婚活お役立ち情報

子供がいても婚活ってできるの?子持ちの婚活ポイント

子供がいても婚活ってできるの?子持ちの婚活ポイント

子供がいても婚活ってできるの?子持ちの婚活ポイント

離婚などによって1人で子育てを頑張っている人も少なくありません。

ただ長い人生、ふとした時に新たなパートナーが欲しいと感じるのも不思議ではありません。

子供がいる状況での婚活は独身より厳しいイメージがあるかもしれませんが、地道に活動すれば最愛の人に巡り合える事もあるのです。

今回は子持ちの婚活のポイントや婚活の方法についても紹介していきます。

 
婚活診断テストバナ-2

再婚の意思を固める

再婚の意思を固める

新たなパートナーを見つけたいと思っても、子持ちである自分の状況を卑屈に捉え、なかなか行動に移せない人もいます。

ただ婚活はタイミングが大事で、年齢を重ねていく度に不利になっていきます。

相手側からの印象はもちろん、子供がどのように感じるかも重要な点です。

子供が新しい父親、または母親が欲しいと思っているなら、その時こそがベストな時期です。

また子供が再婚相手と良好な関係を築けるようにするには、一緒にお出掛けをしたり遊ぶ機会を作っていく必要がありますが、年齢が幼いほどスムーズに進みやすいです。

もちろん子供が小さいからといって、全てのケースで上手くいく訳ではありません。

しかし思春期など難しい時期は、反発心から親子関係も危うくなる可能性もあるので慎重になる必要があります。

もし再婚したいという考えがあるなら中途半端な気持ちではなく、再婚の意思をしっかりと固めなければいけません。

気持ちがブレている状況では、せっかく良い相手に巡り合っても消極的になって、チャンスを逃してしまいます。

自分の気持ちが固めにくいのは子供が関係しているなら、子供にも自分の意志をハッキリと伝えた方が賢明です。

子供の事が一番大切な存在であると伝え、その上で再婚したい旨を伝えると、子供もある程度理解し、心構えを持ってくれるようになります。

軽い交際は避ける

軽い交際は避ける

再婚への思いが強くても、子供の気持ちが一番大事という点は忘れてはいけません。

もし再婚したい旨を伝えた時に、子供に反対される状況で無理に強行するのは良くありません。

また例え賛成してくれたとしても、突然自分の扱いが二の次となり、交際相手との付き合いを優先させると子供は寂しい思いをする事になります。

良い人がいれば交際に発展させても良いですが、再婚希望ならば遊ぶだけの軽い付き合いではなく、将来的には結婚も見据えたお付き合いにしなければならないのです。

子供も含めた交際となると、2人で会うだけではなく、子供も一緒に相手と会うようなデートが理想です。

パートナーと子供が対面する時、最初はぎこちない雰囲気になるのは当たり前です。

それでも休みの日に遊園地に行くなり、お弁当を持ってピクニックに行くなどしてお互いに会う回数を重ねていくと、いつしか会話も多くなり距離間も縮まっていきます。

子供も含めた自分の事を相手に受け入れて貰えるかが、再婚が上手くいくかいかないかの鍵となるのです。

早い段階で子供がいる事を相手に伝える

早い段階で子供がいる事を相手に伝える

まだ親しくない間柄では、自分のプライベートな事をペラペラと話すのは抵抗があるかもしれません。

しかし気になる相手でお付き合いしたいと思ったなら、早い段階で自分の事を正直に伝えておいた方が賢明です。

もし相手が子持ちの人とは交際する気が無いなら、そこからは深い関係にはなりません。

逆に子持ちであっても魅力的な人だと思われたなら、子供を含めて自分の事を受け入れてくれます。

早い段階で子持ちである事を伝えた方が良い理由は、後になればなるほど言い出しにくくなるからです。

何も話さなければ、相手も当然独身と思い込んでいます。

そして独身と思っていた相手から突然子供の存在を聞かされた時は、想像以上の衝撃を感じるものです。

ずっと言わなければいけないと思っていた、悪気は無かったと言い訳をしても、相手からすると「もっと早くに伝えて欲しかった」と感じるのが本音です。

そして結果的に関係がギクシャクして、別れてしまう事にも成り兼ねません。

もちろん早めに子供がいると伝えていても、全てのケースで上手くいくとは限りません。

単純に子供がいる人とはお付き合い出来ないという考えの人もおり、その場合はご縁が無かったと諦めるしかありません。

例え強引に結婚まで進んでも、上手くいかなくなる可能性が高いです。

一方、子持ちである事は驚いたけれど包み隠さず事情を打ち明けてくれて良かったと、好印象を持たれる事もあります。

自分自身も相手に隠しているものはなくなり、堂々とお付き合い出来るようになります。

子持ちである魅力を活かす

子持ちである魅力を活かす

バツイチで子持ちの場合は、どことなく恋愛に遠慮がちな面があります。

自分が相手に選ばれるはずがないと最初から諦めてしまう人もいますが、自分の弱点と感じている部分を魅力と捉えるようにすると、一気に前向きな気持ちになれます。

そもそもバツイチで子持ちという状況を卑下する必要はありません。

失敗した事も苦労した事も全て人生の糧に出来るので、人として成長出来るのです。

辛い経験をしているからこそ、人の心の痛みがわかると、最初からバツイチの人に絞って婚活に励んでいる人もいる程です。

また1人で仕事をして子供を育てている姿は、頼りがいがあり、父性や母性が感じられます。

家庭的な雰囲気が伝わると、将来結婚した時のイメージもわきやすく、相手も「この人なら幸せな家庭が築けそう」と感じるのです。

これは子供を育てているからこそ出来るアピールポイントです。

そして基本的に1人で父親役と母親役をこなしている人は忙しいです。

独身の場合は気持ちがパートナーに全て向けられますが、子供を育てている人は子供中心の生活になります。

好きな相手にガツガツとアピールしていきたいのが本音でも、現実的には厳しいものです。

しかし相手からすると、その物足りないアピールも余裕が感じられて、魅力的な大人という好印象に繋がります。

見た目にも気を配る

見た目にも気を配る

仕事に子育てと毎日が忙しいと、自分の事は二の次になってしまいます。

ただし生活に疲れ、所帯じみた雰囲気を醸し出していては異性からの印象は良くありません。

例えば職場や昔からの知り合いではなく、自分の事を知らない場で婚活をする場合は、見た目が大きなウエイトを占めます。

もちろん性格や収入が良いのも婚活では大きなポイントになりますが、相手が初めて知る自分の情報は外見となります。

つまり外見を気に入られなければ、どれだけ他の面で優れていても対象外とみなされてしまうのです。

1人で子育てをしているという背景があっても、自分のケアを怠った結果、髪の毛がボサボサであったり肌荒れが酷いと、相手にだらしない印象を与えてしまいます。

そのため清潔感のある髪型にする、着る服はアイロンをかけておく、爪やムダ毛の処理もしておくなど、最低限の身だしなみは整えておきたいものです。

爽やかで清潔感が漂う人は、実際の年齢より若く見られる事が多いです。

逆に注意したいのが、過剰に若作りをしたり着飾る事です。

自分を少しでも若く見せようと張り切り過ぎても、髪型や服装だけが浮いてしまって痛々しい印象になります。

特に女性は厚化粧や派手なネイル、強い香水、ブランド物で固めた姿が逆効果となる事もあります。

子供を育てている父親、母親である事を忘れず、あくまでも年相応の恰好をするのがポイントです。

初めて会う際の服装は男性ならスーツ、女性はワンピースが無難で、あまり個性的なファッションやカジュアルな恰好で臨むのは避けた方が賢明です。

婚活方法を見極める

婚活方法を見極める

婚活にはいくつかの方法があります。

友人や知り合いから紹介して貰う方法もあれば、お見合いパーティーに参加する、婚活アプリに登録する、結婚相談所で活動するといった方法もあります。

自分に合った方法ならどれを選んでも大丈夫ですが、再婚を希望しているなら、真面目な出会いを探す事が大切です。

まず、一度に多くの人と出会えるお見合いパーティーは、よくテーマが設けられています。

30代限定、40代以上など年代別に分けられている事もあれば、再婚希望者限定のパーティーも開催されています。

これは離婚歴がある人、または離婚歴がある人と再婚しても構わない人が集まります。

独身が揃うパーティーに果敢に攻めるのも良いですが、再婚希望者限定のパーティーの方が相手を見つけられる可能性は高くなります。

婚活アプリはパソコンやスマートフォンがあれば、いつでもどこでもお相手探しが出来ます。

色々と忙しい子持ちでも無理なく婚活が出来る点がメリットと言えます。

ただ婚活アプリは調べてみると、たくさんの種類が出てきます。

どのアプリを選ぶべきか迷うところですが、アプリによってカラーは異なり、利用している年齢層も違います。

せっかく選ぶなら自分と同年代の会員が多い所、また再婚希望者が多いアプリを選ぶようにします。

また誰もが無料で利用できるアプリより、ポイント制や月額制など有料となっているアプリの方が安心感があります。

結婚相談所は自分が求める条件で相手を探せます。

そしてバツイチや子持ちでも、その事情を知られている上でお見合いする事が出来ます。

他の方法は出会えても、その後の交際は2人に委ねられます。

良い関係が続いていたとしても、突然連絡が取れなくなってしまう事もあるのです。

その点、結婚相談所の場合は仲人やアドバイザーの手厚いサポートがあり、お見合い相手が決まれば、確実にお見合いが行われます。

また自分で相手を探すだけではなく、マッチングのプロが自分と相性の良い相手を紹介してくれるスタイルもあります。

少し費用はかかりますが、お見合いの日程調整やお断りなど、全て結婚相談所に任せてお相手探しに集中出来るのは魅力的です。

多くの事を相手に求めない

多くの事を相手に求めない

再婚に限らず、婚活では理想を高くし過ぎない事が上手くいくポイントです。

自分の中で絶対に外せない条件は重視しても良いですが、少々自分の理想に当てはまらない部分があっても、頑なにこだわらないようにしましょう。

結局色々と注文をつけていては、どんどん候補となる相手の数が少なくなり、出会うチャンスも減ってしまいます。

例えば体型が好みでない、趣味が違うといった不満は、結婚後に変える事も可能です。

太っていた人も頑張って運動すれば痩せる事ができ、一緒に趣味を楽しめば相手も目覚めてくれるかもしれません。

しかし考え方や価値観は変える事が出来ません。

条件は良いけれど、話をした時に何か違和感を感じると、それが結婚後にも続く可能性が高いです。

結婚した後は簡単に別れる訳にもいかないので、長く一緒にいても苦痛に感じない、自分が素の状態でいられる相手を探さなければいけません。

そして子持ちで再婚するというのは、相手に血のつながらない子供の親になって貰う事を意味します。

子供の気持ちを考えると、優しく自分をサポートしてくれる人に新しい親になって貰いたいと考えるのは当然です。

そのため自分の気持ちだけではなく、子供も含めた相性の良さも考慮して相手を選びたいものです。

再婚は焦らず諦めず

子持ちの人であっても、婚活を始めてすぐに相手が見つかる人もいます。

ただ結婚はお互いの気持ちが合致しない事には成立しないものです。

早く相手を見つけたいと焦ると、結婚後に相性が良くない事が判明するかもしれません。

子供の存在もあるため焦り過ぎず、一方で新しいパートナーが欲しいという願望が強いのであれば、諦めずに婚活を続ける事が大切です。

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ