【必見!】結婚に向けて婚活する上での自己分析の重要性とポイントを解説!

婚活
婚活を始めるのにあたってやっておくべきことはたくさんありますが、そのうちの一つに「自己分析」があります。自己分析と聞くとビジネス的なイメージを持つ人も多いかもしれませんが、自分にとって理想の結婚を叶えるためには、自己分析で自分自身を知ることはとても大切なことです。そこで今回は、婚活でもぜひ実践しておきたい自己分析のポイントを紹介していきます。
婚活を始めるのにあたってやっておくべきことはたくさんありますが、そのうちの一つに「自己分析」があります。

自己分析と聞くとビジネス的なイメージを持つ人も多いかもしれませんが、自分にとって理想の結婚を叶えるためには、自己分析で自分自身を知ることはとても大切なことです。

自分のことは自分が一番よくわかっている…とはいえ、改めて確認してみないと分からないことも意外とたくさんあります。

そこで今回は、婚活でもぜひ実践しておきたい自己分析のポイントを紹介していきます。

婚活でも役立つ「自己分析」とは?

 (4498)

「自己分析」とは、その名の通り自分自身を分析することです。自己分析は就職や転職、今後のキャリアを考えるうえでよく実践されるものです。

自己分析の一例
・どんな人生を歩みたいのか?
・何が好きなのか?
・自分はどんな性格なのか?
・長所・短所は何か?

上記のような自分の人柄や価値観、好み、そして夢やライフプランに関わることを細かく考えていきます。

自己分析を行うことで自分とはどんな人でどんな人生を歩むことが理想的なのかが見えてきて、今後の道を選ぶ際に役立ちます。

自己分析が婚活で重要な理由

 (4499)

では、自己分析はなぜ婚活でも重要になるのでしょうか。
その理由を整理してみましょう。

自分にとって理想の結婚のかたちがわかる

やはり一番は、自分にとっての理想的な結婚のかたちがわかりやすくなることです。

自分の人生を考えたうえで、結婚にどんなことを求めるのか、いつ結婚したいのか、そしてどんな人と結婚したいのか…細かく考えてみないと、理想の結婚のかたちは意外とわからないものです。

あらかじめ理想とする結婚のかたちがわかっていれば、婚活もよりスムーズになります。適切な婚活の時期を見極めるうえでも役立つでしょう。

相手を見つけやすくなる

自己分析によって理想の結婚のかたちがわかれば、おのずと結婚相手に求める条件も明らかになってきます。とにかく素敵な人を…といった漠然とした条件で相手を探さなくなるため、相手探しはとても効率的になります。

また、自己分析で自分の性格を把握できれば、相性の良い人、一緒にいて落ち着く人の特徴もある程度はわかってくるでしょう。

婚活中のストレスが少ない

自己分析をして自分が求める結婚のかたちを把握しておけば、婚活中に感じるストレスも少なくなります。

婚活でよくある不安
・なかなか相手が見つからない
・今の婚活スタイルが自分に合っているかわからない
・そもそも結婚したいのかよくわからない

このような不安や疑問を抱くこともなくなるため、婚活のモチベーション低下を防ぐための対策にもつながります。

婚活を始める前に実践しておきたい自己分析のポイント

 (4500)

ではここからは、婚活を始めるのにあたって実践しておきたい自己分析のポイントを紹介していきます。

なぜ結婚したいのか

まず、「なぜ結婚したいのか」という根本的な問題と向き合ってみましょう。

周りに流されて、寂しさを感じて、年齢的に時期が来たと思って、なんとなく結婚しようと考えていませんか?

実際のところ、漠然とした思いで結婚を意識し始めた結果、婚活を始めてから「なんで結婚したいんだろう?」と自分で疑問を抱く人は少なくありません。

確かに年齢を重ねれば自然と誰もが結婚を意識するようになりますが、周りに流されて…という思いでは、自分に合う相手を見つけることは難しくなります。

結婚してどうしたいのか、結婚に何を求めるのか、自分なりにまずは整理しておきましょう。

いつ結婚したいのか・なぜ今なのか

結婚の時期について自己分析しておくことも重要です。いつ結婚したいのか、今結婚したいならなぜ今なのか、もう少し後にしたいなら具体的にいつ頃なのか、そして先送りするのはなぜなのか、タイミングについてはしっかりと自分の意思を整理しておきましょう。

結婚・婚活の時期は、後になって後悔しないためにも、自分が「今だ」と思う時期を見極めることが大切です。タイミングの合わない婚活は、モチベーションも上がらず、中途半端なかたちで終わってしまうことが多いです。

自分の性格について理解を深めよう

相性の良い人を見つけるには、自分の性格をまず知ることから始めていきましょう。

・自分が思う性格のタイプ
・長所
・短所
・積極的か、消極的か
・自信を持っていること
・几帳面か、おおざっぱか
・ポジティブか、ネガティブか
・おしゃべりか、寡黙か
・集団が好きか、一人が好きか
・人からよく褒められること、注意されること

など、このような点を考えて自分の性格を把握していくことが大切です。自分とはどんな人間なのか理解できてくれば、おのずと相性の良い人、自分に向いている人のタイプもわかってくるでしょう。

これまでの恋愛でうまくいかなったことは何か

 (4503)

恋愛と結婚は違いますが、異性との付き合い方については、婚活前にあらためて自分自身と向き合っておくと良いでしょう。異性との付き合いにおいて、いつもどんなところで失敗しやすいのか、自分がどんなことに課題を感じているのか、がわかってくるはずです。

その際にはこれまでの恋愛でうまくいかなったことを考えてみましょう。例えばこれまでに何人かの人と交際してきて、よく価値観の違いで喧嘩になっていた…と思ったときは、

もしかすると相手との相性関係なく見た目だけを重視して相手を選んでいたり、自分がいつも相手に価値観を押し付けていたりするような行動があったのかもしれません。

このように自分の恋愛の仕方を整理しておくと、相手選びや理想の結婚を考えるうえで役立つことは多いといえるでしょう。

苦手なもの・苦手な人とは

自分にとって本当に理想的なタイプと結婚できるならそれに越したことはないですが、実際のところ、理想にぴったり合う相手を見つけるのは難しいものです。

そんなとき重要になってくるのは、苦手なものや苦手な人のタイプです。苦手な人と一緒にいること、苦手なことを強いられることほどつらいものはありません。

婚活の相手選びにおいてそういった失敗はやはり避けたいことの一つでしょう。そのため婚活前に自己分析するなら、好きなもの・好きなタイプを考えるより、あえて苦手なものや苦手なタイプを整理しておくという考え方もあります。

結婚するうえで絶対に譲れない条件とは

結婚の条件を何かと指定しすぎるのはNGですが、やはり自分にとって理想の結婚を叶えるためには、いくつか譲れない条件をピックアップしておくことも重要です。

・趣味に理解のある人と結婚したい
・両親との同居を受け入れてほしい
・子供は欲しくない

このように結婚の際に求める条件は人によってさまざまあるでしょう。無謀な条件なのかも自分自身で整理しながら、いくかの条件を整理していくのがおすすめです。

結婚相談所で自己分析するのもおすすめ

 (4501)

婚活において実践しておくべき自己分析のポイントは、前項で解説してきたこと以外にもさまざまあります。

婚活のスタイルにはさまざまなものがありますが、しっかり自己分析したうえで自分に合った人を見つけるなら、結婚相談所の利用はぜひ考えていきましょう。

結婚相談所では最初の相談の段階で、自己分析を実施するところも少なくありません。そのうえで婚活のプロであるコンシェルジュから客観的なアドバイスをもらえるため、理想の結婚のかたちは見つかりやすくなります。

相手の探しやすさにも直結するため、自己分析がうまくできない…となったときは、結婚相談所にもぜひ相談してみましょう。

まとめ

自己分析を実践して自分の意思や希望、そして自分に合った人を見つけることは、婚活成功の秘訣といえます。意外と自分自身で結婚についての思いを整理できていないことは多いため、婚活を始める際には、ぜひ自己分析を実践しておきたいところです。

どんな結婚がしたいのか、なぜ結婚が必要なのか、自分はどんな性格でどんな人と一緒にいると落ち着くのか…、そういったポイントを把握していけば、理想の結婚のかたちは自然と見えてくるでしょう。それをぜひ婚活に活かしていってください。