、女性であればいつまでも若々しくありたいと思うものですが、若々しく見える努力をすることと、若く見られたいと無理をすることは別問題です。

お見合いをしている以上相手の男性が探しているのは軽い付き合いではなく真剣に結婚を考えられる相手です。

だからこそ、「大人の魅力があるな」「素敵な家庭を築けそうな人だな」と思われるよう、年齢に合った女性としての魅力や落ち着きのある服装を選ぶようにしましょう。

過度な露出やブランド物は控える

男性は結婚相手に穏やかさや落ち着きを求める傾向にあります。

そのため、お見合いに過度に露出した服装や、ブランド物を持っている女性は敬遠しがち…。

それは、露出度の高い服装やブランド物というのは、落ち着いた家庭とはイメージからはほど遠く、反対に男性との交流が多そう(遊んでいそう)、お金がかかりそうといったネガティブなイメージを思い浮かべるからです。

もちろん、過度な服装やブランド物が好きである人が必ずしも浮気をしたり、お金がかかるわけではありません。

でも、そう感じる人が少なからずいることから、お見合いの段階でマイナスなイメージに繋がることのないように工夫するのは好印象を得るための一歩です。

30代女性がお見合いでするべき服装とは?

 (4178)

マナーについてご紹介しましたが、『じゃあ、お見合いに何を着ていけば正解なの?』と疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。

続いては、30代女性がお見合いでするべき服装についてご紹介します。

その1:シンプルかつ落ち着いた服装

婚活市場において、男性から30代女性に求められているのは落ち着きや大人の魅力です。

服装でお見合いの先の結婚生活をイメージしたとき、『この人となら、思い描く家庭を築けそう』『良い奥さんになってくれそう』と相手に思わせる必要があります。

若さや可愛らしさが求められる20代とは異なり、目指すべきは派手さや若々しさを感じさせる服装ではありません。

落ち着いた色味や柄物を選び、シンプルかつ落ち着いた服装であることを心掛けましょう。

その2:清潔感のある服装

清潔感を感じさせることは、最重要といっても過言ではないほどです。これは女性に限らず男性にも同様で、誰の目にも明らかです。

例えば、ヨレヨレのシャツや毛玉のついたニットなどを身に着けてお見合いの場に現れた場合、『この人と家庭を築きたい』、『魅力的な女性だ』と感じるでしょうか?

大半の人は、だらしなさや自己管理能力の低さを感じるはずですし、お見合いに対する真剣度が伝わりません。

お見合い前日までには、当日身に着ける服装決め、シワや毛玉、ヨレ、靴のスレなどがないかくまなくチェックして清潔感のある服装を心掛けましょう。

その3:柔らかさや女性らしさを感じさせる服装

多くの男性は、自分にはない柔らかさや女性らしさのある服装を好みます。それは、服装に限らずヘアメイクも同様です。

女性らしさというと、リボンや花柄などのアイテムを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

でも、同時に、こういったアイテムは若さや派手さをイメージする男性も多いです。

そこでおすすめは、シフォン素材や、レース素材などを使った素材での工夫です。

こういった素材は、女性ならではの素材であると同時に、軽やかで柔らかい印象を与えますし、なおかつ子どもっぽくなることもないでしょう。

白のトップス×ネイビーやブラックのボトムスなど、色味で変化をつけることで甘すぎることなく清楚かつ大人の落ち着いた雰囲気を演出することができます。

その4:大人の色気を感じさせるアクセント

30代女性が婚活市場で選ばれるためには、女性の魅力や色気をアピールすることも重要です。

服装で大人の色気をアクセントとして意識すると、20代の女性と差をつけることができます。

大人の色気と言っても、胸元が大きく開いたトップスや深く入ったスリットなどの攻めたデザインの物は男性ウケが良くないので避けましょう。

アイテムを挙げると、タイトなスカートやワンピースは上品さを感じさせますし、揺れるピアスやネックレスなどのアクセサリーなどは華やかになるのでオススメです。

その5:足元はパンプスで決まり!

ファッションは、頭の先からつま先まで、つまり全身です。ここで忘れてはいけないのが足元です。

お見合いの服装において、基本的に足元はパンプス一択です。

最近はスニーカーがブームになっていますが、基本的にお見合いの服装はきちんとした服装であることが最低限のルールなので、スニーカーやブーツなどではなくパンプスを選びましょう。

また、パンプスを選ぶ際にあまりにヒールの高いものや、ビジューなどで装飾されていると華美だと捉えられてしまうこともあります。

そのため、なるべくヒールの高さは5~7センチ程度、かつシンプルなデザイン、カラーのものを選びましょう。

30代女性がお見合いで意識すべき服装~まとめ~

30代女性がお見合いで意識すべき服装マナーやおすすめの服装についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

たかが服装と軽く考えているかもしれませんが、実は服装は人の印象を決める大きな要素です。

極端な話、服装次第でお見合いから次に繋がるか、そこで終わってしまうのかが決まるということもあり得ます。

人の印象は第一印象が9割と言われるように、身に着けている服装で、あなたの人となりはもちろんのこと、将来の結婚生活のイメージにも繋がっていきます。

お見合いの服装はマナーや男性ウケが重要!あなたも、30代女性がお見合いで高評価を得る服装を意識してお見合いに臨んでください。きっと結果がついてくるはずです。