婚活お役立ち情報

婚活における仮交際とは?仮交際から成婚までの流れ

婚活における仮交際とは?仮交際から成婚までの流れ

婚活における仮交際とは?仮交際から成婚までの流れ

「仮交際」という言葉を聞いたことはありますか?

婚活特有の言葉なので婚活未経験の方は初耳かもしれませんね。

今回は結婚相談所での交際方法について、通常の交際とどう違うのか、気を付けたいポイントなどを解説していきたいと思います。

 
婚活診断テストバナ-2

お見合い後~成婚までの流れ

お見合い後~成婚までの流れ

まず最初に、お見合い後から成婚までの流れを把握しておきましょう。

お見合い→仮交際→本交際(真剣交際)→成婚 が結婚相談所の流れです。

特徴的なのが、仮交際と真剣交際の2種類の交際があること。

結婚相談所によっては本交際を真剣交際と呼ぶことがありますが、表現が違うだけで内容は同じです。

「仮交際」は婚活特有のシステムで、通常の恋愛には存在しません。

一般的な恋愛の交際は「本交際」に相当します。

二段階の交際期間を経て、双方に結婚の意思が固まると成婚退会の流れになります。

仮交際とは?一般的な交際との違い

仮交際とは?一般的な交際との違い

仮交際とは文字通り「仮」の交際で、簡単に表現すると「お試し期間」のことです。

お見合い後に双方がまた会いたいと判断した場合に、仮交際がスタート。

お見合い段階ではお互いの連絡先は知らされませんが、仮交際が始まると電話番号やメールアドレスなどが伝えられ、自由に連絡がとれるようになります。

デートなどを重ねて結婚を考えられるかどうかお互いを知るための期間で、お試しの要素が強くなっています。

「相手が好きだから」という理由より、「相手を好きになれるか」を確認するために始めるので、この段階では結婚への真剣度はそれほど高くありません。

仮交際で独特なのが、複数の方と同時進行させても問題ないことです。

仮交際中の相手がいても、他の方とお見合いしたり仮交際することが可能です。

一般的な恋愛だと浮気だと責められますが、効率の良い出会いを求める婚活ではルール違反ではありません。

複数交際をしても相談所や仮交際相手からも責められることはないので安心してください。

この段階では一人の方に絞らず、出会いの数をどんどん増やしていきましょう。

仮交際の期間は結婚相談所によって異なりますが、1~2ヶ月程度が一般的。

3~5回程度デートをしてみて、判断を下している方が多いようです。

結婚を真剣に考えている大人同士なので、意味なく仮交際を引き延ばすのはお相手に失礼なこととされます。

決断力が乏しいと失望されたり、本気度が低いととられてお断りされる可能性もあるので、良いなと思ったら早めに判断を下しましょう。

迷っているうちにお相手が他の方と本交際を始めると仮交際終了となり、以後アプローチができなくなりますので、気を付けてください。

仮交際のシステムを上手に活用するコツ

仮交際のシステムを上手に活用するコツ

仮交際は気軽に行おう

お見合い後、「ピンとこないけれど、悪い印象は抱かなかった」という場合は、お断りをせず仮交際に進むことを推奨します。

お見合いは初対面のため、緊張して思うように話ができなかったり、自分の魅力をアピールできないことがほとんど。

仮交際に進むと次第に慣れてきて、お見合い時に気付かなかった相手の魅力を発見できる可能性が潜んでいます。

結婚を意識する相手に切り替わることも十分あるので、大きく希望や好みと外れている場合以外はできるだけ仮交際を進むようにしましょう。

結婚相談所で結果を出すには、仮交際中は複数の人と会ってみて比較することが一つのポイントになります。

真面目な性格の方は好きにならないと交際をスタートさせてはいけないと思っている方も多くいます。

でも、最初から好きになれるのは稀なこと。気軽な気持ちで交際をスタートさせましょう。

様々な方とお見合いやデートをしているうちに、次第に経験値が上がり、自分にとっての「良い人」が判断できるようになります。

特に恋愛経験が乏しい方は、色々なタイプの方と交流して自分に合う人を探してみましょう。

仮交際に進んでもお断りできる

仮交際に進んでもお断りすることはマナー違反ではありません。

デートをしてみてお相手に違和感を覚えたなら、その時点で仮交際を終了させられます。

お断りは直接行わず結婚相談所を通じて行われるので、心理的な負担が少なく次の方へ移れるのも結婚相談所利用のメリットです。

ただし、仮交際の期間が長くなってしまうとお相手の気持ちが結婚に傾いてくるので、断りにくい雰囲気になってきます。

1ヶ月程度を目安に結論を出しましょう。

スケジュール管理ができる人数で仮交際すること

仮交際は積極的に行うことを推奨しますが、相手の数が多くなるほどスケジュール管理が厳しくなります。

週末や仕事終わりに連日デート、その合間にお見合いを組む、そんな毎日を過ごしていると、精神的にも肉体的にも疲労が蓄積します。

相手のプロフィールを頭の中で整理して会話をするのも難しくなってくるでしょうし、相手の名前を間違えたり、メールの返信先を間違えたりといった失敗を犯すリスクも出てきます。

度を越えた人数と同時進行するのはおすすめできません。

複数交際はマナー違反ではないものの、お相手からすると気分が良いものではないことを忘れないようにしましょう。

3人程度目安として考えてみてください。

仮交際中に確認しておきたいこと

仮交際中に確認しておきたいこと

仮交際はお相手を判断する大事な期間なので、漫然と過ごさず本交際に進むかどうかをしっかりと見極めましょう。

細かい条件まで詰める必要はありませんが、結婚後のライフプランや、価値観などは話し合っておくことをおすすめします。

結婚後も仕事を続けるのか、どこに住むのか、子供を希望しているかなど、希望する結婚生活のスタイルはきちんと確認しておきたいところ。

すでにプロフィールで条件面を確認しているかもしれませんが、本人の口から聞き出しておくことが大事です。

プロフィールでは「同居不要」とされていても、ゆくゆくは実家で同居したいと考えている場合もありますし、好感を持たれようと“盛って”いることもあります。

大まかな人生設計を尋ねておきましょう。

プロフィールには資産欄はあっても負債欄はありません。

返済義務がある奨学金やローンを抱えていることもあるので、結婚の障害になりそうなことがないか、確認をとっておきましょう。

デリケートな話題で切り出しにくいかもしれませんが、家族情報にも触れておくのも重要なことです。

要介護や引きこもり、新興宗教に熱心な家族などがいると、結婚後に予想外の苦労を抱えることも考えられます。

家庭環境や家族の付き合い方を話題にしてみましょう。

自分側にも伝えるべき項目があれば、トラブル防止のため本交際前に伝えておきましょう。

重要なことを後出しで伝えると、不信感を抱かせてしまいます。

本人に直接伝えにくい場合は相談の上、カウンセラーから告げてもらうのも一つの方法です。

仮交際中に気を付けたいルールとマナーとは

仮交際中に気を付けたいルールとマナーとは

仮交際は、「交際」という言葉が使われているので勘違いされやすいですが、一般的な恋人の関係ではありません。

気を付けるべきルールとマナーがあるので、押さえておきましょう。

詳しい内容は結婚相談所によって異なりますので、確認を取っておくことをおすすめします。

ここでは多くの相談所で共通している、一般的なルールとマナーをお知らせします。

デート費用の負担についてはお互いで決めて構いませんが、男性側が費用を負担することが多いようです。

ただし女性はおごられるのが当然だと思わず、謙虚な態度を見せることが大事です。

また、お相手に良く思われようと高額なプレゼントをしたり、高級レストランを予約する方もいますが、後々トラブルを生むことになるので注意が必要です。

プレゼントについては、少額のものなら構いませんが、高額なプレゼントは避けるべきです。

禁止されている交際方法もあります。

・宿泊を伴う旅行や婚前交渉

・結婚の口約束を交わした

・双方の両親と顔合わせをした

これらの事項が確認された場合は成婚とみなし、その意思がなくとも退会手続きが行われることがあります。

成婚料が設定されている結婚相談所では、成婚料の支払いも発生します。

その他、知らずにルール違反を犯して望まぬ退所にならないよう、事前確認しておきましょう。

本交際とは?仮交際との違い

本交際とは?仮交際との違い

仮交際期間を経て、結婚を真剣に見据えて交際を進めたいと両者が思ったら、本交際に進みます。

二人が本交際に同意したのち結婚相談所にその旨を伝えると、本交際がスタートします。

ここからは複数の方と交際するのは禁止され、一人の方と結婚を前提とした真剣な交際に移行します。

二人のプロフィールは他の方から閲覧できないようになり、自分からもプロフィール検索ができないように変更されます。

本交際とは、相手の方と本当に結婚をするのか、幸せな結婚生活が送れそうかを具体的に検討する期間。

仮交際は、「結婚が考えられる相手か」が判断基準となりますが、本交際では二人で結婚後の具体的な生活方法について話し合い、「人生を共にして幸せになれる相手か」が判断基準になります。

仮交際よりも、より性格的な相性の良さや、結婚生活が具体的にイメージできるかを考える必要が出てきます。

価値観や家庭環境を比べてみて、似ているところや似ていないところを理解し合い、お互いに受け入れられるかを考えましょう。

真剣交際を過ごし、結婚の意思が双方に固まったら成婚にたどり着きます。

真剣交際の期間の設定は結婚相談所によって異なりますが、仮交際を含めて3~6ヵ月程度とされています。

結婚相談所によっては、事情を説明すれば本交際期間を延ばせるところもあれば、一定期間が経過したら自動的に成婚とみなされて退会手続きが進められるところもあるので、確認しておきましょう。

本交際を経た結果、成婚に至らなかった場合は結婚相談所に伝えて本交際を終了させます。

プロフィール検索が再度可能になり、またお相手探しから始めることになります。

交際中の結婚相談所のサポート

交際中の結婚相談所のサポート

交際中の結婚相談所のサポートは、各結婚相談所によって異なります。

データマッチング型の結婚相談所はお相手検索に特化しているので、サポートは手厚いとは言えません。

アドバイスは受けられるものの、一人ひとりのきめ細やかな対応は難しいでしょう。

懇切なサポートが受けられるのは、仲人型の結婚相談所です。

交際中に生じた不安の解消や交際方法のアドバイスなど、親身な対応が望めます。

また、仮交際や本交際に進展した場合もデータマッチング型では当人任せが基本ですが、仲人型は定期的に担当カウンセラーから連絡があり、交際状況の確認が行われます。

引っ込み思案で自分から相談しにくい方でも、自然と相談できる環境になっています。

データマッチング型と仲人型、どちらが良い悪いはありません。

自分主体の活動に不安がなくサポートが不要な方は、比較的料金がリーズナブルなデータマッチング型が合っています。

逆に、一人での婚活に不安がある方は、手厚くサポートしてくれる仲人型が向いています。

自分の性格や婚活相談所に求める条件を考えて選ぶことが大切です。

まとめ

結婚相談所での婚活は、通常の恋愛と違う独特のシステムが設けられています。

効率よく満足できるお相手探しができるよう作られたシステムですが、戸惑いを感じる方もいらっしゃるのでは。

一人で悩みを抱えがちな方や婚活初心者で右も左もわからない方は、サポートが手厚い結婚相談所を選び、アドバイスを受けながら活動するのが賢い方法と言えるでしょう。

結婚相談所は資料請求やカウンセリングが無料で行えるので、興味を持たれた方は気軽に行ってみてください。


<<LINE登録でお役立ち情報や最新情報を手に入れましょう>>

友だち追加

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ