結婚相談所ってどんなところ?3つの種類

仲人ブログ
こんにちは。全国仲人連合会柴又 仲人の新井恵子です。
「結婚相談所ってどんなところだろう?色々あるのでよくわからない、、」
そう思われている方に、今日は結婚相談所の種類についてご説明します。

一口に結婚相談所と言っても、結婚相談所にはいくつかの種類があり、大きく分けて、仲人型、結婚情報サービス型(データマッチング型)、インターネット型の3種類があります。
自分に合った結婚相談所を選ばずに“なんとなく”選んでしまうと、後で思わぬ誤算を招くこともあります。それぞれのメリット・デメリットを把握し、自分に合った結婚相談所を選択しましょう。

仲人型の結婚相談所

仲人や婚活カウンセラーといった専属のアドバイザーがついており、お相手探しからお見合いのセッティング、異性とのやりとりのアドバイスなど、手厚いサポートが受けられるのが特徴です。
(※全国仲人連合会はここに該当します)

メリット
・登録している会員の本気度が高い。
・入会時に本人確認書類や収入証明書等の提出が義務付けられているので、各会員の身分が証明さ
 れている。
・仲人や専任スタッフのサポートが受けられるため、些細なことでも相談でき、アドバイスがも
 らえる。
・お相手へのお断りを仲人や専任スタッフが代わりにしてくれるところもある。
 (全国仲人連合会ではお断りは仲人が行います)

デメリット
・費用が割高である。
・スタッフと合わない場合もある。
(相性の良い仲人・スタッフの元で活動するのが大事です。柴又支部では入会前に無料相談をいたします。仲人との相性をじっくりと見てください)

こんな方におすすめ
・結婚に対する本気度が高い方
・「1年以内に結婚したい」など目標が明確な方
・一人で活動するのが不安で、第三者のサポートが欲しい方

結婚情報サービス型(データマッチング型)

会員の年収や学歴、住んでいる地域や趣味等を登録して、希望条件に合う方を紹介してもらうシステムです。全国に支社をもつ大手企業が運営しており、会員数が多いのが特徴です。
結婚情報サービス型の結婚相談所は、情報提供がメインですが、パーティやイベントなどを行っているところもあります。

メリット
・大手企業が参入しており、全国規模で会員数が多いので、自分の理想に合ったお相手に会える確
 率が高い。
・パソコン・スマホから探せるので、スキマ時間で探せる。
・入会時に本人確認書類や収入証明書等の提出が義務付けられているところも多く、各会員の身分
 が証明されている。

デメリット
・オプションで相談員を付けられるところもあるが、基本的には付かない。
・仲人型に比べると、会員の本気度はやや低い。

こんな方におすすめ
・自分ひとりで積極的に活動できる方
・安心して異性を選びたい方
・たくさんの異性の中から希望の相手を選びたい方

インターネット型

サイトやアプリでお相手が探せるネット型結婚相談所です。条件でお相手検索をして、気になるお相手がいたらメッセージを送り、上手くいけばデートなどに発展します。無料でも登録できますが、基本的にやりとりなどに制限がかかっている場合が多く、費用を払うことで受けられるサービスが広がります。

メリット
・数千円~など費用が圧倒的に安い。
・費用が安いので、気軽に始められる。
・スマホ・パソコンから探せるので、スキマ時間で活動できる。

デメリット
・本人確認が自己申告で登録できるところもあり、その場合は既婚者・サクラ等が紛れている等信
 頼性が低い。
・結婚目的ではなく、出会い目的の会員もいるため、結婚を意識しているお相手を見つけずらい。

こんな方におすすめ
・費用を抑えて気軽に婚活を始めてみたい方
・スマホを使って仕事の合間や自宅でパートナーを探したい方
・異性とのメールのやり取りや会話に自信のある方

まとめ

いかがでしたでしょうか。一口に結婚相談所といっても色々な種類がありますね。
それぞれの特徴を理解して、自分に合った結婚相談所を選ぶことが成功の秘訣です。

自分にはどの婚活方法が合うのか?
ご相談はコチラまでどうぞ