結婚相談所の掛け持ちはするべき?最適な方法とは?

婚活
結婚相談所というと、真剣に結婚したいと思っている人が利用するイメージから、結婚相談所に登録して婚活を始めれば運命の出会いがあると期待するのも無理はありません。
でも、中には婚活を続けてもなかなか出会いがなく焦りや不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。
なるべく早く出会いを得たいと思うのであれば掛け持ちで婚活をするという選択肢があります。

この記事では、結婚相談所の掛け持ちはするべき?効率よく出会いを得るために知っておきたい最適な掛け持ち方法についてご紹介します。

結婚相談所の掛け持ちはするべき?

 (4150)

結婚相談所の利用を検討している方の大半は、『結婚相談所に登録すれば出会いがあるはず』と思っています。

でも、実際には結婚相談所に登録したからといって必ずしも出会いに繋がるとは言い切れません。

むしろ、登録後どう婚活を進めるのかが成功のカギを握っています。

その一つの方法が、結婚相談所の掛け持ちです。

実際に結婚相談所に登録している人の大半が、一か所のみならず複数の結婚相談所との掛け持ちをしています。

何となく複数の掛け持ちというと、まるで二股をかけているような後ろめたい気持ちになる方もいらっしゃるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

もちろんメリット・デメリットはありますが、効率よく婚活を進めるための一つの方法として視野に入れておきましょう。

掛け持ちはこんな人におすすめ!

こんな方は、結婚相談所を掛け持ちして婚活することをおすすめします。

短期間で出会いたいと思っている人
日常生活に出会いがない人
期間を限定して真剣に婚活をしたいと思っている人
年齢的に婚活に難しさを感じている人

婚活に対して焦りを感じている人や、時間を限定して真剣に婚活に取り組みたいと思っている方は、掛け持ちという選択肢を考えてみることをおすすめします。

結婚相談所を掛け持ちするメリット・デメリット

 (4151)

何事にもメリット・デメリットがあるように、結婚相談所の掛け持ちも同様です。

メリット・デメリットを理解したうえで、自分に合った婚活方法を探してみましょう。

掛け持ちのメリット

結婚相談所を掛け持ちする最大のメリットは、出会いの幅が広がることです。

結婚相談所には、日常にはない多くの出会いがあります。

各結婚相談所によって会員が異なることから、単純に考えて複数の結婚相談所に登録することで、出会える可能性のある会員数が多くなるのは必然です。

結果として出会いの幅が広がります。

また、各結婚相談所によって出会い方はさまざまで、自分に合った婚活方法を見極めることができます。

結婚相談所での出会いは大きく分けて3種類。

仲介紹介型
データマッチング型
インターネット検索型


掛け持ちをする場合、出会い方の違いを理解して組み合わせを考えましょう。

最も手厚いサポートを受けることができるのは「仲介紹介型×仲介紹介型」ですが、出会い方を豊富にするという意味では「仲介紹介型×データマッチング型」も良いでしょう。

活を始めて間もない方や、色々な出会い方を試してみたい方には、選択肢は多いに越したことはありません。

自分で自分の婚活の幅を狭めことは出会いのチャンスを逃すことになりかねません。

広い視野で婚活をするためにも結婚相談所の掛け持ちは有効です。

掛け持ちのデメリット

メリットが多い掛け持ちですが、中にはデメリットもあります。

デメリットとして挙げられるのは、以下の3点です。

費用がかさむ
各結婚相談所ごとにルールや規約が異なる
婚活疲れを起こす


特に考える必要があるのが、費用面です。

結婚相談所の利用には入会金や月額費用などの費用がかかります。

当然、複数の結婚相談所を利用することでその費用は2倍、3倍となり、経済的に負担となります。

費用がかかるからこそ、『早く出会いを見つけないと』と焦りを感じた結果、思うように進められなかったり婚活疲れを起こすことも…。

勢いでなくデメリットについても理解したうえで掛け持ちすることをおすすめします。

最適な掛け持ち方法

 (4153)

メリットの多い結婚相談所の掛け持ちですが、ただ複数の結婚相談所に登録すればよいわけではありません。

続いては真剣に出会いたい方必見の、最適な掛け持ち方法をご紹介します。

連盟の異なる結婚相談所を選ぶ

結婚相談所の多くは、連盟に加盟しており、連盟に加盟にしている相談所内で会員データーを共有しています。

そのため、結婚相談所を掛け持ちする際には、異なる連盟に所属している、あるいは連盟に所属していない大手の結婚相談所を選ぶ必要があります。

主な結婚相談所連盟と会員数をみてみましょう。

日本結婚相談所連盟(IBJ)…7万人
日本ブライダル連盟(BIU)…5,2万人
日本結婚相談所協会(JBA)…4,5万人
良縁ネット(Rnet)…3,8万人

結婚相談所自体は違っていても、同じ連盟に所属している場合には紹介される、データマッチングする会員が同じということになり、それでは掛け持ちをしている意味がありません。

掛け持ちをする結婚相談所を選ぶ際には、必ず連盟や協会への加盟の有無について確認するようにしましょう。

掛け持ちをした場合の費用を考える

結婚相談所を掛け持ちをするデメリットに費用面をあげましたが、登録してから負担に感じることを避けるためにも、あらかじめ掛け持ちをした場合にかかる費用を計算しておきましょう。

結婚相談所に登録する際にかかる主な費用がこちらです。

入会金
月額費用
お見合い料
成婚料

ちなみに、月額費用については出会い方によって違いがあり、相場としては「個人仲介型」で2~3万円程度、「データマッチング型」の場合が1~1,5万円程度です。

入会金は入会時のみなのでそれほど負担に感じませんが、月額費用は掛け持ちする結婚相談所が増えれば増えるほどその分費用がかかりますし、期間が延びることで負担金額が増えることになります。

掛け持ちをする前に、活動に要する費用について自身のお財布と相談し、掛け持ちで費用を捻出できるかの計算をしておくと安心です。

あらかじめ掛け持ちする期間を決める

婚活は長期間続けていても効果が約束されているわけではありません。

もちろん、中には長期間婚活を続けた末に運命の相手と出会うことが出来た人もいますが、一般的に結婚相談所で活動して成婚退会するまでの期間が1年前後と言われていることからも、ある程度期間を限定して掛け持ちをすることをおすすめします。

長期間の婚活は、先に挙げた費用面だけでなく精神的にも負担がかかります。

『〇年以内に成婚を目指す』と自分の中で目指すべきゴールを決めて、全力で取り組みましょう。

掛け持ちすることを結婚相談所に伝える

冒頭でもご紹介したように、結婚相談所を掛け持ちすることは決して珍しいことではありません。

掛け持ちしていることを伝えることで、担当カウンセラーに婚活に対する真剣度が伝わりますし、他の相談所ではなく自社で成婚実績をあげたいという心理が働くことも考えられます。

また、掛け持ちをしていると各相談所のルールや規約を忘れてしまうことも…。

事前に掛け持ちすることを伝えることにより、ルールや規約の違いについて思い返すきっかけとなります。

結婚相談所の掛け持ちで、効率よくお相手探しを!

結婚相談所の掛け持ちの可否と、メリット・デメリット、効率よく掛け持ちする方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

婚活は長期間することで負担が増えるので、いかに短期間で効率よく出会えるかが成功のカギとなります。

結婚相談所を利用しているのになかなか出会えない方、出来る限り出会いのチャンスを得たいと思っている方は、ぜひ掛け持ちでの婚活をはじめてみてはいかがでしょうか?