婚活お役立ち情報

今何回目?お見合いの平均回数と抑えるべきポイント

今何回目?お見合いの平均回数と抑えるべポイント

今何回目?お見合いの平均回数と抑えるべポイント

婚活の手段としてお見合いをする人も多いですが、そもそもお見合いは何回くらいするのが一般的なのでしょうか。

無事に成婚できるまで、何人と会えば良いのか気になる人もいるはずです。

勿論、お見合いも回数を行えばうまくいくわけではなく、ポイントを抑えた活動をすることが大切です。

成婚に至る平均的なお見合い回数と、抑えるべきポイントについて解説します。

婚活診断テストバナ-2

年齢や性別によっても多少異なるお見合いの平均回数

年齢や性別によっても多少異なるお見合いの平均回数

お見合いの回数は、婚活者の年齢や性別によっても異なってきます。

やはり年を取るにつれて、ゴールインするまでたくさんの人数と会う必要が出てくると言えるでしょう。

統計を見てみると、30代の男性は平均20回、30代の女性で平均15回程度です。

40代になると、男性は25回以上お見合いをしている人が多いです。

女性は16回程度で、女性は年齢ではあまり変わらないとは言え、やはり焦りもありお見合いの回数はやや増えてくる傾向にあります。

20代では男女共に、10回前後が目安です。

どうしても年を取るにつれて、理想のお見合い相手の人数が減ってくることは否めません。

条件をクリアしていない相手でも妥協してお見合いをする人もいますが、その場合はやはりうまくいかないケースが目立ちます。

この結果から見ても、やはり婚活やお見合いはできるだけ早い時期からスタートさせるほうが良いと言えるでしょう。

若くして余裕を持ってお見合いをすることで、焦らずにじっくりと相手探しをすることができます。

けれども40代やシニア世代になっても、ポイントを抑えてお見合いすれば、成功しやすいのも事実です。

お見合いは第一印象が大きなポイントに!

お見合いは第一印象が大きなポイントに!

お見合いは、初対面の男女が顔を合わせる場です。

何と言っても、お互いの第一印象が鍵を握ります。

お見合いを成功させる大きなポイントとして、身だしなみと笑顔は非常に重要と言えるでしょう。

お見合いにふさわしいスタイルは、男性はスーツ姿、女性は上品なワンピースなどが挙げられます。

堅苦し過ぎるのもよくありませんが、カジュアル過ぎたり派手過ぎたりするファッションは控えたいものです。

見た目に清潔感を感じる服装が好ましいです。

また、意外と見られているのが足元です。

汚れていない品の良い靴を履くようにしましょう。

身だしなみは服装だけでなく、ヘアスタイルやメイクにも気配りすることが大事です。

特にイケメンや美人でなくとも、おしゃれな髪型にするだけで素敵な雰囲気に映ることは多いです。

自分に似合う髪型を美容師に相談すると良いでしょう。

女性は厚化粧は避けて、健康的なナチュラルメイクを心がけるようにします。

とにかく意識したいのが、笑顔です。

男性は人見知りする人でも笑顔を忘れなければ、さわやかで誠実な人だと見てもらえます。

女性は可愛らしく愛想良い印象を持ってもらうためにも、笑顔は必須です。

清潔な身だしなみと笑顔は、お見合いの基本なのです。

自己アピールとコミュニケーションの取り方ポイント

自己アピールとコミュニケーションの取り方ポイント

お見合いは自分をいかにアピールできるかも重要なポイントとなります。

とは言え、初対面というシチュエーションのために緊張して思うように話せない人も多いものです。

緊張しやすい人や人見知りの性格の人は、事前に自分の性格の長所やアピールしたい点について箇条書きに書き出してみましょう。

整理してまとめておけば、いざというときにパニックにならずに済みます。

特技や頑張っていること、これだけは相手に伝えておきたいことを作文にして、事前に一度読んでおくと安心です。

お見合いでは、相手と会話が弾めば展開もスムーズにいきます。

コミュニケーションを取るのが苦手という人は、盛り上がりやすい話題を持ち出してみましょう。

例えば趣味の話や好きな食べ物、休日の過ごし方などは男女共に話しやすいです。

二人の間に共通点が見つかれば、自然と場も盛り上がり会話のキャッチボールがうまくいきます。

また、答えやすい内容の質問を投げかけてみるのも、沈黙にならないコツです。

「僕はとても甘党なんですが、スイーツは好きですか?」などと話しかけてみましょう。

そこからおすすめのお店など話題がどんどん広がる可能性があります。

無口な人はどうしても、愛想が悪いと思われがちです。

無口な人こそ笑顔を忘れないようにしましょう。

初デートの誘い方ポイント

初デートの誘い方ポイント

お見合いでは、気に入った相手ならば次のデートへと結びつけることが必要です。

上手にデートに誘うテクニックも身に付けていきましょう。

リードするのは男性側であることが理想的です。

男性が女性を誘う場合、しつこくなくさり気なく声をかけることが大切です。

そしてしっかりと日時も決めてしまいましょう。

曖昧な約束は果たされないこともあります。

「また食事にでもご一緒したいです。次の〇日は、ご都合いかがですか?」というように、自分の意思と具体的な日時の提案をします。

そして、自分の連絡先もきちんと知らせることも忘れてはいけません。

あくまでも、空気を読みながら自己中心的にならないように話を進めていきましょう。

連絡先の交換ができてデートの約束もうまくいったなら、後はデートに備えて二人の絆をゆっくりと深めていけば大丈夫です。

勿論、次のデートまでメールやLINEや電話などでやり取りを上手にすることも大切です。

連絡の頻度は、多いのでも少ないのでもなく相手と同じペースにすることがポイントです。

相手の負担にならないように気を遣うことで、気配りのできる人だと思ってもらえます。

また、デートのスケジュールもしっかり立てていきましょう。

人気のお店は予約をしておくこともお忘れなく。

堅実なお見合いで成婚率を高めましょう

このように、お見合いは年齢と共に回数も増えて、30代~40代の男女の平均お見合い回数は20回前後ということが分かりました。

しかしながらお見合いは、数打てば当たるというわけでもありません。

何人もと会うのは勿論お金も時間もかかりますし、うまくいかないことが続くと誰しも疲れてしまいます。

だいたい、お見合いを始めて1年半~2年ほどで無事に成婚する人が多いと言えます。

前向きな気持ちで出会いを探すことは大切ですが、時には休憩も入れながら、焦らずに自分のペースで楽しみながらお見合いしましょう。

ただがむしゃらに相手と会うのではなく、上に述べたようなポイントを抑えた堅実なお見合いをすることが重要と言えます。

数を経験することで、お見合いの仕方も勉強していきたいものです。

堅実なお見合いで、素敵な人とのゴールインも夢ではないのです。

婚活診断テストバナ-2
03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ