子どもの結婚、親の役目はきっかけ作り!

仲人ブログ
親御さまの心配に付け込む結婚相手紹介サービス業者の勧誘に騙されないで!

子どもに結婚の話をすると喧嘩になってしまう…

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
最近、私の結婚相談所には、ご本人さまのご相談と同じくらい、親御さまからのご相談件数が増えています。
お子さまを放っておいても、結婚できる時代ではないのです。
今の時代は、婚活しないと結婚できない時代だと言われています。

お子さまは結婚する気配がなく、昔とあれこれ比べても、そもそも時代が違うのでしょうがないです。
昔は、ご近所にお見合い相手をお世話してくれるおばさんがいたり、会社では独身の男女を結び付けてくれる上司がいました。
それも今の時代は、どこに回るかわからない個人情報を人に預けなくなり、会社では結婚のことを口にしただけでセクハラと言われかねません。

そこで親御さまが心配して、お子さまに「早く結婚するように」と諭します。
すると喧嘩になってしまい、その後「結婚」の言葉を出すだけで口もきいてもくれなくなります。
これはどこの家庭でもよくあることです。

子どもが結婚しないのは親の責任ではありません!

親御さまからしたら、お子さまがいつまでも結婚しないことに不安ですよね。
しかし、勘違いしないでください。
お子さまが結婚しないのは、親御さまの責任ではありません。
育て方が悪かったわけでも、仮に夫婦仲が良くなかったとしても、それは関係ありません。

お子さまは、結婚をコスパで考えたり、お友だちや会社の同僚もまだ結婚していないし、結婚にまったく焦りを感じていないのです。
多くのお子さまが、将来のことを真剣に考えずに結婚を後回しにして、その結果として婚活する上で条件を悪くしてしまいます。
もっと早く婚活していれば…と思っても後の祭り、時間だけは取り返しが付かないのです。

親の代理お見合いに行ってみようかしら…

孫の顔が見たい
自分たちが死んだ後の子どものことが心配
子どもの幸せのためになんとかしたい
…親御さまが思われるのは当たり前のことです。

病院の待合室で、「うちの息子(娘)に誰かいい人いない?」なんて話をしても無駄です。
仮に、お友達やご親戚に、誰かお相手を紹介してもらったとします。
そのまま順調に結婚までいけばいいですが、もしお断りするようなことになれば、その紹介してくれた人との人間関係にも影響します。

お子さまに変わって、親御さまが結婚相談所に入会されても無駄です。
お子さまご本人が見もしないお相手のプロフィールを、ただ送られ続けてもお金をドブに捨てるようなものです。
逆に、お子さまの個人情報を、いろいろなところにバラまかれるのが落ちです。

親の代理お見合いに参加しても無駄です。
ほとんどの親のお見合いは、自分の子どもの自慢話の場と化しています。
仮に、親同士でお見合いの約束ができたとしても、当日ご本人が来られないからとドタキャンが関の山です。

当たり前のことですが、お見合いするのもお子さまご本人、もちろん結婚するのもお子さまご本人です。
お子さまご本人が結婚する気にならなければ、まったく意味がないどころか、お相手に対しても迷惑をかけてしまいます。
よく考えてください。
親の決めたお相手と結婚してくれるなら、とっくに結婚しています。

国民生活センターが、親婚活について「焦る親心が狙われています」といったリーフレットで異例の注意喚起を行っています。
それだけ、悪徳な結婚相手紹介サービス業者に騙される親御さまが多いということです。

国民生活センターからの親婚活心得(リーフレット)

国民生活センターからの親婚活心得

一部抜粋
「親の心配に付け込む結婚相手紹介サービス業者の勧誘は、きっぱり断りましょう。」
「当事者である子の意向を無視するよう勧める業者とは契約しないで!中途解約時は解約費用がかかります。」
「業者選びは慎重に。情報収集し、比較検討して選びましょう。」
「婚活に親が関わる場合は、子とのコミュニケーションが重要です。」

以下の動画をご覧ください!

子どもの結婚、親の役目はきっかけ作り!

最初のきっかけを与えることができるのが親御さまなのです。
親御さまの役目は、きっかけ作りです!
親御さまの勇気ある第一歩が、お子さまを大きく後押しするはずです。

出典: YouTube

親として何をすべきか?

もう一度言いますが、結婚するのはお子さまご本人です。
そこは親御さまが変わってあげることはできないのです。

仲人の舘の役目は、結婚したい人を幸せな結婚へとナビゲートしていくことです。
結婚したくない人を、無理やり結婚させることはできません。
お子さまの首に縄を付けて、結婚相談所に連れて来られても、決して先には進みません。

それでは、親御さまは何をすべきでしょうか?
まずは、親御さまが現在の結婚事情がどうなっているのか、どういったサービスがあるのかを理解することが大事です。
状況をきちんと把握することで、お子さまに対して適切に対応できるのです。


そして、親御さまの熱意はとても大切です。
最初のきっかけを与えることができるのが親御さまなのです。
親御さまの役目は、きっかけ作りです。
親御さまの勇気ある第一歩が、お子さまを大きく後押しするはずです。


どうすればお子さまが結婚する気になるかは、一人ひとり違ってきます。
親御さまと一緒に、仲人の舘も考えます。
まずは、お気軽にご相談ください。