【驚愕!】婚活で失敗した40代男女の理由とは!?体験談から学ぶ成功の極意

婚活
40代での婚活は、後に引けない重大な活動です。
失敗は許されないというプレッシャーから、前向きな婚活ができない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、婚活で失敗した40代男女のリアルな理由や原因など、失敗談から学ぶべきポイントをまとめました。
婚活に成功したい方は、ぜひチェックしてくださいね!
40代での婚活は、後に引けない重大な活動です。

失敗は許されないというプレッシャーから、前向きな婚活ができない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、婚活で失敗した40代男女のリアルな理由や原因など、失敗談から学ぶべきポイントをまとめました。婚活に成功したい方は、ぜひチェックしてくださいね!

こんな人はNG!体験談から学ぶ婚活失敗事例

 (4264)

まずは、実際の婚活の体験談から失敗事例を見ていきましょう。
こんな人はNG!だというポイントがわかるかも…!

ケース①|求める相手の理想が高すぎた…

「一生に一度の結婚なので、相手の理想を高く持ちすぎていました。 自己評価も高く見すぎていたのかもしれません。結果的に目の前の婚活をネガティブに捉えてしまい、いい人に出会うことはありませんでした。 理想が高すぎるあまり、婚活で出会う人たちも引いてしまっていて、失敗ばかりです。」
理想が高すぎるあまり、婚活がうまく進まない方は大勢います。この方もそのうちの1人です。お相手の理想はもちろん大切ですが、理想ばかりを追い求めてしまうと、婚活の難易度が果てしなく高くなってしまいます。
婚活では、譲れないポイントと、妥協できるポイントを見極めておくことが重要です。

ケース②|プロフィールの書き方を失敗した!

「プロフィール写真や内容の書き方は、自分の中では自信がありました。 でも、なぜかお見合いをしてくれる人が現れず、お見合いをしても失敗ばかりでした。 後日、友人にプロフィールページを見てもらうと、写真の選択から文章まで『これじゃ誰もお見合いをしてくれないよ…』という内容だったことが判明。 自分ではわからなかったので、知らぬうちに書き方を間違っていたんだなと反省しました。」
プロフィールによって、本来の魅力を上手く伝えきれていない人は多いでしょう。中には、この方のようにプロフィールが原因で失敗してしまう方も少なくありません。
自分自身では問題点を見出せないことも多いので、この方のように身近な人に見てもらうことがおすすめです。

ケース③|自信がなく臆病になってしまった

「出会いがあっても、年齢のことや自分の性格のことを気にしすぎてしまい、臆病になっている気がします。 臆病であるがゆえ、行動も大胆にはできず、結果的に微妙な人間として認定されてしまいました。失敗ばかりで更に自信がなくなって、負のループです。」
自信がなくネガティブになってしまうことで、受け身になりがちな方は大勢います。しかし、婚活において受け身になってしまうと、本当に幸せな結婚を手に入れることはできません。自信を持って、前向きに行動することが重要です。
このように、さまざまな失敗には原因があります。
婚活において、人の失敗事例を参考に自身の身の振る舞い方などを改善することで結婚に近づくことができます。

その点プロに相談することで、多くの人の経験談や失敗例を知ることもできますので、一度相談してみることもおすすめです。

【男女別】異性とのデート中にやりがちな失敗6選

 (4266)

婚活を進める上で切っても切り離せないのが、異性とのデートですよね。デートがうまく行くか行かないかで、今後の婚活が左右されると言っても過言ではありません。

ここでは、デート中にやりがちな失敗を男女別に見ていきましょう。

男性がやりがちな失敗①長時間デートでヘトヘト

婚活デートでは、気合を入れすぎるあまり、食事+外出の長時間デートを設定してしまう方が多い印象です。

しかし、婚活に慣れている人でも、初対面の異性と時間を共にすることは、緊張や不安でエネルギーを消耗してしまいます。

長時間のデートを設定することで、だんだんとエネルギーの消耗が激しくなり、お相手との時間を純粋に楽しめない方も多いでしょう。これでは、せっかくのデートなのに双方にとっていい結果とはなりません。

慣れていない方とのデートであれば、2〜3時間を目安に設定することがおすすめです。

男性がやりがちな失敗②段取りや場所の設定ミス

 (4268)

デートができることに舞い上がってしまい、当日の段取りやデート場所の選択を間違ってしまうという失敗をよく耳にします。

例えば、以下のような例が考えられます。
・「食事の後の行動を何も考えておらず、ただ気まずい時間が流れてしまった。」
・「仕事終わりに待ち合わせたが、お店を決めておらず結局チェーン店で食事をしてしまった。」

婚活デートは相手を見極める重要なイベントであるため、女性側も男性の行動や選択をチェックしています。

気まずい時間を過ごしたり、食事のお店が適当だったりすると、「紳士さがない」とレッテルを貼られてしまうことも…!

デート前には当日の段取りやお店の選択を念入りに行っておきましょう。

男性がやりがちな失敗③ファッションセンスがない

プロフィールの内容や連絡を取り合った印象は素敵だと感じていても、デートでの私服がダサいと失敗に終わってしまうケースがあります。

特に、結婚相談所のお見合いではスーツを着ている方が多いため、お相手の目には素敵な男性に映ることが多いです。

しかし、その後の私服センスがないことで落差が激しく、余計幻滅してしまう女性は数多くいます。

私服のセンスは気にしないという男性も、TPOに合わせた選択ができるよう、私服のバリエーションを増やしておくことが重要です。
男性でこれまでに書いてあるような内容に心当たりがある方は、婚活のプロに相談しないと原因がわからないまま、ズルズルと婚活が終わらないことになってしまいます。

婚活を成功させるために、一度プロの仲人に相談してみることをおすすめします!

女性がやりがちな失敗①マナー・態度が悪い

婚活デートで男性が女性に求めるポイントとして多いのは、マナーや態度です。

デートをしているお相手に対してだけでなく、お店の店員さんなどに対する態度も重視されています。また、「女性だから奢られて当たり前」というのも、嫌煙されがちな態度の一つです。

食事の際のマナーはもちろんのこと、デートをしているお相手に対する尊重の気持ちは、どんな場面でも必要とされるスキルだと言えます。

例え、お相手がタイプでなかったとしても、自分自身の女子力を高めるつもりでマナーや態度には気をつけましょう。

女性がやりがちな失敗②思いやりがない

 (4270)

女性らしさを強調する「思いやり」ですが、思いやりを持つことができない女性も一定数は存在するでしょう。

婚活デートにおいて、思いやりがなく自己中心的な行動をしてしまうと、ほとんどの確率で婚活に失敗してしまいます。

なぜなら、婚活デートでは結婚後の生活を見据えながら、お相手を見極めるためです。婚活デートですら思いやりが持てない女性は、結婚をしてからも自己中心的であると考えられるため、失敗に終わってしまうことが多いのです。

思いやりがない・自己中心的だという失敗は、本人が意識していないことも少なくありません。

今一度、自分の行動を振り返り、思いやりを持てているかどうかチェックしてみましょう。

女性がやりがちな失敗③場違いな服装

男性だけでなく、女性も服装によって失敗してしまうケースがあります。

服装の選択も大人としてのマナーであるため、あまりにも場違いな服装でデートに行ってしまうと、嫌煙されてしまうことが多いのです。

ミニスカートや露出の多い服装、年齢に見合わない服装は控え、TPOに合わせた綺麗な服装を心がけましょう。

失敗する人にありがちなプロフィールとは?

 (4271)

婚活でお相手の第一印象を決めるのが、プロフィールです。

プロフィールの内容によって、「会いたい」「会いたくない」と言った感情が生まれますよね
ここでは、失敗する人にありがちなプロフィールをご紹介します。

男女ともに失敗しがちなプロフィール

キャリア自慢・会社自慢が鼻につくプロフィールは、男女ともに失敗しがちなポイントです。

婚活と就活を混同してしまっているようなプロフィール文は、重要な人柄面が見えず、嫌煙されてしまうケースが多いでしょう。

もちろん、結婚を見据えるためには職業や年収などのポイントは重要ですが、キャリアや仕事に関する自慢ばかりを列挙したプロフィールは、「仕事の自慢がしたいだけの人なのかな」「結婚をしてからも仕事のことでうるさそうだな…」という印象を与えてしまいます。

キャリアや職歴も重要ですが、アピールのしすぎはNGです!

また、歩み寄る心がないアピールだけのプロフィールは、男女ともに書いてしまいがち。プロフィール文は、読んでくれるお相手がいることを意識しましょう。

男性が失敗しがちなプロフィール文

男性が失敗しがちなプロフィール文の特徴は以下の通りです。

・恋愛経験のなさをアピールしている
(例:あまり女性経験はありませんが…)

・自慢話ばかり
(例:大企業の部長職で…年収は…大きなプロジェクトも任されていて…)

・相手の理想が高い
(例:料理や掃除は最低限できる人がいい/容姿は高望みしないが可愛らしい方がいい…)

・自己中心的
(例:家事はできるだけ手伝いたい/できれば共働きがいい/料理は苦手なのでお任せしたい…)

プロフィール文は人柄が顕著に出るため、少しでもマイナスな点を見つけてしまうと、会いたいと感じるまでに至らないことが多いと言えます。

婚活において、結婚の価値観が一致することは重要ですが、あまりにも自分本位なプロフィール文では紳士さやスマートさを感じることはできませんよね。

また、お相手に対する理想をつらつらと書いてしまうこともNGです。プロフィール文は、読んでくれるお相手がいることを意識しましょう。

女性が失敗しがちなプロフィール文

女性が失敗しがちなプロフィール文の特徴は以下の通りです。

・仕事自慢
(例:キャリアを積んできました/仕事に邁進してきました…)

・資格自慢
(例:〇〇検定の一級を持っています)

・容姿自慢
(例:容姿は良い方です/昔から可愛いと言われることが多く…)

・お相手の理想が高い
(例:年収は800万円以上がいい/休日は必ずどこかに連れて行って欲しい)

女性が失敗しがちなプロフィールで多いのは、とにかく自分中心の自慢を書き連ねてしまうことです。アピールポイントを持っていることは大切ですが、プロフィール文に盛り込みすぎてしまうと、自己中心的な印象を与えてしまいます。

意識しておきたいポイントは、お相手に歩み寄る心と控えめな内容です。

特に、バリキャリ感を出してしまったり、お相手の理想を正直に書いてしまったりすることはNG!
読んでくれるお相手を思いやった文章を作成しましょう。

婚活で成功する人の特徴は?

 (4273)

ここまで、婚活で失敗した人の体験談や、失敗してしまう原因・ポイントを解説してきました。

「じゃあ、どんな人が婚活で成功するの?」と疑問に感じる方も多いでしょう。ここからは、婚活で成功する人の特徴を詳しく解説します。ぜひチェックしてくださいね!

ポジティブ

婚活ではポジティブな心構えが非常に重要です。

臆病でネガティブな気持ちから、なかなか前に進めない方も多いでしょう。しかし、婚活において受け身になってしまっては、素敵なお相手と出会うことができません。

自分の婚活は、自分自身で切り開くことが大切です。一度の失敗も自分を成長させるステップだと捉え、前に進んでいきましょう。

ここで注意したいのは、ポジティブシンキングは開き直ることではないという点です。婚活に失敗した際、「相手が見る目なかったんだな。次!」と開き直ってしまう方がいます。

しかし、それでは自分の成長を期待することはできません。婚活の失敗は必ず双方に非があると思っておきましょう。そして、失敗した際は何がいけなかったのかを分析し、次に活かすことが重要です。

これこそが、真のポジティブだと言えます。

思いやり・尊重の心を持っている

婚活において忘れがちなのは、お相手に対する尊重の心です。これは、婚活が成功した後でも必要とされる要素と言えます。

婚活をする人のうち、自分の要望を叶えようと自己中心的になってしまう人は少なくありません。しかし、自分の要望ばかりでは、結婚をすることは難しいと言えます。

お相手を思いやり、尊重できる人は、誰から見ても魅力的な人です。これまで、思いやりを持てなかった方も、この機会に「相手を思いやること」を意識してみましょう。

思いやりや尊重は必ず自分へ帰ってきます。自己中心的な心を捨て、お相手と歩み寄ることを大切にしてくださいね。

自分磨きを忘れない

相手に何かを求めるのであれば、自分が努力を怠ってはいけません。

魅力的な人は、自分磨きを忘れないものです。理想のお相手と出会うためには、自分自身をより良くしようという心がけが大切です。

理想の自分像を持ち、理想に近づくために日々努力をしましょう。

自分磨きを続けている人は、自然と心持ちまで美しくなります。婚活において魅力的な部分をたくさん見せることができるよう、自分磨きに力を入れてみてはいかがでしょうか。

婚活で失敗しないためには

 (4275)

このようなお悩みはありませんか?

✔︎婚活に失敗してばかりだけど、何がだめなのか分からない
✔︎婚活がうまく進まず、心が折れてしまいそう
✔︎婚活について気軽に相談できる人はいないのかな?
✔︎まずは話を聞いてほしい
✔︎改善策やノウハウを学べる場所はないのかな?

婚活がうまく行かない人必見!
婚活のノウハウは、すぐに身に付くものではありません。自己分析をするためにも、まずはプロに相談することが大切です。

自分のダメな部分や改善策を知り、婚活をうまく進めるための知識を身につけましょう。
お悩み解決はLINEから気軽にできます!

この記事のキュレーター