婚活お役立ち情報

婚活は何歳差まで上手くいくの?年の差結婚について徹底解説

婚活は何歳差まで上手くいくの?年の差結婚について徹底解説

婚活は何歳差まで上手くいくの?年の差結婚について徹底解説

最近は年の差結婚をするカップルも増えてきました。

ただ、年の差結婚には様々なリスクが生じます。

事前にリスクを把握しておかないと、結婚生活がうまくいかないこともあるので注意が必要です。

ここでは、婚活を始める前に知っておくべき年の差結婚のメリット・デメリット、年の差結婚で失敗しないための対策を紹介していきます。

 
婚活診断テストバナ-2

年の差結婚をするメリット

年の差結婚をするメリット

年上の男性はすでに長い社会経験があるため、同世代の男性と比べて収入が多い傾向にあります。

デート代や食事代、宿泊代なども相手が全額払ってくれる場合が多く、お金に困ることは特にありません。

社会的に安定したポジションにいる人と結婚すれば、優雅な新婚生活を始めることができるでしょう。

人生経験が豊富な年上の男性・女性は精神的にも落ち着いており、悩み事の相談には適切なアドバイスをくれます。

感情的になることも少なく、自分の言ったことをそのまま受け止めてくれる場合が多いので、喧嘩することも少ないでしょう。

若い男性と結婚した女性の場合、男性が若いうちは性欲も強いため、夜の生活に悩むことはありません。

男性の若さにつられて、女性も自分磨きに専念できます。

いつまでも若々しくいたい女性にとって、若い男性との結婚はメリットが大きいと言えます。

一方若い女性と結婚した男性も、若い妻を逃さないために、自分磨きに精を出すようになります。

若い女性と結婚したことは、男性にとって大きな自慢でもあるので、結婚後も優しく接してくれるでしょう。

年の差結婚をするデメリット

年の差結婚をするデメリット

年の差結婚をしたカップルは、老後を迎えるのが早くなります。

年が離れていればいるほど老後を迎えるのも早くなるため、早いうちから老後生活に向けて備えておく必要があります。

今はステータスがある人でも、あと何年か経つと身体が動かなくなり、仕事ができなくなる可能性も出てきます。

ろくに貯金もせずに贅沢ばかりしていると、老後を迎えてから苦労することになるので注意が必要です。

すでにどちらかが40歳を超えている場合、子供が成人する前に定年退職している可能性もあります。

大学を卒業するまで子供の面倒が見れるのかどうか、よく考えながら教育費を蓄えておかなければなりません。

年の離れた男性と結婚した場合、夜の生活が満足にできない場合があります。

男性は年齢とともに気力や体力が少なくなってくるため、夜の生活も最後まで満足にできない場合があるでしょう。

仕事で疲れているとデートすらほとんどなくなり、相手に不満を覚えることもあるかもしれません。

10歳以上年が離れていると、話が噛み合わないこともあります。

好きな芸能人の話や趣味、子供の育て方など様々な場面でジェネレーションギャップを感じやすく、話がうまくまとまらないこともあるでしょう。

結婚生活を長引かせるためには、話し合いで回避する努力が必要です。

お互いの考え方を尊重しながら生活していけば、年の差結婚でもうまくいきます。

年の差結婚は何歳差までOK?

年の差結婚は何歳差までOK?

年の差結婚がうまくいくかどうかは人それぞれです。

同世代で結婚した夫婦でも、離婚してしまう人はたくさんいます。

年の差があるからダメというわけではないので、本人たちで世代の差を乗り越える努力が必要です。

一般的に年の差結婚というのは、10歳以上年が離れている場合に使われます。

5歳程度の差であれば、年の差結婚と言われることはありません。

最近は芸能人でも年の差結婚をするカップルが多く、珍しいことではなくなってきています。

ただ、20〜30歳以上年の離れたカップルは、親子の年齢差とほぼ変わらないため、世間の目も若干厳しくなります。

本人たちが良くても、親に結婚を認めてもらえないこともあります。

勢いだけで結婚してしまうと、後悔したり、世間の目に耐えられなくなることもあるので注意が必要です。

年の差結婚で失敗しないための対策

年の差結婚で失敗しないための対策

年の差結婚するときに一番注意すべきは、お金の問題です。

同世代で結婚した夫婦に比べて、年の差結婚した夫婦は定年を迎えるのが早くなります。

親の介護や子供の教育費、住宅ローンや老後の生活資金などの問題が一気に押し寄せる可能性もあるため、日頃からしっかり準備しておく必要があります。

特に、子供の教育費は重要な問題です。

一般的に子供が生まれてから大学を卒業するまで、最低でも1000万円かかると言われています。

私立に進学した場合は2000万円を超える教育費が必要になるため、事前にしっかり計画を立てておかなければなりません。

これは子供のいる家庭なら誰もが抱える問題ですが、10歳以上の年の差がある夫婦だと、子供がまだ成長している段階で定年を迎えることもあるので、早い段階からお金を貯めておく必要があります。

年の差結婚をした当初は仲が良くても、次第に二人の間に溝ができていき、最悪の場合離婚になることも考えられます。

年の差夫婦が離婚する最大の原因は、価値観の違いです。

10歳以上年の離れた夫婦はそれぞれ育ってきた時代が異なるため、価値観や人生観が大きく異なります。

付き合っている当初は気にならなくても、子供の教育や老後の心配など、現実的な問題にぶつかっていくうちに価値観の違いが浮き彫りになり、不仲になってしまうこともあります。

このような事態を防ぐには、日頃からまめにコミュニケーションを取ることが大事です。

「多分わかってくれるだろう」と自分の勝手な都合で決めるのではなく、夫婦できちんと話し合ってから物事を進めていくようにしましょう。

年の差結婚をした夫婦には常にジェネレーションギャップがつきまといますが、それぞれ異なる時代を生きた知恵を持っています。

それらをうまく引き出すことができれば、様々な困難も協力してうまく乗り越えられるようになります。

子供がいることは、夫婦生活を長引かせるうえでとても重要です。

たとえ相手が浮気して大喧嘩したとしても、子供という存在は離婚を踏みとどませる強い力があります。

そうやって夫婦の危機を1つ1つ乗り越えていくことができれば、夫婦の絆も強まり、老後も仲のいい夫婦として過ごせるようになります。

子供が独立した後は、夫婦で旅行に出かけたりして、結婚生活を最後まで楽しむことができるでしょう。

子供がいない夫婦の場合は、ペットを飼うことで夫婦関係を良好に保つ環境を得られます。

喧嘩しそうになった時でも、ペットが仲介役となって助けてくれることもあります。

年の差夫婦は価値観のズレが生じやすいため、共通する趣味などを探して、日頃から関係を良好に保つ努力が必要です。

お互い歩み寄っていく努力を続ければ、年の差結婚を成功させることができます。

婚活は5歳差以内なら成功しやすい

婚活は5歳差以内なら成功しやすい

結婚する際に年の差があってもいいという異性は、まだまだ少ないのが現状です。

特に10歳以上も年が離れていると、年の差をネックに異性が近づいてきてくれないときもあります。

婚活を成功させたいなら、まずは年の差5歳以内の異性を狙ってみましょう。

5歳程度の年の差であれば、男女ともあまり気にせずに近づいてきてくれます。

10歳以上年の離れた人と結婚したいなら、相手の職業や社会的立場などをよく調べた上で、慎重に婚活を進めていく必要があります。

年の差結婚には男女ともにリスクがあるので、甘い夢ばかり見ずに、よく話し合って決めましょう。

年の差結婚はお互いの努力が必要

年の差結婚を成功させるには、お互いの努力が必要不可欠です。

価値観のズレが生じてしまうと、仲直りするのが難しくなるため、日頃からコミュニケーションを取って、お互いを尊重しながら結婚生活を歩む必要があります。

お金の問題など現実的なトラブルも生じてくるので、婚活は相手の年齢を見ながら慎重に進めていきましょう。

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ