婚活お役立ち情報

結婚を最短でしたい!婚活を最短で卒業する進めかたとは

結婚を最短でしたい!婚活を最短で卒業する進めかたとは

結婚を最短でしたい!婚活を最短で卒業する進めかたとは

結婚を希望しているならば、婚活をすることにより希望をかなえることが可能になります。

ですが、漠然と活動していてもすぐに結果が出るとは限らず、時間がかかってしまうこともあるでしょう。

特に、自分の年齢を気にして婚活をしている場合には、少しでも早く結果を出したいと考えるものです。

そこで、婚活を最短で卒業する進めかたをいくつか見ていきましょう。

信頼できるパーティーや結婚相談所を選ぶ

信頼できるパーティーや結婚相談所を選ぶ

婚活をして短期間で結婚をしたい場合、信頼できる婚活パーティーや結婚相談所を選ぶことが重要になります。

よくある間違えた方法としては、男性が料金の安い婚活パーティーに参加してみたところ、女性のほとんどがサクラだったような場合です。

相手がサクラばかりだと、どれだけ熱心に活動をしても出会える可能性は高まりません。

それならば、初めからしっかりとした業者にお願いをして十分なお金を払った上で参加した方が、出会える可能性は高まるでしょう。

結婚相談所に関しても同様です。

お金をかけて結婚相談所に登録するならば、収入証明書が義務付けられているような所や、収入の条件があるところを選ぶ必要があります。

もちろん、収入の条件と言っても、ハイクラスなところを選んだほうがよいという意味ではありません。

参加するのに制限がある結婚相談所は、そこに参加する人の質もしっかりしている傾向があります。

そのような質の高い結婚相談所を探すためには、事前にしっかりとリサーチをして口コミや評判なども十分に確認をしておきます。

多少手間はかかりますが、そのほうが短期的に相手を見つけ婚活を卒業できる可能性も高くなるでしょう。

とにかくたくさんの人に声をかけること

とにかくたくさんの人に声をかけること

出会いは、待っていてもなかなか訪れるものではありません。

仮に、結婚相談所や婚活パーティーに参加したとしても、自分から積極的に動かなければ良い出会いを見つけることは難しいでしょう。

そこで、良い相手と最短で出会い結婚するためには、とにかくたくさんの人に声をかけることが必要になります。

例えば、婚活パーティーに参加した場合には、一人の異性に絞って声をかけることも重要ですが、もしその異性が別の人とカップルになってしまった場合また1からやり直しをしなければなりません。

そこで、最低でも1日5人から 6人の人に声をかけることを目標にしてみましょう。

声をかけた人の中には、自分とぴったりの相性の人がいるかもしれません。

結婚相談所に参加する場合には、自分と相性がよい人を5人から6人ほど選んで、アプローチをしてみる必要があります。

もちろんその中で、良い返事が来る人もいればそうでない人もいるでしょう。

良い返事がきた人とは、忙しくても積極的に会ってみることが必要になります。

実際にプロフィールだけでは分からないものがあるからです。

もし、直接会った人の中で自分にぴったりの人がいないと感じるならば、また次に 5人から6人の人にアプローチをしてみることが重要になります。

少なくとも、行動することによって道が開けるのは間違いありません。

ただ、あまりたくさんの人数に出会うと、メールの内容がワンパターンになってしまうことが考えられます。

そこで、アプローチする場合でも相手の要望に合わせたアプローチ方法を考えることが重要になるでしょう。

相手の希望を調べて自分をアピールする

相手の希望を調べて自分をアピールする

最短で婚活を終わらせて結婚に結びつけるためには、行動することも大事ですが、それに加えて相手のニーズに合わせることも重要です。

女性が結婚相手を探している場合には、自分のニーズを満たそうと相手を探すことになるでしょう。

例えば年収が500万円以上の男性を求めるなら、その中から絞り込みます。

後は、自己アピールをして相手の返事を待つことになるケースが多いです。

ですが、それだけでは自分の要望がかなえられるとは限りません。

カップル成立になるためには、一方通行ではなくどのようにしたら相手が自分を選んでくれるのかという視点に立って自分をアピールしなければなりません。

そこで、相手は何を望んでいるかを明確に調べて、自分が相手の希望している人間であることをアピールするのです。

例えば、女性に対して料理を作ってほしいと希望している男性がいた場合、「自分は料理が得意で、毎日あなたのお腹を満たすことが出来るかもしれません」とアピールすることで一気に距離が縮まるでしょう。

相手の希望をかなえることができれば、今度から相手の方でアプローチしてくる可能性が高くなります。

そうすると、必然的にレスポンスが早くなり、結果的により多くの人と出会うことができるでしょう。

ですが、料理が得意でないのに無理をして「自分は料理が得意です」などとアピールする必要はありません。

相手からのレスポンスはあるかもしれませんが、実際に付き合い始めてから料理が得意でないことがばれてしまい、結局結婚に結びつかず、余計に遠回りをすることになりかねません。

あらかじめ自分が得意なものとそうでないものを見分けて相手の希望をかなえることができる場合だけアプローチをしてみるのがよいです。

うまくいけば、婚活を卒業して1年以内に結婚することも夢ではなくなるでしょう。

人とのつながりを大事にすること

人とのつながりを大事にすること

婚活をして最短で結婚をするためには、人間関係を大事にすることが重要になります。

結婚する場面とは、人と人が結び付く場面になります。

結婚相談所や婚活パーティーに出席することも大事ですが、それとは別に普段から人間関係をしっかり作っておくことです。

すると、自然にすてきな異性と出会える可能性も高まってくるでしょう。

ただこのとき注意しておかなければならないのは、無駄に人間関係をつくり過ぎないことです。

人間関係といっても、結婚と全く関係のない関わりならばわざわざ作る必要がありません。

人間関係が増えれば増えるほど、付き合いが多くなり本当に重要なことに力を入れることが難しくなってしまうからです。

結婚を前提にした人間関係を作るために、まず自分が希望する世代と「同世代で独身の人」と仲良くなる必要があります。

とはいえ、独身の人がすべて結婚をしたいと考えているわけでもなく、また素敵な人を紹介してくれるとは限りません。

そこでターゲットを広げ、独身の人の中でも「自分が許容とする世代の人たちとつながりがある人」とも付き合うようにしましょう。

この時のポイントですが、一方的に自分が求めるだけでなく、自分も積極的に相手に提供する姿勢が必要です。

例えば、自分が同じ独身の同性とつながりを持った場合、お互いに異性との出会いを求めているのなら、自分だけが異性を紹介してもらうのではなく、自分からも知っている異性を相手に紹介してあげることが必要です。

もし、その同じ独身の同性が結婚している場合などは、その人が欲しがっているものをリサーチして与えることが重要になります。

例えば、紹介してくれた人がある有名な歌手が好きでコンサートに行きたいとします。

この場合は、なんとしてでもそのチケットを手に入れて相手に渡せば、好意的に感じてくれるかもしれません。

そしてよりたくさんの人を紹介してくれるような展開になる可能性も考えられます。

人脈を持つ場合に必要なことは、キーマンと呼ばれる人を見つけることです。

キーマンは、たくさんの人脈を持っている人で、多くの人とつながりがあります。

そこから可能性を広げていくのです。

仮に婚活パーティーなどに出席する場合でも、直接出会った人がキーマンならば、その人と付き合おうとするよりも、出会ったキーマンと友達になっておきその人からさらに人脈を広げる方法もあります。

一見遠回りなやり方に感じるかもしれませんが、このような人間関係の作り方も良い結婚相手を早く見つけるために必要な1つの方法として心得ておきましょう。

ちなみに、キーマンは明るく話好きな人や、クラブチームやサークルなどをまとめる役割をしている人に多い傾向があります。

自分磨きをしておく

自分磨きをしておく

婚活の市場においては、需要が高い人とそうでない人がいます。

需要が高い人になれば、必然的にたくさんの異性が近くに寄ってくるでしょう。

例えば男性ならば、年収が高い人や話の面白い人、そして見た目が良い人などは異性からの需要が高いです。

一方女性の場合は、若い人やスタイルがよくてきれいな人、そして料理が上手な人などになります。

そこで、自分自身も需要が高い人間になっておく必要があります。

とはいえ、人間には可能なことと不可能なことがありますので、あまり不可能なものばかりに目を向けて落ち込んではいけません。

例えば、多くの男性が20代の若い女性を望んでいたとしても、年齢がすでに 30歳になってしまっている女性は、努力では20代に戻る事は出来ません。

このように、自力で変えることはできないものは特に考えなくてもよいでしょう。

それよりも、男性が料理好きの人を好む傾向があるならば、一通り料理を学んで腕前を磨いておく必要があります。

料理を学ぶといっても、プロのように本格的に修行をする必要はありません。

基本的な家庭料理で十分でしょう。

基本的な内容だけならば数カ月で学ぶことも可能です。

そして、ある程度料理ができるようになった段階で、男性に対して自分が料理好きなことをアピールすれば異性が近づいてくる可能性が高まります。

男性が婚活をする場合も、女性が求めていることをリサーチしておきましょう。

清潔感があり太っていない人を希望している女性が多い場合には、この二つを達成させることに力を入れればよいことになります。

清潔感があるかどうかは、髪形や服装で随分変わってくるでしょう。

これを変えることに関してはそれほど難しくありません。

後は、そのような格好を自分自身が受け入れるかどうかになります。

身体に関しては、ダイエットや筋トレをすることにより女性の好みの見た目に変えることは可能です。

基本的に、3カ月から半年もあれば大きく肉体改造することは可能です。

毎日食事制限と筋トレをしていれば本当に同一人物なのかと思われるぐらい、見た目を変えることは可能になるでしょう。

逆に、1か月程度で結果を出そうと思っても難しいことが多いため、すぐに変化を望まないことが重要になります。

あまり高望みをしないこと

あまり高望みをしないこと

婚活をする場合にも、1年以内に結婚する人もいれば3年経過してもいまだに相手を見つけることができない人もいます。

この違いが生じる理由はいくつかあるものの、おおむね相手に対して理想を求め過ぎていることが原因の可能性があるでしょう。

例えば女性の場合、男性に高い収入を期待することや、年齢が若く身長が高くやせている人などと希望を述べる人も少なくありません。

たいていの場合、自分の価値に見合わない人を相手に求めようとするためなかなか良い相手と巡り合わないわけです。

そうだとすれば、高望みをしないことで、短期間のうちに良い相手と出会える可能性も高まるでしょう。

まず、相手に対する理想がいくつもあった場合、少しずつ理想を下げる努力をすることです。

例えば結婚相談所に行き、最初は高いレベルの相手を望んでいたとしても、出会えない場合は次にランクを少しずつ落としていきます。

相手に対して希望している条件が10個あった場合には、それを8個まで減らしてみましょう。

それでもまだマッチしない場合には6個に減らすといった感じで少しずつ減らしていきます。

ハードルを下げれば、マッチする異性が増えるとともに自分の価値も少しずつわかってきます。

自分の価値が分かれば、その価値を受け入れることが重要になるでしょう。

この点はなかなか抵抗があるかもしれません。

ですが、婚活市場においては客観的に自分の価値が分かっている人ほど、短期間で良い相手を見つけて婚活を卒業できる可能性が高まるものです。

婚活に成功して短期間で結婚するための秘策とは

短期間で良い相手と出会い婚活を卒業したいならば、まずたくさんの人と出会うことが重要になります。

この時、人脈をあらかじめ作っておくと、良い出会いが見つかる可能性も高まります。

もし結婚相談所など選ぶ場合には、身分証明書の提出が必要なところなどを選ぶと良いです。

それと同時に、自分磨きをしておくことや相手に対して高望みをしないことも大事になってくるでしょう。

 
婚活診断テストバナ-2
03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ