婚活お役立ち情報

貯金が関係する!?婚活における貯金の重要度

貯金が関係する!?婚活における貯金の重要度

貯金が関係する!?婚活における貯金の重要度

貯金は生活をしていく上で大事なことの一つです。

しかしながら貯金というのは婚活においても重要なものであるといえます。

何故ならば結婚前には結婚式や新婚旅行で多大な出費が必要になったり、結婚貯金が原因でトラブルになったり、

貯金の得手不得手で相手の評価をある程度見極めたりできるなどと、様々な観点から婚活と関りがある要素だからです。

ここではそういった婚活と貯金などのお金との関係性について紹介をします。

新婚時に予想できる大きな出費について

新婚時に予想できる大きな出費について

結婚をするにはある程度大きな出費がかかります。

特にその中でも結婚生活を始めるための、初動にかかる費用は無視できないものです。

一番高くつきやすいのが結婚式・披露宴にかかる費用で、一般的な平均では300万円程度かかるのが相場です。

しかしながら実際には親の援助やご祝儀をもらうことが殆どのため、新郎新婦が負担するのは150万程度に収まりやすいです。

また結婚式だけでなくその後の新婚旅行にも、ある程度のお金がかかってきます。

ただし新婚旅行については行く場所や期間次第で値段は大きく変わってきます。

そのため一概にはいえませんが、平均的な収入層の夫婦においては、大体60万円ぐらいの旅費を新婚旅行にかけることが多いようです。

そして結婚式・披露宴や新婚旅行などのイベントが一通り終わった後は、二人で新居に住み始めるという夫婦が殆どでしょう。

しかしながらその段階においても、もう一つ大きな出費を覚悟しておく必要があります。

それは新しい生活に必要な家具などの購入にかかる費用です。

こういった生活必需品はある程度は友人や実家から、譲り受けられる可能性もあります。

しかしながら家具などを全てもらいもので済ませるというのは、方法としては現実的ではありません。

したがって結局のところ殆どの家具は新しいものを購入する必要がでてきます。

そしてその家具の中にはソファーやベッド、炊飯器などそれなりに値がはるものも多いです。

ある程度安く済ませても50万円~100万円ぐらいはかかることが多く、結婚式の費用と新婚旅行代だけを主に意識した貯金だけでは、新婚生活早々につまづいてしまう可能性があるので注意が必要です。

主に結婚直後に大きく費用がかかりやすいものは上記で紹介した3つですが、実際にはもう少し細かい費用も絡んできます。

そのためこれらの大きな出費と、細かい出費にも同時に備えて貯金をするならば300万円が大きな目安になります。

実際ある婚活サイトで行われた結婚前のカップルに対するリサーチでも、250万円~350万円を資金として貯金しているカップルが4分の1を占めているという結果がでています。

したがって婚活においては、二人合わせて300万円に届きそうかどうかというのが一つの基準になりやすいです。

したがってもし相性がいいと思える相手に出会えたとしても、300万円には程遠いぐらい貯金額が少ないと敬遠されてしまうことや、結婚への意欲そのものを疑われてしまう可能性があります。

ですから真剣に結婚を考えて婚活中の方は、いい人と出会う前にできるだけ貯金をしておきましょう。

そうすることで後に出会った異性との関係を円滑に進められる可能性が高くなります。

結婚資金の貯金額次第で関係が悪化する可能性もある

結婚資金の貯金額次第で関係が悪化する可能性もある

結婚資金の貯金は二人で合わせて行うカップルが基本的に多いです。

二人の将来のためにコツコツと貯金をしていくというのは、お互いの絆や結婚への意識を高めるのにも有効なものなので、基本的には問題ありません。

しかしながらケースによってはそれが原因で二人の仲が悪くなったり、結婚自体が白紙になってしまう可能性もあります。

そのケースというのはお互いに貯金して出した結婚資金の額の割合に、大きく差がでている場合です。

例えばお互いに300万円を貯める目的で新しい口座を開設したとします。

そして300万円を貯め終えた時点で収入の多い男性側が250万円出しており、女性側が50万円しか出していなかった場合、男性側がそれを不満に思う可能性があります。

あらかじめ男性側が多く負担することを承諾していたのなら、こういった問題は起こりませんが、そうでなかった場合は口論になることもあるでしょう。

そして結果的に二人の関係に亀裂が入って、最悪の場合別れてしまうことも考えられます。

何故ならこういったケースでは普通の口論とは違い金銭が絡んでいるため、時間をおいても解決し辛い問題であることが多いからです。

またこのケースだと男性側の不満を抑えて結婚できたとしても、結婚資金を多く出した男性側に対して、結婚生活上で女性側がお金の使い方に関しての意見を主張しにくくなる可能性があります。

そして金銭というのは生活の根幹を支えるものなので、それの使い方に対する意見を主張できないと、女性側が肩身の狭い思いをしてしまうことにもなりかねません。

したがって円満で平等な結婚生活を目指したいのならば、婚活で相手を見つける段階で結婚の準備資金についても意識して、相手を選びましょう。

具体的には自身との年収格差があまりない人や、結婚の資金を多く負担してもいいといってくれる人がいいでしょう。

そうすると後々パートナーとの金銭的なトラブルを避けられる確率が上がります。

年収を知りたい時には証明書付きの婚活サイトを利用しよう

年収を知りたい時には証明書付きの婚活サイトを利用しよう

婚活サイトなどを通じて知り合った相手の貯金額というのは、結婚を考える以上はある程度把握しておきたいものです。

ですが婚活サイトのプロフィールなどだけでは、当然相手の貯金額を把握することはできません。

ただし年収についてはプロフィール欄に設けられているサイトも存在するので、そこからある程度相手の貯金額を予想することはできます。

しかしながらプロフィール欄に年収を載せている人の中には、異性とコンタクトを取りやすくするために嘘を書いている人も少なからずいます。

そのため婚活サイトは利用しやすい反面、相手が本当にプロフィール通りの人なのか信用し辛いというデメリットがあります。

ただし婚活サイトの中にはそれらの問題に対処するために、大学の卒業証書や源泉徴収票といった証明書の提出を行った人に対して、経歴が本物だと明示するシステムを採用している所があります。

したがって年収額から相手の貯金額などを推し量った上でアプローチしたい時は、証明書を提出している、プロフィールに信頼性がある人に絞って検索をするといいでしょう。

そうすることでいざ付き合いを始めてから、相手の経歴が嘘だったので別れるという心配もなくなります。

中にはこういった婚活サイトを利用して結婚詐欺を働こうとする人もいるため、証明書による経歴の真偽の保証は防犯対策にもなるのでオススメです。

また反対に自らも証明書を提出することで、経歴次第ではマッチングできる可能性が上がります。

したがって自分の経歴に自信がある人はこの様なシステムも上手く利用すると、スムーズに婚活を進められるでしょう。

貯金する能力が高い人は結婚に向いていることが多い

貯金する能力が高い人は結婚に向いていることが多い

貯金の多さというのは相手の性格を把握するのに役立ちます。

何故なら貯金は自制心がそれなりにある人でないと、基本的に多くは貯めることができないからです。

したがって年収が平均的にも関わらず貯金が平均より多めの人は、忍耐強くてコツコツと努力できる人間であることが多いです。

それなりに辛いことも起こり得る結婚生活においては、そういった忍耐強い性格の人は家族を支えてくれる存在になる可能性が高いです。

したがって貯金する能力がある人は、単純な経済力の面だけではなく精神的な面でも頼りになりやすいといえるでしょう。

そのため婚活では貯金が多い人かどうかというのは、結婚するかどうかの判断材料になりやすいので、気になる相手がいるのならば聞いておくといいでしょう。

また貯金する能力が高い人は趣味が少ない人が多いのも特徴です。

何故ならば趣味が少ないと生活費以外でお金を使うことが殆どないため、自然と貯金が貯まりやすいからです。

もし結婚して子供ができると、趣味が乏しい人は自分の時間を趣味に使うことがないので、子供の面倒をよく見てくれる可能性が高いです。

反対に趣味が多い人だと色々な趣味に、お金や時間をつぎ込んでしまうこともあるため、子供の面倒を見る可能性も低くなり、結婚生活にはあまり向いていないことも多いです。

特にギャンブルが趣味の人は、のめりこんでしまうと貯金に手を付けてしまう可能性もあります。

したがって結婚を考えている相手にそういう趣味がある場合は、一度冷静に考えてから判断するようにしましょう。

貯金が得意な人は総じて、お金の使い方自体が上手い場合が多いです。

何故ならば貯金が得意な人というのは、贅沢を我慢するのが得意なのではなく、必要以上の贅沢をしないという、お金の管理面において優れていることが殆どだからです。

そのため贅沢をする時はしっかりとお金を使い、お金を使う必要がないときは、財布の紐を固く結ぶというようなメリハリの利いた使い方をします。

結婚生活においては将来の貯蓄は大事だとはいえ、節約ばかりでは窮屈に感じてしまいます。

その点貯金が得意な人は使う時はしっかりとお金を使う人が多いので、節約し過ぎてストレスがたまるという心配もありません。

そういうお金の使い方の緩急は充実した結婚生活を送る上では重要な要素です。

それゆえに貯金が得意な人は結婚に向いた性格であるといえるのです。

貯金から考える婚活について

貯金というのは結婚を意識する上では大事な要素の一つです。

貯金が少ないといざ結婚するという段階になって、色々な費用が足りないために、結婚式などを断念しなければならなくなる可能性もあります。

したがって婚活中はできるだけ事前に貯金をしておくといいでしょう。

また婚活サイトなどを利用する際は証明書などで、正確性を保証されたプロフィールの人を中心にしてアプローチをしていきましょう。

そしてその時には相手の年収などをよく吟味して、お互いの収入の格差が原因で、金銭トラブルなどが起こりにくいかどうかなどもしっかりと考えましょう。

特に貯金が得意な人は結婚相手としてオススメです。

何故ならば忍耐強くコツコツと努力できる性格の人、趣味が少ないために家族に時間を当ててくれる人、お金の使い方が上手い人などが多いからです。

したがって貯金を地道に貯めている人は結婚向きの性格をしていることが多く、いいパートナーになってくれる可能性が高いです。

 

  • エリア別の仲人を探すならコチラ
  • 婚活タイプ診断テストはコチラ
03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ