婚活お役立ち情報

ここが本番!お見合いで3回目のデートが重要な理由

ここが本番!お見合いで3回目のデートが重要な理由

ここが本番!お見合いで3回目のデートが重要な理由

お見合いで知り合った人とデートをしたら、勝負になるのは3回目です。

1回目は人としてどうか、2回目は異性として見られるか、そして3回目が自分のパートナーとしてどうかのジャッジがあります。

この記事では男女ともに、3回目のデートはどこへ行くべきか、何を話しておくべきか、3回目だからこそ注意するべき点を解説します。

婚活診断テストバナ-2

3回目に漕ぎ着けたということは…

3回目に漕ぎ着けたということは…

お見合いで知り合った相手とのデートとは、相手と恋愛関係を築けるかどうか判断するためのお試しのようなものです。

知り合った場所が職場などなら義理で応じてくれる可能性もありますが、お見合いで知り合った相手であれば、1〜2回目に違和感を覚えていればお断りされます。

3回目のデートに応じてくれたり誘ってくれたりした時点で、付き合えるかどうかという点では決定的ではないものの、相手は自分のことを嫌いではありません。

しかし、嫌われていないというだけで、お付き合いしてもいいと思えるか、それはこの3回目のデート次第なのです。

3回一緒にデートしている人というのは、非常に気になる存在になっています。

婚活やお見合いをしている人はだらだらと意味のない関係を続けることを好みません。

しかし3回目のデートで失敗すると恋愛対象外になることもあります。

告白は3回目がベストなタイミング?

告白は3回目がベストなタイミング?

1回目のデートはお互い緊張もしていますし、相手のことをよく知りません。

1回目のデートでは、相手と同じ空間にいて自分がどう感じるかを主に判断します。

話をしてみて、この人と合うかもしれないと思ったら2回目のデートにつながります。

2回目のデートでは、相手のことをよく知り、自分のことも相手に知ってもらう段階です。

1回目の時よりもプライベートや人生観に踏み込んだ話ができるでしょう。

そして、この人と付き合っていけるのか、確信を持てるのが3回目です。

2回目では早すぎるし4回目では遅すぎるということで、告白を3回目のデートの時にする人は多くいます。

特にお見合いや婚活といった場では、他の人とも競合していますので、3回目を過ぎても告白しないのであれば他の人に取られてしまう可能性も少なくありません。

また、迷っている段階であっても、相手から告白されたら付き合っても良いと考えている人は少なくありません。

3回目のデートの時は、ある程度人柄も知れているものの、友達になってしまうほど距離も詰まっていない時期です。

告白するならベストなタイミングと言えるでしょう。

3回目はどこでデートするか

3回目はどこでデートするか

デートの場所選びも重要です。

3回目のデートには、可能な限り丸一日費やしましょう。

1回目や2回目が食事だけだったり半日だったりしたら尚更です。

遊園地や水族館など、1日の大半をそこで過ごすことになるデートスポットがおすすめです。

なぜ一日必要かというと、短時間なら見えないような部分が、長時間になってくると見えてくることもあるからです。

一日がかりのデートともなれば、すべてがプラン通りにいくとは限りません。

諦めなければならないことも出てくるかも知れません。

そうした時に相手がどういう反応をするか見られますし、自分がどういう対処をするのか相手に見せられるのが肝です。

デートスポットは定番の場所がいいです。

告白されるのかという予感を与えられますので相手に心の準備をさせられます。

それに、定番の場所でデートすることで、二人が付き合った後の日々を連想してもらいやすいというメリットもあります。

こうした定番デートスポットは夜になると雰囲気がある場所も多く、告白するのに十分なムードが生まれます。

そして、3回目のデートに丸一日費やすことが難しいとしても、最低限1回目・2回目のデートと異なる内容にしましょう。

1回目から3回目までデート内容が全部「食事だけ」だと退屈ですし、付き合ってからも会って食事に行くことの繰り返しになりそうだと思わせてしまいます。

そうは言っても食事することは真剣に会話する時間を確保することにもつながりますので、食事の時間は確保しましょう。

1回目・2回目に食事しただけなのであれば、3回目は食事の他に、短時間でも楽しめるイベントをプラスしましょう。

ウインドウショッピングを挟むだけでも、食事だけの時とは印象が違います。

週末だと百貨店で小規模な展覧会などの催事をしていることもありますので、そういうところへ行くのも負担が少なくおすすめです。

デートの日に近隣で催しているイベントのチェックは欠かさないようにしましょう。

食事場所は少しだけ特別感のあるレストランを選ぶと、雰囲気があって告白もしやすいです。

3回目のデートで話しておくべきこと

3回目のデートで話しておくべきこと

婚活をしているのであれば将来設計や結婚に対する意欲、結婚後の仕事のことなど、結婚後のイメージを話題に出しておくことが望ましいです。

なぜなら相手も結婚相手を探しているのですから、結婚後の生活がどのようなものになるか具体的にイメージできる材料が欲しいと思っています。

詳しく話しすぎる必要はありませんが、結婚した後のことを想像できる話をお互いに共有しておくことで、結婚に対する前向きな姿勢を伝えられますし、万が一相手の持っている結婚観と合わなかった時も話し合いの余地が生まれます。

婚活で3回もデートしているのに、このような話題がまったく出ないと、相手を不安にさせてしまいます。

1・2回目のデートで済ませているのであれば必要ありませんが、恋愛の話もしておきましょう。

恋愛観の話やこれまでの恋の話は、相手が話したがっていなかったら話さなくても大丈夫です。

しかし、こういう話題を出すことで「友達感覚」になるのを防ぎます。

付き合っていく上で、相手のことを深く知るために今までより詳しい質問をしておくことも大切です。

また、聞きにくい話題で、どうしても確認したいことがあるのなら、それを確認するのも3回目のデート時が適切です。

もちろん聞き方によっては相手にナシだと思われてしまうかもしれませんので、くれぐれも聞き方には気をつけましょう。

こちらから聞きにくいことを聞くことで、相手もこちらに対して質問することに対するハードルが下がります。

お互いのことをよく知るためにも質問は惜しみなくしましょう。

質問したら、その答えに対するリアクションも忘れないようにしてください。

相槌だけ打って次の質問をすると、相手は尋問されているような気持ちになります。

相手に興味を持っていることを示すことが大切です。

気をつけたいのが、今まで会話した中に質問の答えがないかどうか。

また、お見合いで会う相手というのは事前にある程度のプロフィールが示されているものなので、そこですでに提示されていることを質問することも避けましょう。

話したことがあるのに覚えていないと思われると、自分に対する関心が低いのだと思われてしまいます。

1・2回目のデートで話したことは事前に復習しておきましょう。

3回目だからこそ気をつけたい点

3回目だからこそ気をつけたい点

1・2回目と比較して、ある程度慣れが生じてくるのが3回目のデートです。

慣れてくると、普段意識していない癖が出てくることがあります。

遅刻癖などはもってのほかですが、ことあるごとに時計やスマホを見たり、貧乏ゆすりをしたり食事中に肘をついたりするなど、緊張感が抜けてくるとマイナスイメージを与えてしまう些細な癖が出てきやすいです。

しかもこうした癖は自分では気が付きにくいので、知らないうちに相手を落胆させているかもしれません。

指摘されたことがある癖を持っている場合は気を抜かず、気がついたらすぐに止められるようにしましょう。

また、告白のタイミングは3回目が適切と言いましたが、必ずしも3回目に告白しなくてはならないわけではありません。

3回目で確信が持てなくてもう一度だけデートして確かめたいという場合には告白しなくて大丈夫です。

それでも、好意だけは匂わせておきましょう。

何も感じさせずに3回目のデートが終了すると、時間の無駄になると判断されて4回目のデートには応じてもらえない可能性があります。

そして、中には3回目のデートで付き合うかどうか決めるのは早すぎると感じる人もいます。

デート中気乗りしない様子だったり、軽いスキンシップも受け入れられないようであれば、告白しても望みは薄いでしょう。

こうした時も焦らず相手に応じた対応をするのが肝心です。

大事な3回目のデートを成功させましょう

お見合いで知り合った相手とデートを重ね、その相手と付き合いたいと思っているなら、できれば3回目のデートで告白しましょう。

3回目は、1・2回目のデートで悪い印象を持たれていないから応じてもらえているデートです。

気負う必要はありませんが、特別な節目であることは間違いありません。

告白しないとしても、最初よりも特別感を出して二人の未来を連想させるデートにしましょう。

注意するべき点に気をつけつつ、素敵なデートプランを練りましょう。

婚活診断テストバナ-2

 

 

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ