婚活お役立ち情報

婚活にキープはつきもの?キープから本命の女性になる方法

婚活にキープはつきもの?キープから本命の女性になる方法

婚活にキープはつきもの?キープから本命の女性になる方法

婚活では様々な人と出会えますので、キープを作ることがあります。

特にモテる男性であれば、キープにしている女性は多いでしょう。

キープになった女性が、そこから抜け出すことは容易ではありません。

さらに本命になることはもっとハードルが高いです。

ここではそんなキープになっている女性が、本命になるためのポイントなどを解説していきます。

キープされていると気づく

キープされていると気づく

婚活で本命になるためには、まずキープされていると気づくことが大事です。

早いうちに気づけば、対策を立てられます。

本命だと勘違いしているとキープから抜け出せないですので、結婚が遠ざかります。

そんなキープされている女性の特徴は労力、時間、お金などをかけられていないことです。

スケジュールを女性優先にしないなどは特徴の一つでしょう。

他にイベントを疎かにすることもキープの特徴です。

誕生日に会わないなどは、本命の女性にはしません。

また、本命であれば自然と笑みがこぼれることがあります。

男性がずっと愛想笑い以外しないのであれば、女性は本命ではないでしょう。

別の特徴は頻繁に目が合わないことです。

相手のことを知りたいと思えば、目を見て話そうとします。

目が合わないなと感じたのであれば、キープになっている可能性があります。

もう一つ特徴があるとすれば、女性の名前を頻繁に呼ばないことです。

キープが多い人の特徴は名前を間違えないように、あなたや君などと呼ぶことです。

本命の人であれば名前で呼びます。

このような特徴以外では、男性は言葉よりも姿勢や態度で本心がわかります。

キープと気づくためには態度や行動に注目するといいでしょう。

特に無意識でしていることは信用できます。

男性はキープに対する態度を無意識に出しているので、それをチェックすることが大事です。

無意識に出る態度の一つに、横に座っていても体を女性に向けることがあります。

女性の反応を見るために自然と行う行動ですが、これで女性に興味があることが分かります。

ずっと前を向いたまま話している男性は、女性をキープと見ているかもしれません。

他に男性がいると思われない

他に男性がいると思われない

キープを抜け出すために、男性の影をちらつかせる人がいます。

しかし、これは逆効果ですし、本命になる方法にはなりません。

男性は女性に他の男性の影があるだけで、他の女性に逃げます。

婚活中は特に他にも女性と出会えるので、この傾向が強くなるでしょう。

他の女性よりも有利になろうと画策するのはいいのですが、この方法ではキープどころか格下げになる可能性が高いです。

女性としての価値を引き上げたいなら、別の方法を探しましょう。

また、男性の影を見せないことも重要です。

話題にしないや過去を語らないなどを徹底すると、男性からピュアな女性と見られます。

ピュアな女性を男性は好みますので、本命に一歩近づくことができます。

ただ、男性から過去のことを聞かれる可能性はあるでしょう。

そこで本当のことを話すよりも、秘密にしておくと男性心理をくすぐります。

効果的に男性の心をつかめるのです。

色々と想像を膨らませている時間を男性は楽しみますので、ミステリアスな部分があると興味を引かれるでしょう。

男性の話をするのは本命になってからでも遅くはありません。

しかし、秘密にできない場合もあります。

男性から他の男性について質問されたときです。

その男性一筋ですと嘘をつくと、後悔する可能性があります。

そのケースでは正直に答えることが重要です。

正直に答えるとしても、嘘にならない程度に曖昧に答えましょう。

あえて突き放す

あえて突き放す

キープから抜け出すときには、突き放すことが効果を発揮するケースがあります。

一旦引いてみる作戦です。

これが成功する条件はある程度親密になっていることです。

親密さが足りないと、追いかけることなく関係が終了します。

男性は追いかけたい人が多いので、成功すればキープから抜け出せるでしょう。

ただ、男性は興味を失った女性を追いかけることはしません。

突き放しは男性が興味を持っていて、親密さがあるときに有効な手段です。

また、突き放すのであれば、私に決めたら連絡をくださいなどの解決策を提示することも重要です。

男性の気持ちが変わって、本命に昇格をしても、それを知らないままになる可能性があるからです。

この突き放しが効果的な点は、男性が女性との将来を本気で考えることでしょう。

結婚まで至らないのであれば、突き放したときに答えは出ます。

女性は白黒つかない関係を続けるよりも、結婚できないと諦めた方が時間の短縮になります。

それであれば次の人にいけるでしょう。

一方成功すれば、キープから本命になれるだけではなく、結婚までの道のりが近くなるのです。

将来を本気で考えた女性と結婚する確率は高いです。

男性が優柔不断であれば、突き放す方法は有益でしょう。

女性にとってはどちらに転んでも時間短縮につながるので、試す価値はあります。

タイミングを見計らって突き放すことができれば、婚活が一気に進むでしょう。

会う機会を増やしていく

会う機会を増やしていく

本命になるためには、男性の中で存在を大きくすることが大事です。

そのためには会う機会を増やして、一緒にいる時間を増やすことが大切になります。

一緒にいることが当たり前になると、男性は女性がいないことに違和感を覚えます。

そこまでになるには、短い時間でもいいので、会うことが重要です。

ランチ、本を貸すだけ、出社前の時間など、短い時間でも会う回数を増やします。

その度に思い出が増えるので、存在が大きくなっていきます。

メールや電話でも連絡は取れますが、思い出を作ることはあまりできません。

また、男性は数多く会う女性には親近感を持ちます。

親密になっていけば、いつでも会える人から会えないと寂しい人に変わっていくでしょう。

男性が結婚を意識するのは、緊張する美人ではありません。

隣にいて心地いい人です。

親密になれば、心地いい人になる可能性が高いです。

ただ、会う機会を増やしながら、思い出を作るイベントも企画しましょう。

日帰りの温泉やドライブなどで二人だけの思い出を作ります。

意識してしまうと上手くいかないので、自然体でできることを二人の共通点から探すといいです。

さらに、会う機会を増やすなら、意識をして密室を作ると親密さが増します。

車の中や居酒屋の個室など、二人だけの空間ができると距離が近くなるのです。

そのときには体を近づけて話をすると、距離がもっと近づきます。

ただし、ボディタッチはしないことが重要です。

男性が勘違いしますし、挑発行為と見られるでしょう。

純粋にデートを楽しむ

純粋にデートを楽しむ

本命になる方法で重要なのは、デートを純粋に楽しむことです。

デートで結婚できる相手かなどと考えていては、それが相手にも伝わります。

相手からすれば、デート中に他のことを考えているように見えるのです。

それでは男性もデートが楽しくないでしょう。

女性が楽しんでいれば、男性も楽しくなることが多いです。

楽しい時間を共有できれば、男性の気持ちは変化します。

デートをもう一度したいと考えるのです。

これがキープから本命になる始めの一歩です。

男性の気持ちに変化がなければ、キープのままでしょう。

男性の気持ちをデートを通して変えていくことが重要なのです。

また、デートの時間を一緒に過ごしていると、女性に対して興味が湧いてきます。

楽しくしていられるのはなぜだろうと思うのです。

この興味を持つことが次につながっていきます。

次回もデートができるかもしれませんし、親密になることも考えられます。

ただ、女性も興味を持つことが重要です。

お互いに興味を持つことで、距離が近くなるからです。

さらに大事なことは、デートが楽しいことを言葉にして相手に伝えることです。

口に出さないと上手く伝わりません。

楽しい、嬉しい、心地いいなどと伝えることで、相手は女性の気持ちが理解できるでしょう。

純粋にデートを楽しむときには、自分が楽しむだけではなく相手へ伝えることが、本命になるためには重要になります。

キープから本命の女性になる方法の最後として

婚活でキープから本命になる方法は、まずキープになっているかを見抜くことです。

キープになっていることが分からなければ、いつまでも本命のつもりで付き合うかもしれません。

それを防ぐために、キープの特徴を知っておくことが大事です。

ただし、男性の影を相手に見せないことが大切です。

男性は他の男の影に敏感ですので、見つけたらキープからはずされる可能性があります。

他にある方法は突き放すことです。

突き放すと、男性は女性への愛情を再確認します。

これが上手くいけば、本命として認識されるでしょう。

また、会う機会を増やすことも大事です。

機会が増えれば、距離が近くなります。

もう一つの方法は純粋にデートを楽しむことです。

デートを楽しく過ごせれば、キープから抜け出す一歩になるでしょう。

 

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ