結婚相談所の選び方を徹底解説!

結婚相談所の選び方
結婚相談所は費用も高いですし、選び方は絶対に失敗したくないですよね。

ですが初めて結婚相談所というものに触れる人にとっては、選び方はおろか結婚相談所のシステムすらよくわからない…と悩み・問題が出てくるものです。

システムや自分に向いているのかなどがわからなければ、選び方で困るのも当然です。

そこで今回は、結婚相談所とはどんなところなのか、どんな人に向いているのかという点にも触れながら、失敗しないための選び方のポイントを解説していきたいと思います。

選び方をチェックする前に!そもそも結婚相談所とは?

 (3158)

結婚相談所とはどういった場所なのか、概要がいまいちわからないという人は意外と多いのではないでしょうか。

まずは結婚相談所の概要やシステムを整理していきましょう。

結婚相談所とは、結婚相手を探している婚活中の人が利用し、自分の担当コンシェルジュ(アドバイザー)に、条件のぴったり合うおすすめの異性を紹介してもらう場所になります。

結婚相談所を通じて出会った二人は、まずコンシェルジュの仲介のもとお見合いをし、お互いに相手を気に入れば、結婚を前提に真剣交際がスタートします。

そして交際期間を経て、実際に結婚に至るという流れになります。

なかなか結婚相手が見つからないという人や婚活に自信が持てないという人は、この結婚相談所に登録をして、コンシェルジュに相手を紹介してもらいます。

コンシェルジュはお見合いの際の会話の内容や服装など、その他のデートの約束の取り付けなど、会員の婚活をとにかくフルサポートをしてくれるのが特徴的です(※サポート内容やサポートする範囲は結婚相談所によって違います)。

結婚相談所のメリット

結婚相談所のメリットは、言うまでもなく婚活から結婚に至るまでのサポートが手厚いところです。

結婚の条件にこだわりたい人、結婚はしたいが異性と話すのが苦手な人、出会いがなくて困っている人など、婚活に対して悩みを抱えているあらゆるタイプの人に寄り添ってくれるのは結婚相談所の大きな強みなります。

結婚相談所のデメリット

結婚相談所のデメリットは、サポートがしっかりしている分、料金が割高になりやすいところです。

婚活サービスといえばほかに婚活パーティーやマッチングアプリ(婚活サイト)などがあげられますが、これらのサービスは結婚相談所ほどサポートが手厚くない分料金は比較的リーズナブルです。

しかし結婚相談所の場合は、入会費から月会費、最終的な成婚料まで含めると、1年活動したとしてトータルで30万円~50万円かかってくることも珍しくありません。決して安いとは言えないですよね。

失敗しない選び方をすることが大切、と言われるのも頷けるでしょう。

結婚相談所の利用が向いている人とは

簡単に言ってしまえば、上のメリットとデメリットを照らし合わせたうえで、それでも結婚相談所のサポートの充実度に魅力を感じた人です。

やはり費用の高さは一番のネックになるポイントなので、入会する際は慎重に考えるべきでしょう。

ただ、それでも結婚相談所の出会いやすさやサポートの手厚さは大きなメリットになります。

婚活や結婚に対して不安や悩みを抱えている人は、費用面についてはよく考えつつ、結婚相談所の利用をぜひ考えていきたいところです。

結婚相談所の選び方を徹底解説

 (3159)

ではここからは、実際に結婚相談所の選び方のポイントを見ていきたいと思います。

初めて結婚相談所を利用する際は、ぜひ以下の選び方を意識して入会する結婚相談所を決めていきましょう。

出会い方やサポート内容で選ぶ

結婚相談所のおおまかな概要については最初に触れてきましたが、結婚相談所の選び方を考える際には、もっと具体的なポイントについて理解を深めていく必要があります。

結婚相談所での出会い方は、主に以下の2つに分かれます。

●コンシェルジュが仲人を務める
●データマッチング


ではそれぞれの特徴を見ていきましょう。

コンシェルジュが仲人を務める

コンシェルジュが仲人を務める場合は、最初に触れてきたように、担当コンシェルジュが仲介するかたちで異性会員を紹介してくれるようになっています。

どのような相手が良いのか、条件の詳しいヒアリングはもちろんのこと、相手との会話内容やお見合いの進め方などを徹底的にサポートしてくれるのがやはり強みです。

異性と話すのが苦手、婚活が全然うまくいかなくて困っているなど、結婚に対する不安や悩みが多い人は、サポートが充実している仲人型の結婚相談所を選ぶのがおすすめです。

データマッチング

データマッチングは、少しライトなかたちの結婚相談所と解釈しておくと良いかもしれません。

データマッチング型の結婚相談所には基本的に担当者はつかないため、自分で専用サイトを通じて、条件に合った異性会員を探していきます。

自分で自由に相手を探していけるため、選択肢が広がりやすいというメリットはありますが、コミュニケーションに不安のある人にはうまく使いこなせないかもしれないというデメリットがあります。

いわゆる婚活サイトやマッチングアプリと多少似たところはありますが、データマッチング型の結婚相談所の場合は、しっかり会員に対して入会審査を行っているため、身分の怪しい人や既婚者などに遭遇する心配がないというのが魅力的です。

自分で条件を考えながら相手を探したいというタイプの人には、データマッチング型の結婚相談所の方が向いているといえるでしょう。

データマッチング+仲人型という複合型も

結婚相談所によっては、データマッチングと担当者のサポート両方が利用できる場合もあります。

基本的にはデータマッチングで相手を探しつつ、困ったときは担当コンシェルジュに相談できる……といったようなかたちですね。

結婚相談所はどのようなサポート内容になるのかによって、それぞれ利用コースを分けていることが多いです。

自分にはどのコースが向いているのか、しっかり判断して決めていきたいところですね。

費用・料金で選ぶ

費用や料金で選んでいくという方法もあります。

コース料金の高い結婚相談所は、担当コンシェルジュによるサポートが非常に充実している傾向にあり、逆にコース料金がリーズナブルなところは、データマッチング型を導入していて比較的自由度の高い婚活ができる場合が多いです。

データマッチング型の結婚相談所の場合は、1年活動したときの費用は30万円以下に収まることも多いです。

しかし仲人型の場合は、50万円を超えることも出てくるため、なるべく費用をリーズナブルに抑えたいときは、データマッチング型の結婚相談所を中心に探してみると良いでしょう。

実績や会員数、知名度で選ぶ

結婚相談所の選び方としては、実績や会員数、知名度などに注目していくのもおすすめです。

成婚退会している会員数の多い結婚相談所はやはり信頼が持てますし、会員数が多いところは出会いやすさにもつながってきます。

結婚の条件をたくさんこだわりたい人でも、ぴったり合う相手が見つかる可能性があります。

また、知名度の高い結婚相談所は大手企業が運営しているため、コンシェルジュへの教育がしっかりしている可能性にも期待ができます。

無料相談を経て入会する結婚相談所を選ぶ

結婚相談所に入会するときは、無料相談や無料体験を経てから入会するかどうかを決めるのがおすすめです。

実際にデータマッチングを体験できる結婚相談所もあれば、無料相談の段階で、コンシェルジュがかなり具体的に結婚についてカウンセリングを行ってくれるところもあります。

結婚相談所に入会することは費用的に決して気軽なものではないため、まずは初回の相談で目当ての結婚相談所を訪れたうえで、じっくり決めていきましょう。

まとめ

結婚相談所の選び方のポイントを理解するうえで重要なのは、結婚相談所の仕組みをまず知ることです。

結婚相談所はサポート内容や異性会員との出会い方などにおいてさまざまな違いがあり、サポートが手厚くなればなるほど料金も高くなる傾向にあります。

自分の一生を左右する結婚ですから、そのサポートをしてくれる結婚相談所はしっかり厳選して自分に合ったところを見つけたいですね。

出会い方、費用、実績、その他のサポート内容など、さまざまな点に目を向けて、後悔しない結婚相談所の選び方を心がけていきましょう。