婚活お役立ち情報

男性必見!お見合い後のメールで好印象を持たせるコツ

男性必見!お見合い後のメールで好印象を持たせるコツ

男性必見!お見合い後のメールで好印象を持たせるコツ

お見合いをした後は、男性から女性にメールを送ることが一般的です。

そして、メールの内容によって女性側が抱く印象は変わってきます。

2人の関係を順調に進めていきたいなら、好感度の高いメールを送れるように意識しましょう。

この記事では、男性がお見合い後に送るメールで印象をよくするための工夫を解説していきます。

まずはお礼のメールを早く送るようにしよう

まずはお礼のメールを早く送るようにしよう

お見合いが終わったら、男性はなるべく早くお礼のメールを送るようにしましょう。

できれば、当日のうちに送るのが賢明です。

もしも帰りが遅くなったり、用事があったりして当日が無理だったとしても、翌日には送るのが礼儀といえるでしょう。

どうしてお礼のメールを早く送る必要があるのかというと、女性側の不安を取り除く必要があるからです。

お見合いの後、女性は「上手くいったかどうか」と不安になっています。

男性側に悪い印象を抱いていないなら、余計に相手の気持ちが知りたくなるでしょう。

お礼メールは単なる社交辞令ではなく、女性の心を落ち着かせる手段なのです。

そのため、お礼メールが遅れるほど女性の不安は大きくなり、男性への評価はさがっていきます。

女性の気持ちに鈍感な人間として記憶に刻まれるので、時間が経ってからメールを送っても挽回しにくくなるかもしれません。

また、お見合いが終わったあとに何の連絡もせずにいると、その間に女性は結婚相手としての男性のスペックを分析します。

すると、男性の小さな欠点が気にかかり始めることがあります。

女性が評価を下す前にメールを送って、印象をよくする努力をしておきましょう。

お礼メールでは頑張って長文を書く必要はありません。

「会えてよかった」「また会いたい」という2点が伝われば十分です。

時候の挨拶などがあってもいいものの、こだわりすぎて肝心な内容が隠れないようにしましょう。

男性から「関係を深めたい」と発信できて相手が応じてくれたなら、お礼メールは成功といえます。

いきなり「タメ口」は避ける!相手への敬意は忘れずに

いきなり「タメ口」は避ける!相手への敬意は忘れずに

お見合い後のメールでは相手との距離感が問われます。

スムーズに仲良くなろうと思って、くだけた調子で文章を作ってしまう男性もいるでしょう。

しかし、いわゆる「タメ口」を用いるのは注意が必要です。

特に、出会って間もない頃のタメ口はなれなれしく、失礼な印象を与えかねません。

お互いに了承があって文体を変えるならともかく、相手の気持ちがわからないうちは敬語を使うのが無難でしょう。

そして、メールもビジネスマナーに近いフォーマットを意識します。

かたくなりすぎる必要はないものの、距離感が急に近くなりすぎないよう意識しましょう。

具体的には、「名前に様をつける」「メールの最初に挨拶を入れる」「最後に署名をする」といった常識を守ることが重要です。

話題に関しても、テレビ番組や恋愛歴など、出会ったときに伝えられるようなものは相応しくありません。

お見合いには「結婚相手を見つける」という目的があります。

メールで何気ない話題を振っても、女性が「時間を無駄にしている」と思う可能性が出てくるでしょう。

デートの待ち合わせ時間やお互いの気持ちなど、必要性のある内容を中心に文面を作成するようにします。

そして、相手への敬意は常に示すのが肝心です。

冗談でも容姿や趣味を笑うような文章を送ってはいけません。

また、「あなたも僕が好きなはず」などと相手の気持ちを決めつけるような表現も控えましょう。

敬意を払ってくれない相手に対し、女性は心を閉ざしていきます。

相手の意思を尊重しながら、丁寧な文体でメールを考えましょう。

お見合いのメールではストレートな感情表現もOK

お見合いのメールではストレートな感情表現もOK

失礼な物言いでなければ、お見合い後のメールではストレートに思いを伝えることも重要です。

「好きになりました」「もっと関係を進めていきたい」とまで書いてしまってもいいでしょう。

こうした文言は、一般的な恋愛においては時間を置いてから送る場合が少なくありません。

また、あえてお互いの気持ちを伝えずに駆け引きを楽しみたい男女もいます。

しかし、お見合い後のメールでは、まわりくどいやりとりは印象を悪くする恐れがあるでしょう。

なぜなら、お見合いをしている時点で「早く結婚をしたい」と考えている男女が大半だからです。

相手からの気持ちが見えない場合、関係を切り上げようと思う女性も少なくありません。

逆に、男性からはっきりと意思を示されたほうが女性も安心します。

自然な出会いとは違うスピードでお見合い結婚は進んでいくと把握しておきましょう。

さらに、好印象を与えるコツとしては「好きになった理由」もはっきりさせることです。

ただ「好きです」「結婚したいです」と書くだけでは、真剣さが届きません。

誰が相手でも同じ内容を送るのではないかとさえ思われてしまいます。

しかし、「趣味が合うから」「笑顔が素敵だから」と理由が加わると説得力が増します。

「私もプロ野球が好きで、2人で観戦したいと盛り上がれたのはうれしかったです。共通の趣味のある方とお付き合いできたらうれしいと感じています」と、理由が具体的になるほど男性の本気は伝わりやすくなるでしょう。

文章は相手の気持ちを考えて!「気遣い」を表そう

文章は相手の気持ちを考えて!「気遣い」を表そう

メールでありがちな失敗が「強引な男性に思われてしまう」ことです。

当人にはまったくそんな意図がなくても、文章だけでは真意が見えにくくなってしまいます。

はっきりと思いやりを示さなければ、女性に好印象を与えられません。

お見合い後のメールでは「気遣い」を心がけましょう。

明確な文章で相手の都合を気にかけてあげると、「自分を大切にしてくれている」と思ってもらえます。

たとえば、デートの後で「楽しかったです」と書くだけでは男性側の思いを伝えているだけです。

悪いメールとまではいかないものの、女性によっては「自分のことばかり」と捉えかねません。

しかし、「遅くなって大丈夫でしたか」「ちゃんと帰れましたか」などの一文があるだけで思いやりのあるメールに変わります。

一方的な雰囲気が消え、女性も返事をしやすくなります。

また、メールを送る頻度や時間帯についても言及してみましょう。

「いつもお返事ありがとうございます。負担になっていませんか」という質問を投げかけてみるのは効果的です。

「夜遅くに返事をくれてありがとうございます」と、相手の行為にも素直な感謝を伝えましょう。

こうした気遣いの言葉で、急激に女性が男性を好きになってくれるというわけではありません。

それでも、積み重ねることで徐々に男性への好感度は高くなっていきます。

初めて会った直後だけ相手を気遣うのではなく、その後のやりとりでも継続して優しい文面を送り続けましょう。

気遣いが一貫していると、女性は結婚相手として好意的に考えてくれます。

さりげないテクニックでお見合い後の印象をよくする

さりげないテクニックでお見合い後の印象をよくする

お見合い後のメールでは何気ない表現、文章で好感度を高めることも可能です。

まず、相手の名前を文中に多く使うよう心がけましょう。

「あなた」というよそよそしい呼称より、名前を使ったほうが好意は伝わるからです。

また、苗字よりも下の名前で呼ぶと、距離が縮まりやすくなります。

ただし、ニックネームや呼び捨てはある程度距離が縮まってからにするのが得策です。

次に、「1通を短くする」ことです。

お見合い後のメールでは、相手を深く知りたくなって当然でしょう。

しかし、その結果として質問攻めにしたり、長文を何回も送ったりすると女性の負担になっていきます。

「長文に返さなくてはいけない」という思いがストレスに変われば、心が離れていく可能性すら出てくるでしょう。

メールでは、1通につき質問を1個だけにするのがコツです。

返しやすいメールなら相手も苦に思いません。

やりとりが続いていくとメールを楽しみにしてくれます。

そして、メールでできなかった質問はデートのときにとっておきましょう。

そのほか、「催促を工夫する」ことも大切です。

お見合い後のメールに返信がないと、催促をするのも厳禁ではありません。

相手がメールを見逃している場合などは、確認したほうがいいからです。

ただ、返信がないことを責めるような内容だと印象が悪くなります。「どうかしましたか?何か悪いことを書いてしまいましたか?」と、相手を思いやるメールを送りましょう。

そのうえで、「可能ならお返事をください」と添えるのが無難な方法です。

お見合いの成功はメールで左右される!礼儀正しく思いを伝えて

男女がお見合いをした後、関係を維持できるかはメールにかかっています。

男性からのメールが楽しみになってくると、女性が「関係を深めてもいい」と思ってくれる確率は高まります。

逆に、失礼なメールを送ったり、メール自体がなかったりすると関係は途切れてしまうでしょう。

お見合い後のメールではマナーを守りつつ、明確に「もっと一緒にいたい」という気持ちを伝えることが肝心です。

男性はメールで女性に好印象を与え、理想的な結婚に踏み切れるよう努力しましょう。

 

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ