マッチングアプリに向いていない人の特徴とは?

婚活
日常に出会いがない、でも結婚したい!そんな方が手軽に出会いを得ることができると人気の婚活アプリ。

しかし、何事にも向き・不向きがあるように、婚活アプリに関しても全ての人が期待しているような出会いがあるわけではありません。
でも、『みんなは婚活アプリで出会っているのに、どうして…?』『私(僕)が悪いのかな…』と思う方もいるでしょう。

そこでこの記事では、婚活アプリが向いていない人の特徴と、向いていない人・出会えない人がすべき解決策についてご紹介します。

婚活アプリが向いてない人の特徴5選

これだけ婚活スタイルとして婚活アプリが注目され、『婚活アプリで結婚相手と出会えた』、『日常にはない出会いがあった』などといった声を耳にすると、婚活アプリはどんな人にも出会いがあると思ってしまいます。

でも、多くの人から成果が報告されているとはいえ万人に出会いがあるかというと決してそうではありません。

一定の婚活アプリが向いていないと感じる人には思うような成果が出ず、それを自分のせいだと感じてしまいがちです。

では、具体的に婚活アプリが向いていない人とはどのような人のことをいうのでしょうか。

ここで、婚活アプリが向いてない人の特徴5選についてみてみましょう。

【婚活アプリが向いていない人の特徴1】:メッセージのやりとりが不得意

婚活アプリとは、アプリ上で出会ったお相手とメッセージのやりとりをすることで仲を深めていきます。

プロフィールなどで見た目や人柄などの大枠となるものが分かっていても、実際に顔が見えて目の前で会話をするわけではありません。

だからこそ、メッセージのやりとりが出会いに繋がるカギとなり、メッセージのやりとりを不得意とする人や、やりとりを続けることを面倒だと感じる人は婚活アプリには向いていません。

【婚活アプリが向いていない人の特徴2】:自分をアピールするのが苦手な人

婚活アプリは、いかに自分を異性にアピールするかどうかが結果を大きく左右します。

いくら素敵な人だとしても、待っているだけの受け身では「あなた」という一ユーザーを知ってもらうことができないのです。

そもそも、婚活で出会いを見つけるためには積極性が必要不可欠!

特に婚活アプリは自分の手で出会いを掴む必要があることから、自分で自分をアピールしたり、アプローチすることが苦手な人は積極的なライバルたちに遅れをとってしまいます。

【婚活アプリが向いていない人の特徴3】:すぐに成果を出したい

出会いからすぐに交際に繋げたい、とにかく早く成果を出したいタイプの方も、婚活アプリには向いていません。

婚活アプリでは、メッセージのやりとりが発生するため、婚活アプリで出会ってから実際にデートをするまでに長いと1ヶ月以上を要することもあります。

1ヶ月もの間、ただやりとりだけを続けるなんて面倒、もっと早く会って交際にこぎつけたい。

そんな方にはまどろっこしいと感じるでしょう。

【婚活アプリが向いていない人の特徴4】:人を見る目に自信がない

婚活アプリは、実に多種多様なタイプの人がユーザーとして登録しています。

個性的な人がいるのはもちろんのこと、真剣に出会いを求める人を利用した悪質ユーザーや詐欺行為を働く業者が紛れ込んでいる可能性もあります。

 体目的
 ビジネス目的の業者
 宗教勧誘
 マルチ商法
 既婚者

などがそういった悪質ユーザーの例です。

悪質ユーザーに出会ったときに、やりとりを通して『何かおかしい』と自身で勘づく力がないと、出会えないばかりか嫌な思いをして婚活そのものが嫌になってしまうかもしれません。

【婚活アプリが向いていない人の特徴5】:ネット上に個人情報をさらけ出したくない人

婚活アプリは、ユーザー登録する際に自身の顔写真はもちろん、氏名や年齢、職業などのいわゆる個人情報を登録することであなたという人間性を大勢にアピールすることになります。

そのため、個人情報をさらけ出したくない人は婚活アプリに向いていないと言えるでしょう。

人に知られたくないという思いから顔が分かりづらい写真を選んだり、極力特定されないようにプロフィールに掲載する情報を押さえていると、結局出会えずじまいになってしまいます。

他のユーザーからすると、情報が多ければ多いほど判断材料になりますし、出会いに対する真剣度を感じることができるからです。

婚活アプリが向いていない人の対処法

 (3856)

 (3857)

婚活アプリが向いていないと感じたとしても、そこで婚活そのものをやめてしまったのでは意味がありません。

続いて、婚活アプリが向いていないと感じた人がすべき対処法についてみてみましょう。

①他の婚活アプリを使ってみる

一つの婚活アプリを使って向いていないと感じたとしても、婚活アプリ全てが合っていないとは言い切れません。

というのも、各婚活アプリによって特徴や出会うまでの流れも違えば、出会える層に関しても異なります。

実際、婚活アプリを変えたことで出会いのチャンスを得ることができたという体験談や口コミ等もあります。

婚活アプリ全てが自分に合っていないと決めつけるのではなく、まずはいくつかの婚活アプリを使ってみてから本当に向いていないのかを判断しましょう。

②自分を変えていく

婚活アプリが向いてない、でも、できることなら婚活アプリで出会いたい…。

そんな方は、婚活アプリ向きに自分を変えていきましょう。

婚活アプリが向いてない人の特徴と対策を挙げてみましょう。

 メッセージのやりとりが不得意…マメなやりとりを意識する
 自分をアピールするのが苦手…自分のアピールポイントをあらかじめ考えておく
 すぐに成果を出したい…長期戦になることを覚悟し、複数のお相手を同時進行する
 人を見る目に自信がない…なるべくたくさんの人とやりとりをして、見る目を鍛える
 コミュニケーション能力に自信がない…多くの人とやりとりをして、コミュニケーション能力を鍛える


自分を変えるなんてできるの?と思われるかもしれません。

でも、意外と難しいことではありません。

根本的に変えなければいけないわけではなく、婚活用の自分として意識していけば自然と変えることができるはずです。

③他の婚活スタイルを試してみる

婚活アプリが向いていないと思うのであれば、敢えて婚活アプリに固執する必要はありません。

向いていないと自分で思っていると、婚活アプリに対する苦手意識から良い成果に繋がりにくくなりますし、それでは自分の中での焦りや不安にも繋がるでしょう。

婚活方法には、婚活アプリの他にも結婚相談所や婚活パーティー、街コンなどさまざまな出会い方があります。

出会いを得るという目的は同じでも、利用してみるとその婚活方法や環境など違いが見えます。

苦手意識があるのであれば、違う婚活方法にチャレンジしてみるのも一つの方法です。

まとめ

ネットやSNSなどで婚活アプリに対する評判や口コミなどを見ていると、まるで万人受けするように感じますが、婚活アプリにも相性や向き・不向きがあります。

ご紹介したように、意識をして婚活アプリ向きに変えることも一つの方法ですが、もちろん婚活アプリにこだわる必要はありません。

一人ひとりに性格や個性が異なるように、出会い方に関しても人それぞれです。

自分に合った婚活方法に気づくことができれば、きっとあなたにも出会いのチャンスが訪れるはずです。

焦らず、あなたに合った婚活方法で運命のお相手との出会いをgetしましょう!