一生独身は後悔する?手遅れになる前にするべきこととは?

婚活
結婚をしない選択をした人はどのような理由で決断し、独身を後悔するのはどんなときでしょうか。
この記事では、結婚を諦めた人が独身を選んだ理由や独身であることを後悔した瞬間、後悔する前に今からすべきことについて紹介します。
今現在独身の方の中には、独身でいるべきか、結婚相手を見つけるために努力すべきか、決めかねている人が多いでしょう。

結婚をしない選択をした人はどのような理由で決断し、独身を後悔するのはどんなときでしょうか。

この記事では、結婚を諦めた人が独身を選んだ理由や独身であることを後悔した瞬間、後悔する前に今からすべきことについて紹介します。

最後まで読んで、独身を後悔しないよう最善の手を尽くしましょう。

結婚を諦めた男女が独身を選んだ理由

 (4719)

結婚を諦めて独身を選んだ人は、どのような理由があってそのような決断を下したのでしょうか。

結婚を諦め、独身を貫く覚悟を決めた人の理由は下記の3つです。

・1人の方が楽
・自由に使えるお金が多い
・結婚したいと思える相手が見つからない

それでは一つずつ確認してみましょう。

1人の方が楽

結婚せずに独身でいると1人の時間が増えて来ます。その結果自由で気楽、という理由で独身を貫く人が一定数います。

特別な理由がなければ、結婚すればパートナーと一緒に住むことが一般的です。家に誰かがいると、1人になれる時間は制限され、いろいろ気を遣わなければなりません。

1人暮らし歴が長い人ほど、家の中に他の人がいることに違和感を覚え、ストレスに感じるでしょう。たとえパートナーと一緒に住んでいなくとも、行動範囲は独身でいるよりもかなり狭められます。

自由な暮らしを最優先に考えた結果、制限が多い結婚をせずに1人でいることを選びます。

自由に使えるお金が多い

 (4720)

価値観が合わずに離婚する男女が多いように、お金の話はとても重要です。

自由に使えるお金は、独身でいる方が圧倒的に多く、お金の自由さを優先し、独身でいることを選ぶ人もいます。

相手と共働きの場合、家庭に入るお金は2人分なので、独身でいるよりも多いでしょう。しかし、収入が増えたからと言って、自分が自由に使えるお金が増えるとは限りません。

結婚式代や引っ越し代、養育費など、結婚することに伴う出費は膨大です。

相手よりも収入が多くても自由に使えるお金が少ない場合、「なんでこんなに稼いでいるのに、全然お金が使えないんだ!」とストレスに感じる傾向があります。

一方家族を持たない独身の場合、自分で稼いだお金はすべて自分の好きなように使えるでしょう。趣味や好きなものに自由に使えるお金が多いことにメリットを感じ、独身でいることを選ぶこともあります。

結婚したいと思える相手が見つからない

そもそも、結婚したいと思える相手が見つからなかったというケースもあります。出会いはある意味運とタイミングの要素が強いので、誰でも良い出会いに恵まれるわけではありません。

1年間精いっぱい努力をしても素敵な人と出会えないこともあれば、そこまで力を入れずに婚活して1ヶ月で良い人と巡り合えることもあります。

今後の将来を共に過ごす相手を見つける婚活は、かなりハードなものになることが多く、長く継続できる人は少ないです。

結婚相手を探す努力はしたけれど結婚したいと思える相手が見つからず、結果的に諦めてしまい独身の道を選ぶ人もいます。

独身を後悔する瞬間

 (4721)

独身を決意する人もいますが、そのような人でも独身でいることに後悔することは多いです。

独身でいることを後悔する瞬間は以下のようなものがあります。

・幸せそうな家族を見たとき
・孤独感を抱いたとき
・将来の不安を感じたとき

それぞれ詳しく見ていきましょう。

幸せそうな家族を見たとき

幸せそうな家族を見たとき、独身を後悔する人が多いです。
公園やデパートなどで幸せそうな家族を見たとき、「自分も結婚していれば」という感情が芽生えます。

特に、同年代のSNSは注意が必要です。
知人が幸せそうな家族の様子をSNSで見かける機会は多く、それが同年代の相手だと余計に自分が結婚していた場合の様子が具体的に想像され、強い後悔に襲われます。

孤独感を抱いたとき

 (4722)

独身でいる人は、孤独感を抱くことが多いです。既婚者と違い基本的に家には1人きりなので、話し相手がおらず寂しいと思うケースが多いからです。

普段は何とも思っていなくても、誕生日や年越しなどのイベントを1人で過ごしていることを実感した瞬間、寂しさを覚えることも多いでしょう。

女性は寂しがりやな人が多いので、特に寂しい気持ちから独身を後悔することが予想されます。

将来の不安を感じたとき

どんな年齢になっても、将来のことを考えることはあるでしょう。独身の人は将来のことを考えた際、不安を感じ独身でいることを後悔する傾向があります。

若いうちは、独身でいても不便さや辛い思いを感じることは少ないでしょう。しかし少し先の将来のことを考えると、何かと不安なことは多いです。

将来に対して思う不安
・病気になったときに看病してくれるパートナーがいないこと
・働けなくなったときに経済的に困ること

いずれも、結婚していれば不安に感じることのない悩みです。何かをきっかけに将来のことを考えた結果、不安なことが大きく独身を選んだことを後悔します。

手遅れになる前に独身の男女がするべきこと

独身でいることを後悔してしまうことは、誰にでもあるでしょう。後悔することを避けたい人は、今から行動すればまだまだ後悔しない将来を実現できるでしょう。

独身の人が将来後悔しないために、今からすべき3つのことは以下の通りです。

・婚活を始める
・貯金を始める
・友人を作る

それでは一つずつ見ていきましょう。

婚活を始める

 (4716)

絶対にやってほしいのが、婚活です。独身でいることを後悔しないために、根本的に問題を解決できる手段はこれしかありません。

言い換えれば、結婚して家庭を持てば、ここまで紹介した内容を全て解決できます。独身でいることで後悔したくないなら、今すぐにでも婚活すべきです。

もちろん、今まで婚活してきたけれども、なかなかうまくいかなかった人もいるでしょう。あなたがどのように婚活してきたかはわかりませんが、まずは結婚相談所を利用すべきです。

結婚相談所には、結婚を真面目に考えている人しかいないので、効率が良いです。また、大抵の結婚相談所は専任のスタッフがサポートしてくれるので、不安な人でも安心して婚活を進められます。

今まで結婚相談所を使った経験がある人は、別の相談所を使ってみるのも有効です。結婚相談所を利用して結婚を前提にお付き合いできる人を見つけ、独身を後悔する将来を避けましょう。

貯金を始める

今から貯金を貯めることで、経済的な不安を解消できます。

紹介した通り、経済的な不安から独身でいることを後悔することがあります。ある程度の年齢になってから、いきなりお金を貯め始めるのは簡単ではありません。

できる限り早めにお金を貯め始めることで、将来経済的に安定した生活を送れるでしょう。

興味がある人は、投資を始めるのも有効な手段の1つです。今から始められるものには、積立NISAや確定拠出年金があり、いずれもネットで調べれば誰でも簡単に始めます。

経済的不安から独身でいることを後悔しないよう、お金が貯めるよう意識して生活していきましょう。

友人を作る

 (4723)

友人を作ることで、将来後悔する可能性を低くすることもできます。「孤独感を覚えて、独身でいることを後悔する人がいる」と先ほど説明しました。

仲良しの友人ができれば、家族まではいきませんが、いくらか寂しい気持ちを埋められるでしょう。また友人と一緒に過ごすことで充実感を覚え、ボケ防止や長生きに繋がるメリットもあります。

習い事や社会人サークルは、好きなものや趣味を共有できる友人が作りやすいのでおすすめです。親密な関係の友人を作り、後悔のない充実した生活を送りましょう。

まとめ

独身でいることのメリットもありますが、多くの場合心のどこかで独身でいることを後悔します。
独身を貫く覚悟が100%固まっていない限り、後悔する将来は容易に想像できるので、今できることを実践すべきです。
ここで紹介したことを参考に、手遅れになる前にできることを始めましょう。