婚活お役立ち情報

シニア婚活のお見合いで大切なのは○○?シニアお見合いで大切なこと


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/zenchuren/zenchuren.co.jp/public_html/wp-content/themes/zenchuren/single-konkatsuinfo.php on line 63

シニア婚活のお見合いで大切なのは○○?シニアお見合いで大切なこと

シニア婚活のお見合いで大切なのは○○?シニアお見合いで大切なこと

シニア婚活のお見合いでよく聞く悩みが「何を話したら良いかわからない」と言う悩みです。

初対面の2人がお互いをわからない中で話すため、これは自然なことです。

しかし、せっかくお見合いという、縁があったわけですから、楽しいと思えるひと時を作りたいものです。

今回はニア婚活のお見合いで大切なポイントをいくつか紹介します。

この記事を参考にお見合いを有意義なものにしましょう。

初めての挨拶を軽く考えない

シニアのお見合いで知らない2人が初めて会う時、最も重要な事が最初の挨拶と言われています。

特に、第一印象は最初の7秒で全て決まる、とも言われています。

この7秒が上手くいかなければ、2回目は無いのです。

お見合いで2回目が無いということは、次の関係に発展しないということです。

この「初めての挨拶」を軽い感覚でいくと、いつまでも次につながらず何度も同じことを繰り返すことになります。

第一印象を良くしておけば、その後の会話が多少上手くいかない場合でも次回のチャンスが芽生える可能性が高まります。

まず、この「初めての挨拶」を成功に導く事を重視して、お見合いの準備を進めてください。

清潔感のある、身なりを心がける

会話と直接の関係は薄いと思われていますが、例えばビジネスを行う上でも、取引相手に与える清潔感は重要なものです。

それだけで、相手と話してみたいと男性女性に関わらず、思うはずです。

しかし、清潔感も男性と女性では求めるものが少し違ってきます。

女性が男性に求める清潔感は髪の毛をとかす、ヒゲを剃るなどの他に、清潔感のある服を着る事です。

これはブランドに拘らなくても、洗いたてでシワの無い服を着る事やサイズが自身に合っている事だけで相手に好印象を与える事ができます。

何を着たら良いかわからない方はシンプルなものを着る事を心がけると、良いでしょう。

また、服装以外には「姿勢が良い」「マナーが良い」「さわやかな性格」も清潔感を女性に与える重要なポイントになる事を理解しておきましょう。

印象美人を心がける

印象美人を心がける

女性の場合、清潔感のある身なりはほとんどの方が理解できているものです。

そのため、心がけることは立ち振る舞い相手に与える仕草に重点を置くのが望ましいです。

仕草を良くするための一つに「体を捻って物を拾う仕草」が重要とされています。

これは、和服を着た時に裾を気にする仕草に通じる動きです。

体を捻る仕草は体の曲線美が強調されます。

お見合いでは相手に向かって歩く姿だけでも相手に好印象を与える事が多くあります。

また、猫背、ガニ股で歩く事やドスドスと大きな足音を立てて歩く姿も女性の魅力を半減させるものです。

そして、目と目が合ってからのお辞儀も重要です。

視線の使い方も例えば相手が座っている時には、腰をかしげて、相手と同じ目線にすると、男性の緊張を和らげます。

さらに、女性は男性に対して、保護感情を芽生えさせることがと良い、と言われています。

両手でカップを持つ仕草など、男性が「守ってあげたい」気持ちを持たせることも大切です。

このような些細な動きが大切と言えます。

お見合い中の会話の席で気をつけること

最初の7秒をクリアしても、肝心の2人の会話が弾まないと、お見合いは成功しません。

会話で大切な事は「相手も自分も楽しめる会話を心がけること」です。

そのため、相手に不快感を与える姿勢では相手が楽しむ事はできません。

そこで重要なポイントは「相手の話を聞く姿勢」です。

これは背筋をしっかりと伸ばし、相手の目を見る事です。

姿勢を良くするためには腰骨を立てて、腹筋の力を入れると背筋が伸びて姿勢が良く見えてきます。

そして、相手の目を見て話す事ですが、どうしても相手の目を見るのが苦手という方も多いはずです。

しかし、初めての相手にとっては視線が合わないだけで、この先が心配に感じるものです。

そこで、相手と目を合わせることが苦手な方は、相手の眉間を見ると相手はそっぽを向かれている印象を抱きません。

最初の数秒だけ視線を合わせてそれ以外は眉間を見るとスムーズな視線と感じて、好印象を持つはずです。

最後の挨拶も重要

「終わり良ければ全て良し」という言葉があるように、お見合いの最後の挨拶も大切です。

最初の挨拶と同様にご自身の持つ誠実さを伝える事に重点を置き表現するだけで相手にその想いは伝わります。

お見合いの会話が上手くいかなかった場合でも、最後に良い印象を与えると成功する確率はアップします。

その理由は「口数が少ないけど優しい方なんだ」とか、「今日は緊張していたんだ。

今度ゆっくりと話してみたい」と相手に思ってもらう事ができるからです。

シニアのお見合いは若い世代と違い、たった1回のお見合いで相手の全てがわかるわけないとお互い思うものです。

そのため、気をつけたい事は縁が無いと感じた方に、気を使い「またお会いしたいです」と安易に言わない事です。

同様に相手から言われた同じ言葉を過度に期待しない事です。

お見合いの初回は相手に好印象と好意を与え、次につながる働きかけをする事です。

そのため、あまり社交辞令的にしないようにして、なるべくストレートに好意を伝えましょう。

その方がお見合いの最後の印象がお互いに断然良くなります。

なお、男性から女性に対して好意を伝える事が望ましいですが、好印象を持った時は女性からでもしっかりと自分の想いを伝えることが大切です。

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ