婚活お役立ち情報

チャンスはまだある。振られた人を振り向かせる方法とは

チャンスはまだある。振られた人を振り向かせる方法とは

チャンスはまだある。振られた人を振り向かせる方法とは

大好きな人から振られる、それはとても辛い経験です。

勇気を振り絞って告白したのに、ショックが大きすぎて何も手につかなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、好きだという気持ちが大きいなら、無理にあきらめることはありません。

むしろ、振られた後の方が相手に意識してもらえるため、チャンスがあるかもしれないのです。

それでは、振られた人を振り向かせる方法について、ポイントを押さえて解説します。

 
婚活診断テストバナ-2

相手は、振ったことを後悔しているかも?

相手は、振ったことを後悔しているかも?

振られた後の方がむしろチャンスがあるかもしれないというのは、一体どういうことなのでしょうか。

それには、告白されたのが自分であるという立場で考えると、わかりやすいかもしれません。

もし自分が誰かに突然告白されたとしたら、相手が生理的に受け付けないタイプの人でない限りは、基本的には嬉しいと思うことが多いはずです。

嬉しいとは思うものの、今まで恋愛の対象として意識していなかった相手であれば、ただただびっくりしてしまい、その場では何と返事をしていいのかわからなくもなるでしょう。

恐らく、どうしていいかわからないままに断ってしまうことも多いと思われます。

つまり、相手にとって今までノーマークだった自分の存在が、告白によって突然恋愛対象として意識され始める可能性が大きいのです。

ほとんどの場合、相手は告白されたその場で断れるほど、あなたのことをよく知らないでしょう。

今までは全く意識していなかった人から告白されてみると、改めてその人を見たときに好意的な意識が芽生えるのは何ら不思議なことではありません。

なぜなら、相手から思わぬ好意を寄せられていたのですから。

もちろん、告白相手にそのとき誰かしら好きな人がいるなら話は別です。

しかし、特にそのような対象がないタイミングであれば、せっかく思いがけない相手に好意を寄せてもらっていたのに、断ってしまったのはもったいなかったな、と後悔する気持ちが湧いているかもしれません。

好きな人に告白して振られてしまっても、振られた後の方がむしろチャンスがあるかもしれないというのは、そういうことなのです。

あきらめなくていい、でもしつこくするのはNG!

あきらめなくていい、でもしつこくするのはNG!

一度振られてしまっても、そう簡単に相手への気持ちが消えるわけではないでしょう。

もちろん、その気持ちは無理矢理抑えるべきものでもなく、時の流れだけが解決できるものかもしれません。

そんな中、もしかしたらまだチャンスはあるのかも、という気持ちが湧いてきたら、何かしら行動に起こさないと気が済まないタイプの人もいるかもしれませんが、ここはじっと我慢しましょう。

恋愛における心理的な原則に、「追えば逃げる、逃げれば追う」というものがあります。

恋愛に限らず、人はどうしてもしつこく追いかけてこられると、不快感を覚えて逃げ出したくなるものです。

恋愛のテクニックの1つととらえられるものですが、大好きな相手の心を思いやれば、しつこくするべきではないことはわかるのではないでしょうか。

相手のことを好きだからと、自分の気持ちばかりを押し付けてしまうことは、思いやりのない態度だと受け取られてしまうからです。

自分の素直な気持ちは大切にするべきですし、それを素直に伝えることは大切なことです。

しかし、それだけではなく独りよがりにならないように相手に配慮することも必要です。

伝えるべき気持ちは既に伝えたのですから、相手の気持ちが揺れながら良い方に変化することを信じて、しばらくじっと待ってみてはいかがでしょうか。

そしてただじっとやきもきしながら時を待っているだけでなく、自分自身が少しでも気持ちにゆとりが持てるように、好きなことに集中したり、目標に向かって努力することに気持ちを向けてみることをおすすめします。

時間を置いている間は、自分磨きを怠らない!

時間を置いている間は、自分磨きを怠らない!

告白してから再びのチャンスが訪れることを待つ間、そわそわした余裕のない状態で待っているのは逆効果かもしれません。

やはり気持ちにゆとりを持ってどっしりと構え、何かに夢中になっていきいきと生活をしている方が、自分を振った相手から見ると魅力的に見えるはずです。

告白されたのに断ってしまった相手が意外と魅力的だったと感じれば、さらに後悔の気持ちが湧いてくるかもしれません。

大好きな人に振ったことをより後悔してもらうために、自分磨きは怠らないようにしましょう。

どんな小さなことでも構わないので、何か夢中で取り組めることを見つけてください。

ファッションやメイクを研究したり、料理のバリエーションを増やしてみたり、スポーツやフィットネスをやってみたり、自分の得意なことを少しでも深めてみましょう。

勉強や小旅行、創作活動や、今までよりも仕事を頑張るなどもいいかもしれません。

特に、身体を動かしたり感性を磨くような活動をすると、心身ともにリフレッシュしてモヤモヤした気持ちも晴れるので一石二鳥です。

何かに熱心に取り組んでいる姿は、周囲から見ると輝いて見えるでしょう。

好きな気持ちを大切にしていても、何かしら自分を磨いていれば余裕を持って待つことができるはずです。

気持ちにゆとりができ落ち着いてきたなら、何事もなかったように好きな人に軽くアプローチしてみてもいいかもしれません。

告白のことは少し置いておいて、気まずくならないように普通の友人として接するところから始めてみましょう。

もし連絡が来ても、未練のある態度を取らない

もし連絡が来ても、未練のある態度を取らない

告白されたけれど相手を良く知らないので振ってしまった、でも改めて意識してみると思っていたより魅力的な人だった、そんなふうに大好きな相手に思ってもらえればチャンスが大きくなっているでしょう。

ポイントは、振られてから時間を置いている間に、大好きな人への未練がたっぷりな態度を取らないことです。

大好きなことには変わりがないのですから難しいことですが、振られたからにはもうキッパリとあきらめて、違うことに目を向けて楽しく過ごしているという態度を取っていることが吉となるでしょう。

なぜなら、まだ未練を持たれていると感じることで、相手の方が精神的に優位に立つものだからです。

恋愛においては、どうしても好きな気持ちが強い側が不利な立場になりがちなようです。

「まだ相手は自分のことが好きで未練があるらしい」などと、そんなふうに思われてしまっては、2人の気持ちのバランスが悪くなり、その後うまくいったとしても長続きしない原因になるかもしれません。

自分に告白をしてきて振られて傷ついているはずの相手が、意外と元気にいきいきと生活をしているのを目にすると、「告白までしてくれたのに、自分に対する気持ちはもうなくなってしまったのだろうか」と寂しい気持ちになりやすいようです。

恋愛は押してダメなら引いてみること、とよくいわれますが、積極的にグイグイ行動を起こしてダメならば、相手に対する興味がなくなったような、まさに「引いた」態度を示してみることで、相手の気持ちを変化させ、次の段階に進展する可能性があるのです。

相手が困っているときは、親身に助けてあげる

相手が困っているときは、親身に助けてあげる

一度告白して振られてしまった、通常はその時点でかなりその相手との関係が気まずくなってしまうことが多いでしょう。

それでもあきらめずにチャンスをものにしたければ、その気まずさに負けずに、今まで通りの態度で接することがどうしても大切になります。

相手に気を遣わせないようにして関係を保つには根気もメンタルの強さもいりますので、そこまで持っていくだけでも大変な努力が必要ですが、それができたあなたにはきっと大きなチャンスが待っているはずです。

告白した直後になかなかチャンスが訪れなくても、長い目で見られるならば長期戦でチャンスをつかめる可能性もあります。

気まずさを乗り越えてもまだ特別な存在になれなければ、まずは普通の友達として始めて、とにかく親身で親切な存在として相手に認知してもらうことです。

相手が困っているときには、小さなことでもちょくちょく助けてあげるといいでしょう。

どうしてもあきらめられない人ならば、もし相手に他に好きな人ができたときに、彼のためにキューピッドになってあげる覚悟も時には必要かもしれません。

精神的にはとても辛くても、あくまで友人として、徹底的に献身的に親切な態度を示し続けることで、相手の気持ちがほぐれていくこともあります。

大切なことは、相手がその恋を失ったときに、あなたが相手にとってかけがえのない存在となっていることです。

いつの間にか相手にとってなくてはならない存在になるまで待てるなら、かなりの長期戦を乗り越えたあなたの勝利が待っていることでしょう。

あきらめずに、じっくりと大切な存在になろう

あきらめずに、じっくりと大切な存在になろう

つまり、一度告白して振られてしまったからといって、あきらめてしまったらそこでおしまいということです。

人間ですから、毎日いろいろな出来事に出会うたびに気持ちは変化していきます。

どうしてもあきらめられなければ、相手の気持ちを動かすために効果的な努力を惜しまないことが必要です。

努力していく中では辛いこともきっとあるでしょうが、好きな相手との関係を深めていきたいという気持ちがあれば、頑張れるのではないでしょうか。

振られてもあきらめられないくらい好きな気持ちがあるならば、その気持ちに従って行動を続けることが大切です。

ただし、アクティブに行動することだけが相手へのアプローチではありません。

相手の気持ちを思いやり、ただ静かに待つことも時には必要になるのです。

きっと、自分本位なだけでも、相手のいうことを聞いてばかりいるだけでも、うまくいかないでしょう。

相手の気持ちを思いやりながら自分の気持ちを少しずつ伝えていこうとするうちに、精神的にも成長していけるはずです。

焦らずにゆっくりと、相手にとっての大切な存在になっていけるように努力してみてください。

お互いの気持ちのバランスが整ったとき、2人の関係はきっと上手くいくことでしょう。

小さなチャンスを見逃さない!振られてもあきらめずにアプローチしよう

思いが通じないとあきらめたとき、その人との関係は終わってしまうでしょう。

あきらめずに努力を続ければ、きっとどんなに小さなチャンスであろうと、チャンスは訪れるはずです。

そのチャンスを見逃さないよう、アンテナは常に張っておきましょう。

一度告白する勇気を持てたのですから、うまくいく可能性はまだまだあるはずです。


<<LINE登録でお役立ち情報や最新情報を手に入れましょう>>

友だち追加

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ