婚活お役立ち情報

そうだったのか!婚活で結婚の決め手になるもとは?

そうだったのか!婚活で結婚の決め手になるもとは?

そうだったのか!婚活で結婚の決め手になるもとは?

婚活中の女性に多い悩みのひとつが、「結婚の決め手がわからない」こと。

短期間に多くの男性とお見合いをしていると、「本当にこの人でいいの?」「もっといい男性と出会えるかも……」と、迷いや不安が生まれてきてしまうのです。

結婚は人生を左右するものなので、誰だって失敗したくないですよね。

結婚の決め手が分からないと悩んでいる方に、見極めるポイントをご紹介しましょう。

 
婚活診断テストバナ-2

1.結婚の決め手 相性が良い

1.結婚の決め手 相性が良い

好きな男性像を思い浮かべてみてください。

誰でも「好みのタイプ」があると思いますが、好みのタイプと「相性の良いタイプ」は異なることがほとんど。

「好きなタイプの男性と付き合えたのに、うまくいかなかった」という方は、相性が良くなかったのかもしれません。

相性が良い男性を選ぶと、一緒にいて楽で、自分らしく振る舞えるのがメリット。

長い人生を共にする上で、一番大事なポイントかもしれませんね。

「相性が良い」とはどういうことなのか、具体例を見ていきましょう。

1-1.食の好みが似ている

食事は毎日のことなので、好みが合うことは重要です。

好みがかけ離れた人と結婚すると、せっかく作った食事をおいしいと言ってくれなかったり、自分が食べたい料理を拒否されたり……。

食は生活の中の基本的な部分なので、好みが合わないと不満になりがち。

一緒に食卓を囲むのがストレスになってしまいます。

また、飲酒の有無も気になるポイント。

自宅で晩酌をするのが好きな方は、同じようにお酒好きの男性と結婚すると、楽しく過ごせそうですね。

1-2.笑いのツボが似ている

「笑いの絶えない家庭を築きたい」というフレーズをよく聞きますよね。

笑いのツボが似ていると、同じことに一緒に笑え、楽しさを共有できる時間が多く持てます。

また、大きなケンカなど夫婦の危機に陥った時、明るい雰囲気を取り戻す効果も。

場が和んだり、会話の糸口になったりと、笑いの力は夫婦のピンチを救うきっかけになってくれますよ。

1-3.休日の過ごし方が似ている

一人で落ち着いて過ごしたい人、アクティブに外出したい人、友人との時間を優先させたい人。

休日の過ごし方は、人によって好みが違います。

お互いの好みを尊重することは大事ですが、相手に合わせることが続くと、次第に疲れてしまいます。

休日スタイルが似通っていると、二人ともリラックスした休日が過ごせますね。

2.結婚の決め手 価値観が似ている

2.結婚の決め手 価値観が似ている

男女問わず、結婚の条件の上位に入っているのが、「価値観の一致」。

実際に、離婚した夫婦の原因の1位は「性格が合わない」こととなっています。(平成29年司法統計19婚姻関係事件数申立ての動機別申立人別 全家庭裁判所 より)

価値観が似ていると、生活の中で大きな不満が生まれにくいのがメリット。

結婚生活の中でポイントとなる価値観について見ていきましょう。

2-1.金銭感覚

お金に関することは、今の生活だけでなく将来にも関係してきます。

金銭感覚がかけ離れていると、大きなトラブルに発展することも。

・どの部分にどれだけお金をかけるか

・収入に対する支出の大きさ

・借金への抵抗感

・貯蓄や投資に対する考え方

・クレジットカードの使い方

といった金銭感覚は、結婚前にチェックしておきたいポイントです。

プロフィールで収入や所有資産を確認できますが、これだけでは金銭感覚は把握できません。

お金を支払う際の態度を見たり、買い物をする時に何を基準にして選んでいるか、などお金に対する姿勢を確認してみましょう。

また、借金やローンの有無や結婚後にどちらが家計を管理するかを話し合うのも大事なことです。

お金の話は切り出しにくいかもしれませんが、結婚生活に直接的に関わってくることです。

コミュニケーションをとっておきましょう。

2-2.家族観

一般的に、「家庭環境が似ている夫婦は結婚生活が長続きする」と言われています。

家庭環境や家族との付き合い方が似ていると、考え方や行動も近くなるため、トラブルが起きにくくなるのです。

プロフィールで家族構成を確認するだけでなく、

・しつけが厳しかったか

・冠婚葬祭に対する考え方

・実家に帰省する頻度

・大きな決断をする時に家族で話し合いをするか

などを質問してみましょう。

自分にとって普通のことが相手にとっても普通とは限りません。

生活習慣や常識の違いが見えてくるかもしれませんよ。

2-3.恋愛観

自分だけを愛してくれる誠実な男性と結婚したいと考えているなら、恋愛観の確認も必要です。

「浮気は男の甲斐性」とまで言わなくても、「男の浮気は仕方がないこと」と考える男性は少なからずいます。

倫理観が低く、浮気に抵抗感がない男性を選ぶと、浮気に悩まされる可能性が出てきます。

恋愛観を知るには、過去の恋愛遍歴や、別れた理由について聞いてみましょう。

恋愛が長続きしていない男性は、浮気が原因かもしれません。

また、女友達が多い男性、女性との距離感が近い男性、モテにこだわる男性は要注意。

ちょっとしたきっかけで浮気に走りがちな男性の特徴です。

3.結婚の決め手 条件が合っている

3.結婚の決め手 条件が合っている

婚活では、年齢、年収、学歴、身長などの様々な条件面からお相手を現実的に選べます。

この中から、結婚の決め手になりやすい条件を見ていきましょう。

3-1.年収

女性の場合、男性の経済力を重視している人が多くなっています。

「複数の男性と迷ったけれど、決め手になったのが安定した生活が送れそうな年収だった」という女性の意見も珍しくありません。

収入が高ければ幸せな結婚生活が送れるわけではありませんが、子供を希望している場合、収入が低いと安心して子育てが行えない不安がありますよね。

また、収入が高いと子供の教育に熱心になれたり、病気やケガなどのトラブル時にも安心感がある、というメリットもあります。

ただし、現在の収入はあくまで現時点のもの。

結婚後に収入が上がったり下がったりすることも考えられます。

経済力を重視したい方は、将来出世が期待できそうか、勤務先は安定しているか、いざという時転職できるスキルがあるか、といったことも考慮に入れましょう。

3-2.学歴

結婚相手に「会話が楽しくできること」を求めている女性は多いのではないでしょうか。

この会話の相性に深く関わっているのが、教養のレベルです。

教養のレベルに大きな差があると、相手の話が理解できなかったり、会話を発展させられなかったりと、円滑なコミュニケーションが難しくなります。

子供の教育方針が一致せず、争いになる可能性も出てきます。

教養のレベルと学歴は必ずしも一致しませんが、推測できる材料のひとつ。

見落としがちですが、押さえておきたいポイントです。

3-3.容姿

結婚相手に容姿の良さを求める女性は少ないですが、毎日顔を合わせるので、意外と大切なポイントです。

イケメンである必要はありませんが、「自分好み」の容姿であることは必要。

好みの容姿だと、イライラした時や喧嘩をした時でも「まぁいいか」と許しやすくなるものです。

また、子供の容姿にも関わってくる、というシビアな女性の意見も見られます。

4.結婚の決め手 ライフプランが一致している

4.結婚の決め手 ライフプランが一致している

婚活で「条件も性格も良い男性だけど、結婚に踏み切れなかった」という話は少なくありません。

理由で多いのが、結婚後のライフプランの不一致です。

・共働きか専業主婦(夫)か

・夫または妻の転勤に対応できるか

・女性が働く場合、仕事に理解があるか

・家事分担はするか、相手に求める家事レベル

・子供は欲しいか

・持ち家か賃貸か

・互いの両親の介護への考え方

など、全てが一致する必要はありませんが、具体的な生活のイメージがかけ離れていると結婚してもうまくいきません。

ただし、生活に対する考え方はライフステージによって変化してくるので、今の考えがずっと続くとは限りません。

特に子供ができた場合は、大きな変化が迫られることがあります。

重要なのは、自分が相手に合わせられるか、そして自分に合わせてくれる相手なのか。

二人で相談しながら、一緒に生活を作り上げていける相手かを考えてみましょう。

5.結婚相手を決める時に気を付けたいこと

5.結婚相手を決める時に気を付けたいこと

結婚の決め手をご紹介してきましたが、最後に結婚相手を選ぶ時気を付けたいポイントについて触れたいと思います。

5-1.焦らない

婚活では恋愛結婚と比べると短期間での決断が迫られます。

具体的に期限は設定されていませんが、結婚を強く意識している男女です。

成婚したお見合いカップルの多くは、1年以内に結婚に至っています。

仲人からの様子伺いや、男性から結婚の具体的な話を切り出されると、焦りが出るかもしれません。

しかし、覚悟ができないまま結婚を決めてしまうのは危険です。

大事なものを見落としてしまわないよう、納得して決断を下しましょう。

5-2.相手の色々な姿を見てみる

相手に良い印象を与えようとするのは当たり前のことです。

本当の人柄を見極めるためには、お付き合い期間中に様々な過ごし方をしてみることをおすすめします。

・お酒を一緒に飲んで、酔った時の様子を見る

・ドライブに行って運転中や渋滞中の態度を見る

・旅行に行って、計画の立て方や現地での過ごし方を見る

・彼の友人と会って、接し方を見る

結婚後の「こんな男性だったとは……」を防ぐため、普段とは違うシーンでの態度や、自分以外の人への接し方をチェックしてみましょう。

5-3.妥協も必要

理想通りの男性は、この世の中には存在しません。

理想の結婚生活に固執しすぎるとお相手探しは厳しくなるので、時には妥協も必要です。

間違えて欲しくないのが、「妥協」と「諦める」ことは違う、ということ。

もしも譲れない条件があるなら、それは絶対に譲らないことです。

そうでないと、結婚後に後悔することになります。

短所を見つけた時、目をつぶれるか、絶対に許せないかを考えてみましょう。

許せる範囲なら、柔軟に対応することが大事です。

5-4.迷ったら直感に頼ってみる

真面目な女性は深く考えがちですが、迷って決められない時は直感を信じるのも一つの方法です。

直感はその人の知識やこれまでの経験からはじき出されたもので、良い結果を導く可能性が高いと言われています。

「なんかいいな」「モヤモヤがするな」といった感情を軽くとらえず、判断材料にしてみては。

本能的に結婚したい相手、したくない相手をジャッジしているのかもしれませんよ。

まとめ

結婚相手の選び方に、正解不正解はありません。

自分が納得できることが一番大切です。

ご紹介したことを参考にして、あなたの結婚の決め手を考えてくださいね。


<<LINE登録でお役立ち情報や最新情報を手に入れましょう>>

友だち追加

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ