婚活お役立ち情報

メリットばかり?お見合いにおける仲人の役割について

お見合いでは「仲人」という役割を立てるのが定番でした。しかし、現代では仲人を頼まず、当人の男女だけでお見合いを行う人たちも増えています。

それでも、仲人がいると当人達の心強い味方になってくれるはずです。この記事では、仲人の役割とメリット、頼み方について解説します。

仲人は何をする人?どうして必要なのか

メリットばかり?お見合いにおける仲人の役割について

かつて、お見合いをするには、男女の両家と接点があり信頼されている人物に仲人を頼むのが常識とされていました。両家にお見合い相手を紹介し、出会いの機会を調整する役割が「仲人」です。仲人を頼まれるということは、人間的にも、社会的地位の面でも尊敬されている証なので名誉なことでした。

仲人はお見合いにも立会い、2人が円滑にやりとりできるよう協力してくれます。そして、お見合いが成功し、結婚に向けて動き出してからもアドバイザーとして頼れる存在となっていました。

仲人が必要とされてきたのは、今と違い出会いのチャンスが少ない時代があったからです。そのため、顔の広い年長者に仲人をお願いし、お見合いをセッティングしてもらうのはごく普通の習慣でした。

また、お見合いから結婚にいたるまでの間で仲人を務めてくれた人には「証人」としての意味もありました。世間から一目置かれている人物が仲人に立ってくれると、結婚の価値が高まるとされてきたのです。日本独自の文化として、仲人は昭和の時代までは、一般的な風習として継続されていました。

仲人はどうしても頼まなければいけない?デメリットはあるのか

昔は当然のようにお見合いをセッティングしてきた仲人ですが、平成の世になってからは「欠かせない存在」とはいえなくなってきました。その背景には、「お見合い結婚率」の低下が挙げられます。

男女の家族も関わって、お見合いの準備を進めていく伝統的な価値観は、徐々に少数派となっていきました。一方で、恋愛結婚や、そもそも「結婚をしない」という選択肢も広がったため、仲人を依頼する機会が失われつつあるのです。

仲人に代わる役割が登場したことも大きいでしょう。たとえば、結婚相談所や婚活アプリなどを利用すれば、ごく気軽にパートナー候補と出会えます。婚活パーティー、街コンといったイベントも毎週のように開催されており、本人がその気になれば異性と出会える場所は数多くある時代となりました。そのうえ、仲人を立てて、当人たちのやり方にいろいろと干渉されたくないという人少なくありません。

地域社会のつながりが弱くなるにしたがい、仲人に相応しいような「顔役」も姿を消しつつあります。かつてのような、お見合いから結婚までを中心となって取り仕切ってくれる仲人は、稀有な存在だといえます。

仲人にもメリットはある!人生の先輩に頼んでみよう

数でいうと少なくなりつつありますが、それでも仲人というシステムのメリットは消えたわけではありません。特に、お見合いに興味がある人は仲人を立てておくのが得策です。

たとえば、仲人がいるとお見合い相手の身元を保証してくれます。仲人には「他人の結婚を成功させなければいけない」という重い責任がのしかかっています。そのため、適切でない人間を無理に紹介するようなことは、まずありません。経済面や性格面などで、どこに出しても恥ずかしくない相手を紹介してくれます。後ろめたい経歴があるような人物も、仲人が間に入れば避けられるでしょう。

また、長きにわたって2人の味方になってくれる人間ができる点も大きなメリットです。仲人の仕事は、お見合いが終わってからも続きます。男女ともに、結婚に関する悩みが生まれた場合、仲人に相談できるようになります。直接相手に言えないことも、家族にさえ打ち明けられない本音も、仲人になら話せる場合があるでしょう。

結婚について男女の家族同士が対立してしまったときも、仲人は治めるために尽力してくれます。

仲人にも種類がある?どんな形で頼むべきか

一言で「仲人」といっても、役割は多岐にわたります。「仲人をお願いします」と頼みに行くときは、どんな形で引き受けてほしいのかをしっかり説明できるようにしておきましょう。

仲人の種類には大きく分けて、「頼まれ仲人」と「引き合わせ仲人」があります。頼まれ仲人は、お見合いや結婚のために主に名義を貸す役割です。社会的地位の高い人物や、お世話になった人物に頼むことが多く、結婚式に仲人として出席する以外、実質的な仕事はほとんどないケースも少なくありません。ただ、その人が仲人を務めてくれることで周囲が結婚を祝福しやすくなる効果が生まれます。

一方、引き合わせ仲人は、結婚までのプロセスを総合的に見守ってもらう役割です。お見合いのときは相手を探してもらい、両家の調整役に入ってもらいます。結婚の際にも、披露宴や夫婦生活の相談ができる貴重な存在になってくれる場合もあります。ただし、引き合わせ仲人は親身になってくれる相手でなければ務まりません。いくら地位や名誉のある人でも、交流が薄い人に頼むのは賢明ではないでしょう。

仲人の頼み方は?謝礼は必要なのか

信頼できる人物に心当たりがあり、仲人をお願いするときは直接足を運ぶのが礼儀です。このとき、菓子折りなどの丁寧なお土産を持参するようにしましょう。

そして、実際に仲人を引き受けてもらい、お見合いが終わったタイミングで謝礼金を渡すようにします。金額に決まりはありませんが、1~2万円が相場です。ただし、お見合いが成功した際には感謝を示すために5万円以上を包むこともあります。

そして、結納に招いたり、結婚式当日にも仲人にはスピーチをしてもらったりと、協力をお願いしなければいけません。結納では、結納金の1割ほどにあたる10~20万円とともに、「交通費(御車代)」、「御酒肴料」を渡します。交通費は実額よりもやや高い額、御酒肴料は1~2万円が相場です。そのうえ、手土産まで用意しておくのも大切なマナーです。

そして、結婚式当日にも交通費と一緒に御礼金をわたすと丁寧でしょう。御礼金はスピーチに対するものであり、やはり、1~2万円が相場です。仲人に支払う費用は安いものではありませんが、長きにわたって世話になると思えば十分な価値はあるでしょう。

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ