婚活お役立ち情報

お見合い結婚は古い?お見合い結婚のメリット・デメリット

お見合い結婚は古い?お見合い結婚のメリット・デメリット

お見合い結婚は古い?お見合い結婚のメリット・デメリット

昔は近所や親戚から紹介された相手とお見合いをして結婚するのが普通でしたが、1960年代からは自由に恋愛をして恋人と結婚する恋愛結婚が主流になってきました。

現代ではあまり馴染みがないものになったお見合い結婚ですが、お見合いで結婚相手を決めるメリットとデメリット、そして現代のお見合い結婚事情について見ていきましょう。

 
婚活診断テストバナ-2

お見合いで結婚相手を決めるメリット

お見合いで結婚相手を決めるメリット

結婚相手をお見合いで決めるのには、実は様々なメリットがあります。

まず最も魅力と言えるのが、相手のスペックを全て知った上で結婚できるという点です。

恋愛結婚の場合は相手の事が好きで結婚したいという思いが強いため、将来の事を冷静に判断出来ず、多少疑問に思う事があっても結婚に突き進んでしまいがちです。

ですが、結婚後の生活はただ相手の事が好きな気持ちだけでは成り立ちません。

想像していたより収入が少なくて経済的に厳しい状況に陥ったり、相手の義両親との同居を強要されてつらい思いをする場合もあります。

お見合い結婚の場合は、相手の年収や家族構成などなかなか面と向かって聞きにくい情報も把握してから出会う事が出来るため、結婚後の「こんなはずでは無かった」と感じるリスクを減らす事が出来ます。

また、お見合いをして交際が始まった相手とは結婚までの期間も短く済むため、特に早く結婚したい人には理想的な方法です。

好きな人と大恋愛の末に結婚というパターンは憧れるものですが、結婚に至るまでには様々なプロセスがあります。

別れの危機を迎える事もあれば、交際相手に全く結婚の意思がないというパターンもあります。

自分はずっと結婚したいと思っているのに、途中で別れる事になったり、相手に結婚願望が無かった場合に受けるダメージは小さくありません。

その点、お見合いは最初から結婚相手の候補として出会えます。

実際に対面してお互いに印象が良ければ交際となり、後は結婚へと自然に話が進んでいくでしょう。

細かい条件も全て把握しているので、よほどの事が無い限り婚約破棄といった事態にもなりません。

「この人と結婚出来るのだろうか」と心配する必要もなく、安心して結婚までのプロセスを楽しめるのです。

お見合いした相手の条件面などはしっかり把握出来ている反面、結婚当初はまだ知らない事もたくさんあります。

好物は何か、普段はどんなテレビを観ているのかなど些細な事も結婚後にゆっくり知っていくことができます。

相手の事を知り尽くしている状態では新鮮味はあまりないですが、これからどんどん知っていく状況は楽しさもあります。

結婚後に仲を深めていくことになりますから、恋愛結婚における付き合い当初のような初々しい気持ちが味わえるのもお見合い結婚の楽しみの一つです。

お見合いする事のデメリット

お見合いする事のデメリット

お見合いにはメリットがある反面、デメリットに挙げられる部分もあります。

まず、お見合い結婚は恋愛結婚のように気持ちが盛り上がる可能性が少ないという点です。

恋愛中は相手の事を思って幸せな気持ちになったり、相手と連絡が取れないと不安でたまらなくなるなど様々なドキドキ感を味わう事になります。

出会った相手に特にマイナスに感じる部分が無ければ結婚を決めるというスタンスでお見合いに臨めば、特に相手に対して好きという気持ちが無くても結婚する事ができます。

もちろんお見合いをして好みのタイプに出会う事もあれば、結婚してからどんどん相手の事が好きになるケースもあるため、一概に盛り上がらない結婚とは言えません。

ですが、恋愛のハラハラドキドキ感を楽しみたい人には少し物足りなさを感じる可能性が高いでしょう。

また、お見合いでは年収や職業、学歴、家族構成などの相手の条件はわかっていますが、自分との相性が良いかまではわかりません。

お見合いの席では自分の事を良く見せようとお互い頑張りますし、わざわざ悪い部分をさらけ出すような事はしないので、相手の本来の姿を確認する事が難しくなります。

結婚後に「この人とは合わない」と感じる事はお互いをよく知っているはずの恋愛結婚でも起こる事ですから、お見合い結婚となると尚更その可能性は高くなります。

お皿の洗い方が違う、食べ方に不快感を感じるなど自分と合わない部分がたくさん出てきた場合に、それを受け入れる寛容さがないと結婚生活を継続させるのが難しくなるかもしれません。

そして、お見合いは断りにくいというデメリットがあります。

近所や親族が仲人として相手を紹介するパターンが多いですが、仲人は「結婚させたい」と思って話を持ち込んでくるため、当の本人は少なからずプレッシャーを感じるものです。

ただ人には好みがあり、話をした雰囲気で交際・結婚する気持ちが萎えてしまう事もあります。

お断りを入れると仲人の顔をつぶす事になるため、好みではないからとか合わないと思ったからという理由では気軽に断れない状況が考えられます。

また、思い切ってお断りの連絡を入れても、「もう一度だけ二人で会ってみてから決めて」と言われるケースもあり、一度引き受けたお見合い話はそれなりに覚悟を持って臨む必要があると言えます。

現代のお見合い事情

現代のお見合い事情

今も良い相手がいるからと知り合いから紹介される、昔ながらのお見合いスタイルは存在します。

ただ昔に比べると、その数は圧倒的に減少しています。

その代わりに誕生したのが、お見合いサービスです。

知り合いに紹介して貰うのではなく、お金を払ってお見合い相手を紹介して貰うサービスになっています。

結婚相談所が現代版のお見合いをサービスとして提供している訳ですが、費用はそれなりに高いのが現状です。

しかし、料金を払って相手を探しているので仲人に遠慮する必要はなく、合わないと思った相手には躊躇なくお断りが出来る点は大きなメリットです。

お見合いサービスの場合は、昔のお見合いよりもより自分の理想の相手に出会いやすいと言えます。

年収や職業、年齢、学歴、身長など細かく条件を設定して相手を探す事ができ、またお見合いの場所も結婚相談所の事務所の中やホテルの喫茶店などカジュアルな雰囲気で行われます。

印象が良ければ交際希望、悪ければお断りの返事を入れて、また次のお見合い相手を探していくだけです。

交際が始まれば、当然短期間で結婚が決まっていきます。

そもそも結婚相手を探したいと思って利用している人ばかりですから、結婚する意志があるのか迷う必要はありません。

このように確実かつ気軽に相手探しが出来るとあって、お見合いサービスを利用する人は増えてきています。

恋愛結婚とお見合い結婚、結局どちらが良いの?

恋愛結婚が良いのかお見合い結婚が良いのか、これはその人を取り巻く状況によって異なります。

交際中で好きな人がいるならばわざわざお見合いをする必要はなく、結婚願望はあるけれど良い人が現れるのを待っているだけなら、お見合いに踏み切っても良いかもしれません。

現代は恋愛結婚が主流になっているため、お見合い結婚となると堅苦しい、時代遅れのイメージを持たれるのではないかと心配する人もいますが、お見合い結婚にも様々なメリットがあり、幸せな結婚生活を送っている人もたくさんいます。

また、お互いの家族が納得した相手と結婚している、恋愛結婚のように相手に幻想を抱き過ぎないという理由から、恋愛結婚よりもお見合い結婚の方が離婚率が低いという報告もあります。

近年は晩婚化が問題になっており、生涯未婚率も増加傾向にあります。

草食系男子という言葉が誕生するほど異性に積極的にアプローチ出来ない人も増えており、昔より結婚しづらい時代だからこそ、再びお見合い結婚の人気が高まっていくかもしれません。


<<LINE登録でお役立ち情報や最新情報を手に入れましょう>>

友だち追加

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ