男性が結婚できる年齢はいくつがベスト?ピークを過ぎた後の現実とは?

お役立ち情報
「結婚したいと思っているけど、何歳がベストなんだろう?」と考えたことはありませんか?
今回は男性が結婚できるベストな年齢とピークを過ぎたあとの現実について解説します。

今お付き合いしているお相手の結婚を考えている人、そろそろ真剣にお相手を探したい人はぜひこの記事を参考にしてみてください。
「結婚したいと思っているけど、何歳がベストなんだろう?」と考えたことはありませんか?
今回は男性が結婚できるベストな年齢とピークを過ぎたあとの現実について解説します。

今お付き合いしているお相手の結婚を考えている人、そろそろ真剣にお相手を探したい人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

男性の結婚適齢期は何歳がベスト?

 (5125)

女性の結婚適齢期はよく耳にしますが、男性の結婚適齢期は何歳がベストなのでしょうか?
2020年厚生労働省「人口動態調査」で男性の結婚年齢と全体における割合を見てみましょう。

男性の結婚年齢(初婚+再婚)と全体における割合

【男性の結婚年齢(初婚+再婚)と全体における割合】

20~24歳 11%
25~29歳 33%
30~34歳 23%
35~39歳 14%
40~44歳 8%
45~49歳 5%
50~54歳 3%
55歳以上、19歳以下 2%
人口動態調査|厚生労働省

男性の結婚年では、25歳~29歳で最も多くの男性が結婚しており、20代男性で見ても全体の4割以上を占めています。
次に初婚年齢の割合を見てみましょう。

男性の初婚年齢と全体における割合

【男性の初婚年齢と全体における割合】

20~24歳 14%
25~29歳 40%
30~34歳 25%
35~39歳 12%
40~44歳 5%
45~49歳 0.7%
50~54歳 0.2%
55歳以上、19歳以下 2%
人口動態調査|厚生労働省

25歳~29歳で初婚を迎える男性が、全体の45%となっており、1番多いことがわかります。
次に多いのは30歳〜34歳の21%、30代後半で9%、40代前半で3%と、年齢が上がるごとに初婚の割合はどんどん低くなっています。
このことから、男性の結婚適齢期は20代と言えるでしょう。

結婚の適齢期は人によっても変わる?

 (5126)

男性の結婚適齢期は20代だとお伝えしましたが、必ずしも20代を過ぎてしまったら結婚できないと言うわけではありません。

20代の頃は仕事に打ち込んでいたり、プライベートな事情で結婚は考えていなかったという人もいるため、結婚適齢期は人によって異なるという側面もあります。
「結婚したいと思った時が自分の適齢期」と考えて、婚活を始めるのがおすすめです。

年齢が上がるほど結婚できる割合が少なくなるのは先程のデータからもわかりますが40代の男性でも婚活に成功している人も一定数います。
婚活は「本気で結婚したいという気持ち」と「年齢に合った相手を探す」ことが重要なポイントです。

この2つを抑えることで、20代という一般的な結婚適齢期を過ぎても結婚することが可能です。

しかし年齢が上がることで結婚のハードルが上がっていくのも事実なので、結婚したいと感じたら早めに婚活を始めると良いでしょう。

男性の年齢が上がると結婚のハードルも上がる理由

 (5127)

出産や子育ての関係から女性では20代が結婚適齢年齢とよく言いますが、一方男性の結婚適齢年齢についてはあまり聞くことがないでしょう。

そのため「まだ焦らなくても大丈夫」と考える男性は少なくありません。しかし男性も女性と同様に、年齢が上がると結婚のハードルは上がります。

女性から結婚対象として見られなくなる

年齢が上がるにつれて結婚できる割合が少なくなる理由は、女性から結婚対象として見られなくなるからです。

顔が自分好み、経済力があるなど、女性に向けた大きなアピールポイントがある場合は別ですが、そういったものが特にない場合、女性は35歳以上の男性を選ぶことは少ないでしょう。

結婚は男性、女性ともに年齢の若い方が有利ということを覚えておきましょう。

年の差婚で価値観の違いを感じる

近年、年の差婚が増えてきています。芸能人の結婚ニュースでもよく耳にしますよね。
年の差婚は価値観の違いを感じやすい傾向にあります。

私も実際に5つ年上のお相手とお付き合いしたことがありましたが、ちょっとしたことでジェネレージョンギャップや年齢から来る価値観の違いを感じたことがありました。

年の差婚は一回りほど離れた方とお付き合いするパターンもあるので結婚する前に価値観の違いで上手く行かないことが出てくるかもしれません。

高年齢には高ステータスを求められる

年齢の高い男性は高収入ではない場合、婚活成功へのハードルがかなり高くなります。
20代〜30代なら、一般的な年収の300万前後であれば問題ありません。しかし40代なら450万以上、50代なら600万以上の年収が求められることが多いです。

実際の婚活市場でも、上記の年収を求める女性は多い傾向にあります。
この条件を満たしている男性であれば問題ありませんが、そうでない場合はやはり若い男性のほうが有利になってしまうと言えるでしょう。

タイプ別!男性におすすめの婚活方法

 (5128)

実際に婚活を始めたいと感じてもどのように行動したらいいのだろう…と悩んでしまいますよね。

実は婚活にはたくさんの方法、種類があり、タイプや目的によっておすすめの婚活方法も変わってきます。
タイプ別におすすめの婚活方法を紹介しますので、あなたに合った方法でぜひ婚活を成功させてください!

仕事や趣味に忙しい男性

「仕事が忙しくて婚活に時間を割けない」「趣味の時間を大切にしたい」というタイプは結婚相談所がおすすめ。
結婚相談所には、2つのタイプがあり、コンピューターで会員情報を管理するデータマッチング型結婚相談所と、仲人がサポートする仲人型結婚相談所があります。

データマッチング型結婚相談所は自分が主体で婚活を進めなければいけないので、このタイプには少し面倒かもしれません。
一方、仲人型結婚相談所は日時や場所指定はもちろん、お相手の気持ちも担当者が聞いてくれるます。そのため仕事や趣味に忙しい男性でも無理なく婚活をすることができるでしょう。
気になる人は下記から相談してみてください。

いろいろな女性と会って感覚で決めたい男性

いろいろな女性と会話を楽しみたい、自分の感覚を大切にしたいタイプは街コンや婚活パーティーがおすすめ。

街コンや婚活パーティーは多くの女性と出会える場所のため、自分の感覚を大事にしてお相手を選びたいと考えている男性にとってはぴったりです。

ただし40代以上の場合は、街コンや婚活パーティーへの参加自体が難しくなるので注意が必要でしょう。
街コンや婚活パーティーは年齢制限を設けているところも多く、20代〜30代がメインターゲットになっているからです。

40代以上が対象年齢の街コンや婚活パーティーもあるので、自分の年齢に合わせて参加してみましょう!

婚活に費用をかけたくない男性

費用をかけたくないタイプは婚活アプリがおすすめ。
お相手に会うまでに時間がかかることがほとんどなので、時間に余裕がある人向けの婚活方法と言えるでしょう。

また、会うまでにお相手と音信不通になったり、当日ドタキャンされたりすることも多いので、効率的に婚活したい場合は向いていません。
婚活アプリに適している年齢は20代~30代が多いので、40代以上の人は他の婚活方法を探してみましょう。

短期間で結婚相手を見つけたい男性

短期間で結婚したいタイプは結婚相談所がぴったりです。

結婚相談所は費用がかかるため、本気で結婚を考えている方しか登録していません。そのため短期間でも濃い交際をすることができます。

さらに入会時には身分証明書の提出が必要なため安心して交際結婚前提で安心して交際ができるでしょう。
下記からも無料で相談ができますので、まずは気軽に相談をしてみてくださいね。

異性との交際経験が少ない男性

女性との交際経験が少ないタイプも結婚相談所がぴったりです。
中でも手厚いサポートが魅力の「仲人型結婚相談所」なら、お見合いから結婚まで仲人がアドバイスをしてくれます。

そのため交際経験が少ない男性でも、安心して婚活を進めることができるでしょう。
無料相談もできますので、ぜひご相談ください。

まとめ

 (5129)

この記事では男性が結婚できるベストな年齢と、ピークを過ぎたあとの現実について解説しました。
「結婚したい!」と感じたタイミングが、あなたが行動を起こすときです。

今回お伝えしたことも参考にして、ぜひ婚活を成功させてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。