婚活お役立ち情報

ここからが本番!婚活で35歳から成功する方法

ここからが本番!婚活で35歳から成功する方法

ここからが本番!婚活で35歳から成功する方法

日本の平均需要は長くなる傾向にあり、人生100年の時代到来も現実味を帯びてきています。

この状況において、結婚する年齢が上がっていくのはごく自然なことといえるでしょう。

以前なら晩婚といわれた35歳以上の結婚は、今や珍しくありません。

しかしながら、婚活においては35歳という年齢がひとつのハードルと認識されることもあります。

35歳からの婚活を成功させるにはどうすればいいのでしょうか。

結婚の目的をはっきり設定する

結婚の目的をはっきり設定する

婚活においてもっとも重要なことは、自分と向き合うことです。

「どうして自分は結婚したいと思うのか」という問いに対して明確な答えが返せなければ、成功するまで婚活を継続していくことがつらくなります。

まずは、結婚の目的をはっきり設定しましょう。結婚の目的に正解はありません。

しかし、「幸せになりたいから」という漠然とした理由では婚活の成功からは遠のいてしまいます。

なぜなら、幸せの解釈は人によって異なるからです。

婚活の成功とは、結婚に対して共通の目的を持つ者同士のマッチングです。

結婚自体は婚姻届を提出し、受理されれば成立しますが、それでいいと考える人は数少ないでしょう。

婚活を行っている多くの人は、結婚に自分自身の幸せを求めています。

問題は、自分が考える幸せと他人が考える幸せには大きな違いがあるということです。

たとえば、ある男性が「親も高齢になってきたから、楽をさせるために結婚したい」と考えていたとします。

この男性にとっては、親の幸せこそが自分の幸せなのでしょう。

一方、ある女性は「夫婦として世帯を持ち、親から自立するために結婚したい」と考えています。

この女性にとっては、結婚による自立こそが幸せです。

この2人の「幸せ」に対する認識は本質が異なり、たとえマッチングしたとしても成功する確率は低いでしょう。

しかし、幸せになりたいからという漠然とした理由だけで婚活を行うとどうでしょうか。

自分自身が持っている「幸せ」とは異なる認識を持っている人とのマッチングを繰り返さなければならなくなってしまいます。

これでは、必要以上の時間を婚活に割かなければならなくなります。

35歳を過ぎてからの婚活は、婚活に要する時間を短くすることも重要です。

しかし、目的を共有できない相手との結婚に舵を切るのは避けなければなりません。

時間をかけられないからこそ、最初の絞り込みが肝心になります。

「私が考える幸せとはこういうことである」とはっきり明示することで、目的を共有できる人のみとのマッチングがかないます。

婚活において、数を打てば当たるという発想は賢明ではありません。

婚活のゴールは、婚姻届を提出することではなく、2人で手を取り合って幸せを追求することだと心得ましょう。

清潔感のある装いを心がける

清潔感のある装いを心がける

婚活おいては、第一印象が成功に大きく影響します。

そうはいっても、顔の造形や声を変えることはできません。

そこで重要になるのが、清潔感のある装いや話し方を心がけることです。

もちろん、人の好みはそれぞれです。派手な服装が好きな人、豪快な話し方が好きな人もいるでしょう。

しかし、清潔感のある人が嫌いという人はまずいません。

初対面から人間関係を構築していく婚活にあたって、清潔感は必要不可欠です。

人は、第一印象がいい人に対しては次回会うことを拒否しません。

反対に、第一印象が悪ければ今後の関わりを躊躇するでしょう。

実際には、清潔感はその人が持つ雰囲気そのものであるため、今日から清潔感のある人になろうと思っても難しいことも事実です。

反対に、数日お風呂に入らなくても不潔な印象をまったく与えない人もいるでしょう。

しかし、どちらに該当する人であっても、清潔であるに越したことはありません。

髪はすっきりと切るなりまとめるなどして、着用する衣類もメンテナンスをしっかり行いましょう。

目まで垂れ下がった髪や毛玉だらけの衣類では、どれほどきれいに洗っていたとしても清潔感はありません。

また、乱暴なことば遣いやオーバーリアクションも清潔感を欠く要因となってしまいます。

見た目はすっきりシンプルに、態度は自然体であることを心がけましょう。

もちろん、第一印象が重要であることは35歳以下の人にもいえることです。

しかし、年齢を重ねれば重ねるほど、若さでカバーし切れない部分が出てきます。

個性の強い服装や流行りのことば遣いも、20代であれば許されるかもしれません。

ところが、30代ともなれば大人げないと評価されてしまうことも少なくないでしょう。

婚活を行っている35歳以上の人は、結婚に対して具体的なイメージを持っているケースも多くあります。

ゆえに「この人との結婚生活がイメージできるか」という視点から相手を見る人も多いのです。

そんなとき、清潔感のある装いは大きな効力を発揮します。

相手からの信頼を得るためには、見た目や態度が重要であることを理解しましょう。

豊富な人生経験を生かす

豊富な人生経験を生かす

年齢が上がれば上がるほど厳しくなるといわれる婚活ですが、歳を重ねたからこそ持っている武器もあります。

それは、豊富な人生経験から得てきた知性や教養です。

35歳以上ともなれば、長く社会人生活を経験しています。

さまざまな話題に対応できる引き出しの多さは、若さでは対抗できない魅力です。

同年代の相手を求めている場合であれば、相手がどのような話をしようとも相応の反応を返すことができるでしょう。

自分よりも若い年代の相手を求めている場合であっても、精神的な余裕を持って相手と接することができます。

婚活で考えられる話題としては「趣味は?」「職業は?」「休みの日は何をしている?」などが考えられます。

問題は、これらの話題になったとき、想定していなかった答えが返ってきた場合です。

趣味は資産運用、職業は〇〇の取締役、休みの日はたまった家事をやっている。

これらは35歳以上の婚活において珍しくない返答です。

このような話題となった場合でも、引き出しが多ければ難なく対応でき、盛り上がるでしょう。

しかし、引き出しが少なければどう反応していいかわからず、話が詰まってしまいます。

恋愛のアドバイスなどでは、よく「わからないフリをして相手に説明させる」というようなこともいわれます。

しかし、35歳からの婚活で求められるのはスピードです。

いちから説明するよりも共通の話題として盛り上がれるほうがいいと判断する人も少なくないでしょう。

35歳を超えたら、社会的には成熟した大人です。

知らないフリをして相手に優越感を与える必要はありません。

むしろお互いに知識を与えあい、教養を深めていける関係を築くほうが結婚への近道になります。

もちろん、知ったかぶりは禁物です。無理をして相手に話を合わせる必要はありません。

また、自分とは合わない相手だと早い段階で判断することも大切です。

長い人生経験のなかで、このタイプの人とは相性が悪いと判断する力は養っているでしょう。

相手を見極める場においても、人生経験は役に立ちます。

婚活には謙虚な姿勢も大事ですが、年齢が高いことを過剰に意識すると逆効果です。

買い手市場になる状況をつくることなく、今現在の自分に誇りを持って婚活に臨みましょう。

年齢を理由に妥協しない

婚活は妥協であると言う人もいますが、妥協のみであってはいけません。

世間一般で考えられている結婚適齢期と、現代社会において生活していくための結婚適齢期は必ずしも一致しないのが現状です。

35歳から婚活を行っている人のなかには「自分はもう歳だ」と考えている人もいるでしょう。

しかし、それは世間一般の基準でしかありません。実際に結婚生活を送っていくとなればお金が必要です。

結婚適齢期に結婚したのに生活資金が足りず、親に援助してもらっている人は少なくありません。

本来、結婚とは親とは独立した世帯を持って生活することです。

その意味では、十分な生活資金を稼げる年齢こそが結婚適齢期であると考えることもできるのです。

たとえば、結婚後1年間生活するのに必要な収入が500万円だとします。

20代の年収は300万円だったが、35歳の今であれば500万円であるという場合、その人にとっての結婚適齢期は35歳である今なのです。

婚活において年齢は妥協する理由にはなりません。

自分はもう歳だから、結婚してくれる人であれば妥協もやむを得ないと考えるのは得策ではないのです。

むしろ、年齢を重ねている人ほど失敗するリスクは減らす必要があります。

そのためには、妥協せずに相手を選ばなければなりません。

ここで重要なのは、妥協しない条件として何を挙げるかです。

婚活における男性が提示する条件として、見た目が好みであること、自分よりも若いこと、将来的に親と同居すること、などを挙げる人がいます。

しかし、これらはすべて不確実な要素です。

見た目は月日の経過とともに変化します。

自分よりも若くても不慮の事故に遭う可能性は否めません。

親が想定する将来まで健在である保証もないでしょう。

そう考えると、これらのことは結婚の条件として挙げること自体、あまり意味がなくなります。

一方「自分は旅行が好きだから年に一度は一緒に旅行に行くこと」を妥協しない条件とすることは意味があります。

なぜなら、この条件は旅行というものに対する価値観のすり合わせになるからです。

そして、これは将来的に旅行が嫌いになることは考えにくいという、本質的な変化がない条件になります。

この条件を挙げる人と旅行が嫌いな人が妥協して結婚したとしても、うまくいかないことは容易に想像がつくでしょう。

婚活において妥協してならないのは、意外にもこのような一見小さいことのように思える条件です。

反対に「結婚とはこうあるべき」といった固定概念による条件は妥協したほうがいいでしょう。

絶対に妥協しない条件と妥協すべき条件、そもそもあまり意味がない条件を明確にすることは、35歳からの婚活における重要な要素です。

35歳以上だからこそできる素敵な結婚を目指そう

35歳以上だからこそできる素敵な結婚を目指そう

世の中には、35歳を超えてから幸せな結婚生活を手にしている人がたくさんいます。

反対に、結婚適齢期といわれる時期に結婚しても、幸せはそう長く続かなかったという人も少なくありません。

婚活において、35歳という年齢がひとつのハードルとなるのは、相手が結婚相手の条件として35歳よりも下という年齢を提示している場合のみです。

年齢を重ねていることに魅力を感じる人はたくさんいます。

35歳という年齢を意識することなく、素敵な結婚を目指しましょう。

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ