子供はいらないけど大丈夫?そんな人の婚活はこうやって進めよう!

婚活
婚活を進める際に、「結婚はしたいけど、正直子供はいらない…。子供いらない人ってどうやって婚活すればいいの?」と困っている人は多いのではないでしょうか。

少子化が進む現代日本ですが、それでも結婚して子供を設けない夫婦よりは、子供を設ける夫婦の数の方が圧倒的に多いのが実際のところです。それくらい多くの人にとって、結婚と子供は直結して考えられるものと認識されています。

だからこそ子供いらないという考え方の男性・女性は、婚活が肩身の狭い場として感じられがちです。

そこで今回は、「結婚したいけど子供はいらない」という考え方の男性・女性に向けて、婚活の進め方を紹介していきます。
婚活を進める際に、「結婚はしたいけど、正直子供はいらない…。

子供いらない人ってどうやって婚活すればいいの?」と困っている人は多いのではないでしょうか。

少子化が進む現代日本ですが、それでも結婚して子供を設けない夫婦よりは、子供を設ける夫婦の数の方が圧倒的に多いのが実際のところです。

それくらい多くの人にとって、結婚と子供は直結して考えられるものと認識されています。

だからこそ子供いらないという考え方の男性・女性は、婚活が肩身の狭い場として感じられがちです。

そこで今回は、「結婚したいけど子供はいらない」という考え方の男性・女性に向けて、婚活の進め方を紹介していきます。

結婚したいけど子供いらない人の特徴・価値観・子供いらない理由

 (4024)

まずは、結婚したいけど子供いらないという考え方の人は、どんな特徴や価値観を持っているのかを整理していきましょう。

また、子供を欲しくないと感じる理由についても触れていきます。

趣味や仕事に集中したい

子供を欲しくないと思う人のほとんどは、趣味や仕事、もしくは夫婦の時間を大切にしたいという考え方を持っています。

いずれは好きな人と一緒になりたい、婚活して結婚したいという思いは持っているものの、それと同じくらい趣味や仕事の時間なども大切にしたいと思うからこそ、子供はあえて作ろうと思わないということです。

確かに子供を設ければ、子供がある程度成長するまでは、自分たちの時間は大幅に制限されます。

趣味や仕事に、十分に時間をさけなくなるのは明らかです。

だからこそ子供を持つことと自分のキャリアや好きなことの優先度を考えた結果、やっぱり趣味や仕事を大切にしたいと判断した場合は、子供いらないという考え方になるのです。

子供を育てられる自信がない・子供が好きじゃない

結婚して子供を作ることが当たり前の世の中ですが、子供を育てることに対する考え方は人それぞれです。例えば、

・子供との接し方がわからず、好きになれない
・自分が父親や母親になるイメージがわかない
・後で育児放棄してしまいそうで、自信がない
・両親が原因で嫌な思いをしてきたため子供を持つことに憧れない


など、どちらかといえば「自信がない」「好きじゃない」などのマイナス寄りな理由で子供を欲しがらない人も珍しくありません。

経済的に余裕がない

子供を欲しくないという人は、経済的に不安を感じている人も多いです。

結婚して子供を作れば、当然ながら育児のためにかかるお金は莫大なものになります。

そのため今から経済的に困窮していれば、結婚後も「これ以上負担を増やしたくない」と思うのは当然でしょう。例えば、

・収入がかなり低い
・貯金がほぼゼロ
・借金がある
・両親などからの支援も見込めない


などのような状況であれば、結婚したい気持ちはあっても、確かに子供まで望む気持ちにはなりにくいかもしれません。

婚活の際には子供を持たないことのデメリットも知っておこう

 (4025)

子供いらないという考え方の人は、婚活を進めていく際には後悔しないためにも、子供を持たないことのデメリットも認識しておくことが大切です。

子供を持たないことには、例えば以下のようなデメリットがあると考えられます。

・出産の時期は限られているため後戻りできない
・お互いの家族から理解を得られない可能性がある
・老後の不安が大きくなる

事前にデメリットとして一番に覚えておきたいことは、出産の時期は限られているため「やっぱり後で子供が欲しい」となっても後戻りできないということです。

初産の出産リミットは35歳とされ、35歳以降は妊娠の確率がどんどん下がっていくといいます。

また、世代が上になればなるほど「結婚すれば子供を作る」という考え方は根強いため、お互いの家族から了解を得られない可能性がある点にも注意が必要です。

結婚相手が見つかったとしても、家族から反対され、お互いの家族と良い関係が作れないことも可能性として考えられます。

さらに3つ目のデメリットとしては、老後の不安が大きくなるということもあげられます。

子供がいれば介護などの面倒を子供が必ず見てくれると保証されているわけではありませんが、それでも子供がいる安心感は強いでしょう。

そういった安心感がなくなってしまうのも、デメリットの一つとしては覚えておく必要があります。

子供いらない人の婚活の進め方のポイント

 (4026)

ではここからは、以上の子供いらない人の考え方や子供を作らないことのデメリットを踏まえたうえで、婚活の進め方のポイントを紹介していきます。

まずは冷静に自分の考え方を整理すること

今は確かに子供いらないという考え方かもしれませんが、人の考え方は時間の経過や回襟の環境の変化、その他経験したことなどで大きく変化していきます。

・子供は好きではないが自分の子供なら別なのではないか
・友人の子供を見て羨ましく思うようなことはないか
・両親に孫の顔を見せられず後悔しないか
・今は経済的に余裕はないが支援を活用すればなんとかなるのではないか


など、まずは冷静に自分の考え方を整理していきましょう。

お伝えしたように、子供を作らない夫婦の数はやはりまだ少数で、結婚すれば子供を作るという考え方の人は非常に多いです。

だからこそ子供いらないという考え方の人は、婚活で苦労することも多いのが現実です。

そのためまずは、「本当にこの考え方で後悔しないか」と冷静になることも必要だということです。

結婚相談所で相談する

子供いらないという考え方の人にとっておすすめの婚活方法は、結婚相談所を活用することです。

結婚相談所であれば、自分が求める結婚の条件について、アドバイザーに詳しく相談することができます。

子供を望まないという条件は、どちらかというと結婚において細かい条件にあたるため、婚活パーティーや婚活サイト、マッチングアプリなどでは相手を絞り込みづらいのが現実です。

その点結婚相談所なら、「結婚願望はあるのですが、子供は欲しくありません。

こういう考え方でも受け入れてくれる人はいますか」と相談したうえで相手探しをサポートしてもらうことが可能になります。

もちろん相談すれば100%相手が見つかるわけではありませんが、それでも条件が一致する人と出会える確率は格段に上がるでしょう。

その他の条件の優先度を考えよう

子供いらないという考え方の人は、なかなか同じような条件で受け入れてくれる人が見つからないからこそ、婚活が長引いてしまうことが考えられます。

そのため少しでもスムーズに素敵な人と出会える確率を上げるためには、条件のこだわりすぎに注意する必要があります。

・年齢
・年収
・職業
・趣味


など、結婚の際には希望する条件としてさまざまなものがあげられます。

しかしここで「子供を希望しない」という条件のほかに別の条件についても優先度を上げてしまうと、条件の一致する相手と巡り会える可能性はさらに低くなります。

婚活を進める際には、子供いらないという大きな条件を前提に、その他の条件についてはできるかぎり譲歩・妥協していくことが重要です。

まとめ

婚活の場において子供いらないという考え方の人は、はっきり言って肩身の狭い思いをすることが多くなりがちです。

結婚すれば子供を作るという考え方はやはり多くの人にとって当たり前のものであり、子供を望まない場合は、その分相手も見つかりにくくなります。

また、子供を欲しくない思ったときは、後になって後悔しないためにもあらかじめデメリットや注意点なども認識しておく必要があります。

デメリットを考えたうえでも子供を欲しくないと思うのなら、結婚相談所などでしっかりと結婚の条件を相談するなどの対策を取り、根気よく自分に合う相手を探していきましょう。