婚活お役立ち情報

結婚相談所を辞めようかと思ったときに考えるべきこと

結婚相談所を辞めようかと思ったときに考えるべきこと

結婚したいという気持ちはあっても、忙しい日常生活のなかで運命的な出会いをすることが難しいケースもあります。

また、素敵な出会いがあって交際を始めても、なかなか結婚へと進まない恋愛もあるものです。このため、真剣に結婚を考え、結婚相談所を利用し始める人も少なくありません。しかし、勇気を出して入会してみたものの、結婚相談所を辞めようかと悩んでしまっている人もいることでしょう。

そこで、結婚相談所を辞めたいと思ったときに確認しておきたいポイントについて紹介します。

そもそも結婚相談所ってどんなところ?

結婚相談所と一言でいっても、サービスのシステムなどにより大きく3つの種類に分けることができます。

まず、1つ目データマッチング型です。入会する際に、年収や学歴、勤務先などを含めたプロフィール情報と結婚相手へ希望する条件を登録しておき、実際に会いたいと思う相手をコンピューターで検索します。

携帯電話やパソコンなどから相手を探すことができるため、忙しい人でも隙間時間を利用して効率よく婚活することができる方法です。また、データマッチング型の結婚相談所は会員数が多く、理想の相手が見つけやすいという点も魅力となっています。

気に入った相手が見つかったら結婚相談所にデートの申し込みを行い、相手からの承諾が得られれば連絡先などを送ってもらって交際開始です。連絡先の交換をした後の交際については本人同士で自由に進めていきます。

結婚相談所の2つ目の種類が、インターネット型のサービスです。一般的には、専用のサイトに自分のプロフィールを登録するだけで利用することができます。データマッチング型の結婚相談所に登録する際には、通常は身分証明書や独身証明書、収入証明書などの提出が義務付けられています。

しかし、インターネット型では本人のプロフィールを証明する書類の提出を義務付けていないところがほとんどです。このため、すべての手続きをインターネット上で完結できて、他人に知られずに婚活できる気楽さがある反面、相手の情報の信ぴょう性については自己責任で判断しなければいけないリスクもあります。

また、無料で会員登録できるところが多く、気軽に利用できることから、出会い系サイトと同類視されることもあります。

最後に3つ目となるのが、仲人型のサービスです。相手探しから成婚に至るまで結婚相談所のアドバイザーが間に入り、サポートを受けながら婚活することができます。ひとりひとりに対して丁寧なサポートが行われるため、比較的小さい規模で行っているところが多い傾向です。

また、一般的には、入会時に身分証明書や独身証明書、収入証明書などの提出が必要となるため、信頼性の高いサービスとなっています。お見合いのときだけではなく、交際時のアドバイスも受けることができるため、異性との交際に慣れていない人でも安心して婚活することができる方法です。

結婚相談所を辞めたくなる理由とは

結婚相談所を辞めたくなる理由とは

結婚相談所を辞めたいと思うきっかけは人それぞれです。

ただし、一般的に多く見られる理由は、登録や入会をしたものの、なかなか結婚できずにいることです。結婚相談所に登録したにもかかわらず、結果が出ないことに悩んでしまう人も少なくありません。このまま登録を続けていても時間やお金がもったいないのでは?と考えて辞めようかと考える人もいます。

結婚相談所に登録したり入会したりすることは、婚活の大きな一歩です。しかし、登録するだけで誰でも必ず結婚できるわけではありません。登録したのになかなか結婚できずに悩んでいる人のなかには、結婚相談所に登録したことで満足してしまい、自分から十分な行動を起こせていない人もいます。

また、行動は起こせていても、それが独りよがりの行動となってしまっているケースもあるのです。

このため、結婚相談所に登録したにもかかわらず婚活に行き詰まってしまっているなら、まず、自分が現在どのタイプの結婚相談所に登録しているかを確認し、登録先について見直してみることが大切となります。結婚相談所の利用自体が合っていないのではなく、結婚相談所のタイプが適していない可能性もあるからです。

気楽にしたいか、真剣勝負で臨みたいかで婚活方法の見直しを

インターネット型の結婚相談所を利用すると、人の目を気にせずに自分のペースに合わせていつでもどこでも婚活をすることができます。

また、登録するための費用は、無料もしくは安価であるため、婚活費用を抑えることも可能です。さらに、相手探しがインターネット上で、最初の交流はメールで行うことができるという点もインターネット型の特徴となっています。このシステムは、お互いを知らないうちから直接会ってコミュニケーションを取ることに苦手意識を覚えている人にとっても利点のある方法です。

ただし、基本的にはすべて自分が行動しなければ前進できない方法となっています。このため、積極的にアピールすることができない人だと、なかなか交際へと進めないこともあります。

さらに、身分確認不要で登録できることが多いため、収入や独身の有無、勤務先などの登録内容に偽りがないか、相手が信頼できる人であるかを自分で見分けることが必要です。このことから、人生の重要な決断となる結婚相手選びに、つい慎重になってしまい、結婚へとなかなか行きつけないこともあります。

現在インターネット型を利用していて、これらのなかに当てはまる点が見られるなら、データマッチング型や仲人型に変えることで交際や結婚がスムーズに進みやすくなることもあります。登録時に身分確認を行うデータマッチング型や仲人型なら、プロフィールなどを信頼して参考にできるため、安心して交際へと進みやすくなるからです。

さらに、簡単に登録できるインターネット型には出会いのみを目的にした登録者も混じっていることがあります。しかし、身分証明書などの提出が必要なデータマッチング型や仲人型では、真剣に結婚を考えて登録している人が多くなっているため、結婚へと話が進みやすくなるのです。

また、消極的だったり、アピール下手だったりといったことが原因でうまくいっていなかった人においては、仲人型なら交際が順調に進みやすくなります。アドバイザーの第三者としての客観的な助言や的確なフォローが心強いサポートとなって、成婚へと結びつきやすくなるからです。

データマッチング型が合わないなら仲人型を!

データマッチング型が合わないなら仲人型を!

データマッチング型の結婚相談所を利用していてうまくいかない人のなかには、理想の相手は見つかるものの交際に進まないという人もいます。

また、交際には行きつくものの結婚が成立する前に破談してしまうといったケースも少なくありません。条件としてはうまくマッチングしているのに、実際に話が進まないような場合には、相手への接し方、交際方法などがつまずきの原因となっている可能性を疑いましょう。

データマッチング型は出会いの機会を提供することが主なサービスです。マッチング後の相手とのやりとりはすべて自己管理となります。

異性との交際が不慣れであれば、思わぬところで相手に不快な思いをさせていたり、スムーズなコミュニケーションを取れていなかったりする場合もあるものです。結婚に至らない人のなかには、魅力的なアピールポイントがあるにもかかわらず積極的に動けないことでチャンスを逃している人もいます。

このような場合には、お見合い時のマナーや服装、相手との接し方や心構えなどについてアドバイザーから助言をもらうことができる仲人型にすることで、悩みが解決されることもあります。本人の魅力を上手にアピールする方法についてアドバイスを受けることで、今まで先に進めなかった交際へと前進できることもあるのです。

辞めたいと思ったら一度婚活方法を見直すことが大切!

多くの場合、結婚相談所に登録したからといって、すぐに運命の人と巡り合えるものではありません。登録後、なかなか交際に進むことができずに諦めたくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、実際に成婚できている人は、1~2回うまくいかなかったからといって辞めてしまう人ではなく、あきらめずに頑張っている人です。一生を共にすることとなる大切な結婚相手を選ぶためには、それなりの時間が必要となる場合もあります。

ただし、ただダラダラと婚活を続ければいいというわけでもありません。一般的には、登録してから半年から1年ほどが成婚までの目安となっています。婚活方法を見直すことなく、2年、3年と登録し続けている人は長期会員となって結婚から遠のいてしまうこともあるので注意が必要です。

このため、先が見えずに結婚相談所を辞めたいと思ったら、まずは、登録している結婚相談所の種類が自分に合ったシステムのものであるのかを見直すことが大切なポイントとなります。

真剣に結婚をしたいと考えているなら、短期間での成婚に期待が持てる仲人型で婚活するのも方法です。自分だけの好みで選ぶのではなく第三者の視点も入った相手選びから始まり、お見合いの交渉や交際中のアドバイスなどといったフォローもしっかりと受けることができます。

さらに、紹介される相手の身分確認などは入会時にすでに済まされているため、短い交際期間でも安心して結婚の決断をすることも可能です。

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ