婚活お役立ち情報

失敗しない!お見合いに適した男性の服装について

失敗しない!お見合いに適した男性の服装について

失敗しない!お見合いに適した男性の服装について

人は見た目が9割と言われますが、短時間で結婚相手を探すお見合いの席なら尚更ではないでしょうか。

事実、再会率は第一印象で決まり、決定率は第二印象で決まると指摘する専門家も少なくありません。

つまり、お見合いの第一関門を突破するためには、第一印象を左右する服装こそが重要なキーポイントなのです。

お目当ての女性に「また会いたい」と思って貰えるように、しっかり準備しておきましょう。

 
婚活診断テストバナ-2

女性に好印象を与えるお見合いの服装ルール!

女性に好印象を与えるお見合いの服装ルール!

人は内面が肝心という意見は正論ですが、お見合いといった婚活の場では見た目による第一印象がより重要視されます。

とはいえ、人間の第一印象はほんの7秒ほどで決定すると言われているほどの短期勝負です。

もちろん、悠長に自己アピールを語っている暇はありません。

特定の相手と1組限定でお見合いをするなら最初のあいさつを交わす程度、複数の人と同時に行う集団お見合いならスタートの合図を待っている時間だけでもタイムリミットを迎えてしまいます。

わずか7秒で相手の女性に好意的な第一印象を与えるには、自分の魅力を引き立ててくれる服装選びが大切です。

ですが、その場の雰囲気に相応しいというだけでは十分とは言えません。

特にお見合いをする男性の服装の2大ポイントとして挙げられるのが、清潔感とサイズ感です。

女性はごく短時間で隅々までチェックする能力に長けていますが、特に身だしなみや清潔感には敏感に反応する傾向があります。

まるで徹夜明けのようなシワだらけのワイシャツや襟元にフケがついているようでは、どんなに高級な服装でも台無しになってしまいます。

お見合いに着ていく洋服はクリーニングに出しておくか、最低限アイロンをかけて清潔な状態にしておきましょう。

また、自分の体形と洋服のサイズが合っているかどうかも見た目を左右する要素です。

袖口からワイシャツが見えないほど袖が長かったり、弓形になるほど肩幅が大きかったりするとどうしてもルーズでだらしないイメージが相手に伝わってしまい、見た目で損をする男性も珍しくありません。

服装が相手に与える印象にはそれだけ絶大な影響があるのです。

ちなみに、自分の体形にぴったり合わせるならオーダーメイドが理想ですが、既製品であってもお直しで十分対応できます。

もし判断に迷ったら、販売員に客観的なアドバイスを求めてみるのも手です。

お見合いの服装はスーツかジャケットが基本マナー!

お見合いの服装はスーツかジャケットが基本マナー!

一昔前は親御さん同伴のお見合いが一般的でしたが、最近では当事者だけで会うお見合いが主流になっています。

そのため、比較的カジュアルな服装でお見合いに臨む男性も多いですが、時代が変わってもお見合いはあくまでフォーマルな席です。

だからこそ、男性がお見合いに着ていく服装はスーツかジャケットが基本的なマナーとされています。

アウトドアやスポーツなど特定のコンセプトが指定されているなら別ですが、結婚を前提としたお見合いにTシャツやジーパンで臨むのは基本的に相手の女性に対して失礼にあたると心得ておきましょう。

とは言え、あまりにも堅苦しいビジネススーツでは相手に過度な緊張を与えかねません。

確かにお見合いはフォーマルな席ですが、気に入った女性と再会するチャンスをつかむには自然と会話が弾むような雰囲気づくりも大切なポイントです。

そのため、最近ではあえて仕事の雰囲気を感じさせないスマートカジュアルなスーツやセットアップ、ノーネクタイでもオシャレに見えるジャケットとパンツの組み合わせが好まれる傾向にあります。

ビジネススーツ以外のスーツも着こなせる男性は、女性から見てもオシャレ上級者に見えるのでしょう。

ちなみに、湿度が高い夏はお見合い用の服装選びが難しい季節ですが、暑くてもジャケットを羽織った方が無難です。

クールビズが定着しているためノーネクタイでも構いませんが、半袖シャツのみでお見合いに臨むのは避けた方が良いでしょう。

ジャケットの中には無地のTシャツ、襟付きのシャツならシンプルなデザインの物を選びつつ、襟元から丸首の下着が見えないように気を付けましょう。

20代~40代!おすすめのお見合いコーデを年代別にご紹介

20代~40代!おすすめのお見合いコーデを年代別にご紹介

清潔感やサイズ感というのは全ての年代に共通するポイントですが、世代によって異なるのが色の組み合わせ方やアイテムの選び方です。

例えば、20代の男性が地味すぎるカラーばかりを組み合わせたコーデを着ると極端に老けて見られてしまいます。

だからと言ってジャケットもインナーも淡いパステルカラーを組み合わせると、逆にカジュアルになり過ぎて軽い印象を与え兼ねません。

20代のお見合いコーデで重要なのは、カジュアルさとフォーマルさのバランス感です。

白やベージュ、ライトブルーといった淡い色合いのインナーで若々しさを主張しつつ、ネイビーや黒といったダークトーンのジャケットを合わせる事で程よいフォーマル感も同時に醸し出せます。

ちなみに、爽やかさを演出するには少しだけ靴下が見える程度にパンツを短くするのも一つの方法です。

一方、30代の男性がお見合い用の服装を選ぶ時は極力シンプルにまとめるのがコツです。

20代とは一味違うセンスをデザインでアピールしようとこだわり過ぎてしまうと、派手になるばかりか統一感のないチグハグな印象を与えかねません。

全体のデザインをシンプルに統一するだけで30代らしい落ち着いた大人の雰囲気を醸し出せますが、まわりと差をつけたいなら良質な素材を選ぶ事も一つの方法です。

遊び心を演出したい場合はニット素材のネクタイやレザーのカバンなど小物で工夫してみましょう。

他の年代よりもサイズ感が見た目に影響しやすいと言われているのが、40代の特徴です。

40代の男性には自ずと年相応の包容力や落ち着いた雰囲気が求められますが、服装のサイズが合っていないだけでアピールポイントが半減してしまいます。

ウエストが気になるからと言って大き目のサイズを選ぶとだらしなさが際立ち、逆にタイトなサイズを無理に着ていると苦しくて会話を楽しむ余裕すらありません。

一般的に体形が変化しやすい年代だからこそ、体のラインに合ったジャストサイズを心掛けましょう。

また、カジュアル過ぎる服装や極端に派手な差し色を使ったコーデは避けた方が無難です。

40代ならではのキリッとした印象を与えるには、ベルトや靴など小物の素材を本革で統一するのも効果的です。

ちなみに、20代や30代なら素材やデザインの違うジャケットとパンツを組み合わせたコーデも良いですが、着慣れていない40代にとっては不利になる事もあります。

慣れない服装に挑戦するよりは、上下とも同じデザインのスーツで知的な雰囲気を演出した方が良いでしょう。

これだけはNG!お見合いで着る服装の注意点

これだけはNG!お見合いで着る服装の注意点

意を決してお見合いに臨む男性にとって、服装選びの中心となるのはスーツやジャケットといったコーデのメインとなるアイテムでしょう。

もちろん全体の服装も大切ですが、女性は実に細かいところまでチェックしています。

特に足元の靴やベルトといった小物は必ずと言って良いほど女性がチェックするポイントです。

例え誰もが知っている有名ブランドのスーツを身にまとっていても、ホコリだらけの靴やクッキリと折れ目のついたベルトでは好印象を残す事は難しいでしょう。

また、若い世代にありがちなのが白い靴下やプリントの付いたインナーです。

子供っぽく見えるのはもちろん、場合によっては真剣味に欠けると判断され兼ねません。

男性がお見合い用の服装を選ぶ時には、女性の目にどんな風に映っているかを意識する事が肝心です。

自分なりのこだわりや自己主張に固執するよりも、相手の女性に安心感を抱かせる服装を心掛けましょう。

男性の本気度は服装で女性に伝わる!

服装は第一印象を左右すると同時に、失敗を事前に防いでお見合いを有利に運ぶためのアドバンテージにもなる重要な要素です。

お見合いをする女性は真剣に結婚相手を探しています。

だからこそ、相手の男性を頭から足元までくまなくチェックして自分との相性を見極めているのです。

もちろん、お見合いだからと言って高いブランド物のスーツを新調する必要はありませんが、相手の女性への礼儀として最低限のルールを把握し、好印象を狙った服装で臨みましょう。


<<LINE登録でお役立ち情報や最新情報を手に入れましょう>>

友だち追加

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ