独身女性の老後は悲惨?知っておくべき5つの現実

婚活
独身の女性は、自分自身の老後の生活について、「独身の方が気が楽」「自分で好きなように生活できる」と楽観視している人もいるでしょうが、現実はそう甘くはありません。この記事では、独身女性が今のうちに知っておくべき5つの現実と、独身女性が悲惨な老後を迎えることにならないために今からすべきことについて紹介します。
独身の女性は、自分自身の老後の生活について考えたことはあるでしょうか。

「独身の方が気が楽」、「自分で好きなように生活できる」と楽観視している人もいるでしょうが、現実はそう甘くはありません。あなたが想像しているよりも、独身の女性の老後は悲惨です。

この記事では、独身女性が今のうちに知っておくべき5つの現実と、独身女性が悲惨な老後を迎えることにならないために今からすべきことについて紹介します。

最後まで読んで、老後の生活の具体的なイメージを持ち、悲惨な思いをしないよう今からできることを始めましょう。

独身女性が知っておくべき5つの老後に関する悲惨な現実

 (4651)

独身女性の中で、自分の老後の生活について具体的に考えたことがある人はそう多くはないと思います。

まずはあなたの想像を凌駕する、独身女性が知っておくべき老後の悲惨な現実について紹介します。

独身女性が知っておくべき現実
・歳を重ねるほど結婚が難しくなる
・金銭的な余裕がない
・老後に孤独になる
・周囲の目が厳しくなる
・家族に余計な負担を与えかねない

少しでも不安に感じるものがあるのなら、今から悲惨な思いをしないために行動すべきです。

歳を重ねるほど結婚が難しくなる

独身女性にとって1番大きな関心ごとは結婚かと思います。

ですが婚活の場面では、若い女性の方が圧倒的に人気があるため、歳を重ねるほど結婚は難しくなります。

多くの男性が若々しい外見の女性を好むというのも理由の1つですが、それだけではありません。女性は30代半ばを超えると妊娠する確率が低くなり、また出産の際あらゆるリスクが伴うようになります。

「自分の子どもが欲しい」という考えの男性が多い現代社会では、健康で妊娠しやすい若い女性の方が人気があるのはもっともと言えます。

今は結婚願望が薄くても、歳を重ねてから結婚したいと思う可能性は十分あり得るでしょう。

そうなったときにすでにある程度の年齢になっていると、年齢が障壁となり男性から求められなくなってしまい、結婚するのが今よりも格段に難しくなります。

金銭的な余裕がない

金銭的にも、老後は余裕がなくなっていくことが予想されます。

独身で老後を迎える場合、世帯収入はあなたが稼いだ分しかなく、生活はできるにしても貯金ができる分まではなかなか余裕はないでしょう。

何か病気やけがで一定期間働けなくなった際のことを考えれば、貯金ができないギリギリンの生活は大きな不安が残ります。

また、受給できる年金の額もあまり期待できないでしょう。何年後に年金をもらうかにもよりますが、日本は高齢化社会がかなり進んでいて、近い将来年金のシステムが破綻するとまで言われています。

現在の高齢者が年金をもらえていたとしても、あなたがもらう番になった際に十分な額がもらえるとは限りません。

そう考えると、共働きで金銭面的なサポートをしてくれる旦那さんがいない独身女性が迎える老後は、金銭的に大きな不安を抱えながら過ごすことになるでしょう。

老後に孤独になる

 (4652)

女性に限った話ではありませんが、独身の方の老後はかなり孤独で寂しいものです。

男性の場合、仕事や趣味の繋がりで、老後も共に過ごせる友人がいることは少なくありません。しかし女性の場合、社会的な繋がりが男性よりも希薄な傾向があるので、老後により孤独な思いをしがち。

今はそんなに寂しさを感じないかもしれませんが、定年退職で仕事を辞めると一気に人との繋がりがなくなります。

その後に急いで交友関係を広げようと思っても、出会いは一期一会であり、そう簡単に仲良くなれる相手が見つかるとも限りません。

現在実家に住んでいて両親が話し相手になっているとしても、一般的にはあなたの方が長生きするので、いずれは家の中にも話し相手がいなくなります。話す相手がいなければ脳をあまり使わなくなるので、ボケてしまうリスクも高くなるでしょう。

社会的な繋がりが希薄で家庭内にも話し相手がいない独身女性の老後は、想像以上に孤独な日々が待ち受けています。

周囲の目が厳しくなる

独身女性の老後は、想像以上に周りの目が厳しくストレスになります。

現在の日本社会はまだまだ「結婚して当たり前」という考えを持つ人が多いです。あなたが自分の意志で独身を貫いているとしても、一定の年齢以上で独身の女性は「何らかの問題がある女性」と見なされる傾向があります。

つまり、独身のままずっと実家に住み続けた結果、兄弟姉妹の結婚相手の家族だけでなく、近所の人からも怪訝な目で見られてしまうこともあります。

また職場の同僚からは「いつまでたっても結婚できない女」と思われ、まるで腫れ物に触るかのようにいろんな場面で変な気を遣われるので、それがストレスに感じる人は多いです。

あなた自身は独身でいることに何も思わないかもしれませんが、世間では独身で老後を迎えることに違和感を覚える人が少なくないことを覚えておくべきです。

家族に余計な負担を与えかねない

 (4653)

あなたが独身で老後を迎えることで、家族に余計な負担を与える可能性があります。また、金銭面でのサポートだけでなく、精神的な負担を与える可能性もあります。

先ほど紹介した通り、独身女性は老後に金銭的な面で余裕を持って生活できる人は少なく、両親だけでなく、兄弟姉妹があなたの金銭的サポートを強いられる可能性があります。

また、両親はあなたが独身で老後を迎えることを危惧し、精神が病んでしまうこともあるでしょう。

実際に、中年の独身女性を子に持つ高齢の女性が、子どもの孤独な老後生活を過度に心配し、自身の持病が悪化してしまったケースもあります。

「自分が良ければそれで良い」というわけではなく、家族に余計な心配や負担を与えかねないことも覚えておくべきでしょう。

独身女性が老後に悲惨な思いをしないために今からすべき3つのこと

 (4654)

紹介してきたように、独身女性は老後に悲惨な思いをする可能性が高いです。

ですが今から対策を始めれば、老後に悲惨な思いをすることを避けられます。独身女性が老後に悲惨な思いをしないために、今からすべき3つのことを紹介します。

独身女性がすべき3つのこと
・婚活する
・お金の管理をしっかりしておく
・好きなものや興味のあるものを見つける

それでは一つずつ解説していきます。

婚活する

まず1番おすすめなのが、婚活を始めることです。

婚活を始めて結婚相手が見つかれば、問題はすべて解決するからです。

金銭面での安定はもちろん、ずっと話し相手がいるので孤独を感じることはありません。旦那に先立たれたとしても、子どもがいればずっとあなたの相手をしてくれるでしょう。

また結婚しているという事実があれば、周囲の目も気になりませんし、周りの家族に余計な心配をかけることもなくなります。

婚活はいつ始めても、遅すぎるということはありません。

あなたが完全に独身を貫く意志を固めていない限りは、老後に悲惨な思いをしないためにも今から婚活を始めることをおすすめします。

お金の管理をしっかりしておく

お金の管理を今からしっかりしておくことも重要です。

独身女性は老後にお金の心配が増えることが予想されるので、今からできることを少しずつ始めるべきです。

具体的には、貯金を始めることはもちろん、資産形成のために投資を始めることも選択肢の1つ。今から始められる投資としては、積立NISAや確定拠出年金などがあります。

お金がなければ、どう頑張っても生きていけません。老後のお金の心配を少しでも減らすためにも、今からお金の管理に気を配りましょう。

好きなものや興味のあるものを見つける

 (4655)

好きなものや興味のあるものを見つけておくと、老後に寂しい思いをしにくくなります。

例えば、身体を動かすことに興味がある方は、地域のテニスサークルに入ったり、ジムに通ったりするのがおすすめです。

サークルに入れば人との繋がりができて、趣味が共有できる友人が見つかる可能性があります。またジムに通うだけでも、自分が好きなことに時間を割くことでストレス解消に繋がり、孤独感を紛らわせます。

歳を重ねるごとに、新しい趣味や行動を億劫と感じる人も多い傾向があります。そのため、今から好きなものや興味のあることを見つけて、老後に充実した時間を過ごしましょう。

まとめ

あなたが想像しているよりも、独身女性の老後はかなり悲惨です。もちろん独身を貫くというのも選択肢の1つですが、積極的におすすめはできません。

少しでも不安に感じるのであれば、今から婚活を始めてパートナーを見つけると、すべての問題を解決することができるのでおすすめです。