婚活お役立ち情報

アラフォー 女性に贈るお見合いのポイント!


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/zenchuren/zenchuren.co.jp/public_html/wp-content/themes/zenchuren/single-konkatsuinfo.php on line 63

アラフォー女性に贈るお見合いのポイント!

アラフォー女性に贈るお見合いのポイント!

アラフォーの方が結婚を意識した時、お見合いを利用するのも一つの手段です。

お見合いはさまざまな人と出会えるため、自分に合っている人を効率的に探すことができます。

お見合いをする時、流れやマナーを知っているといいでしょう。

成功するためのコツも知っておくと安心です。

これから、お見合いの流れやマナー・ポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

お見合いの流れを知ろう!

お見合いをする時は、最初に結婚相談所などの機関で紹介してもらうことが多いです。

求める条件などを提示し、相談所や仲人から合っている人を紹介してもらいます。

お見合いにお互いが合意してから、日程の調整です。

調整は仲人が行い、希望日や時間を聞いてから設定します。

待ち合わせ場所は、ホテルのロビーが多いです。

お見合いの際、基本的に立会い人はいません。

待ち合わせ場所で会い、ホテルのラウンジや喫茶店でお見合いを開始します。

しかし、女性が不安な場合は、初回に仲人が同席することも可能です。

時間は約1時間から2時間が目安になっています。

結婚相談所や仲人を介したお見合いでは、その場で連絡先を交換することはしません。

相手を気に入った場合は、仲人を介して交換をします。

連絡先を交換した後は、2人で都合を調整し、再度会う日を決めることになるでしょう。

お見合いは第一印象が大切!

アラフォーの方のお見合いでは、第一印象を大切にすることがポイントです。

希望に近い人を紹介してもらえても、第一印象が悪いとその後の連絡先交換に繋がりません。

お見合いの目的は、お互いに結婚相手を見つけることです。

結婚相手は年収や居住地などの条件より、最終的にはフィーリングで選ぶ人が多いでしょう。

お見合いをして気が合うと思っても、第一印象で違和感を持つと気持ち的にうまくいきません。

相手が感じた第一印象が、今後の評価にも繋がるのです。

第一印象を良くするためには、髪型や化粧・服装などの見た目が重要です。

特に、清潔感や品の良さ・可愛らしさを出すといいでしょう。

女性の場合、清潔感がないと「結婚に向かなそう」と判断されてしまいます。

また、品の良さがあると、「育ちがいいのではないか」とプラスの印象を与えるでしょう。

可愛らしさがあれば、男性が親しみや好意を持ちやすくなります。

服装や化粧を決める時は、自分目線ではなく他人目線にすることもポイントです。

自分のセンスで決めるのではなく、男性が好みそうな服装や化粧にします。

お見合いではシンプルな服装と派手過ぎない化粧にして、清潔感や清楚感を出すことが大切なのです。

お見合いのマナーとは?

お見合いのマナーとは?

アラフォーの女性がするお見合いでは、礼儀作法やマナーが重要視されるでしょう。

マナーができていないと、「この方と結婚するのが心配」という気持ちにさせてしまいます。

よって、お見合いの準備から当日・その後まで、全てにおいてマナーや礼儀を大切にした方がいいのです。

服装では、地味過ぎず派手過ぎない服装にしましょう。

スーツやワンピースが一般的で、Tシャツやジーンズなどのカジュアルな服装は相手に失礼です。

なるべく、原色や派手な柄物は避けるようにします。

アクセサリーは、シンプルなものを数点つけるのが望ましいです。

香水はつけても構いませんが、匂いがきつすぎるのは失礼になります。

バッグや靴は、汚れやほつれのない清潔感があるものにするといいでしょう。

汚れていると「清潔感がない」「お見合いに本気ではない」などの悪い印象になってしまいます。

全身的にブランドものばかり身に付けるのも、注意が必要です。

「お金がかかりそう」と思われる可能性があります。

お見合いのマナーで大切なのが待ち合わせ時間です。

基本的には男性が先に到着して、女性は後から来ることが理想になっています。

しかし、待ち合わせ時間の約10分前には到着し、時間に遅れてはいけません。

遅刻をすると、印象が悪くなりその後に繋がらないでしょう。

資料請求

待ち合わせ前には、相手のプロフィールを確認し、居住地や趣味などを確認しておくことも大切です。

相手とスムーズに会話できるので、気まずい時間が少なくなります。

待ち合わせ後に喫茶店やラウンジで話をしますが、基本的には男性から場所の提案がされます。

女性は、なるべく笑顔でそれに同意しましょう。

席に通されたら「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えることもマナーです。

コートを着ている時は脱ぎ、バッグなどと一緒に空いている椅子に置きます。

男性が置き場に困っている時は、「こちらに、置きましょうか」と声をかけましょう。

コートやバッグを床に置くことは、不潔と思われることがあります。

お店の用意にもよりますが、荷物置きのカゴや空いている椅子に置くのが理想です。

ホテルなどコインロッカーがある場所なら、必要なもの以外預けておいてもいいでしょう。

注文を選ぶ時やお見合いを終了する時は、男性にリードしてもらうのがマナーです。

メニューは自分が好きなものを選んでも構いませんが、男性が選ぶものを聞いてから選択するといいでしょう。

男性が飲み物だけで、女性が食べ物も頼んでしまうと、気まずい雰囲気になる可能性があります。

また、「何でもいい」なども、男性を困らせる言動です。

男性と同じものを注文するか、同じような価格帯のものを選ぶことがポイントになります。

お会計は、男性がしてくれることが多いです。

その時は、笑顔でお礼を伝えましょう。

「男性が支払って当然」という態度は、相手に悪い印象を与えてしまいます。

お見合いが終わった後は、しっかりと挨拶をします。

もし、断ろうと思っていても、お礼と楽しかったことを伝えましょう。

「また、お会いできれば嬉しいです」と伝えれば、連絡先を交換できる可能性が高くなります。

相手も不安に思っているかもしれないので、好意を持ったら、気持ちを伝えることが大切なのです。

お見合いの会話では、「共感」を意識する!

お見合いの会話では、「共感」を意識する!

お見合いの会話では、相手の言動や気持ちに共感することが大切です。

お見合いは会話がメインになるので、最終的には見た目よりも会話が印象強くなります。

会話で共感を得られたら、「フィーリングが合う」などの好印象を持ってもらえるでしょう。

今後に繋げるためには、相手に共感して、話を盛り上げることが大切なのです。

自分の話ばかりしてしまうと、相手はつまらなくなってしまうかもしれません。

「また、会いたい」と思ってもらえためには、アピールよりも共感することで、2人の共通点を探すといいでしょう。

お見合いの会話では、ポジティブな会話を意識します。

質問はオープンクエスチョンにするといいでしょう。

これは、答えが「はい・いいえ」で限定されない質問のことです。

オープンクエスチョンにすれば、相手が質問されたことを自由に答えられます。

つまり、会話の幅が広がり、共感もできるのです。

「はい・いいえ」で会話が終わってしまうと、次の質問を考えないといけないため、気まずい雰囲気を作りやすくなります。

例えば、「どんな映画が好きですか」「休みの日は何をしていますか」などは、相手が自由に答えられます。

また、「私もその映画が好きです」「私の休みの日も同じような感じです」と共感すれば、交際後のデートを想像しやすくなるでしょう。

お見合いでは、婚活の動機や活動している期間を聞くことはマナー違反です。

自分が聞かれて嫌なことは、相手にも聞かないようにしましょう。

また、昔の恋愛話をするのも、控えます。

男性は嫉妬深い人も多く、「恋愛経験が豊富」という印象を持たせるのはいけないのです。

逆に、男性の恋愛遍歴やお見合い回数なども聞かない方がいいでしょう。

個人情報を聞き過ぎるのも、控えるべき行為です。

お見合いは交際前にするものなので、詳細な個人情報を話す必要はありません。

相手が返答に困るような質問をすると、「デリカシーがない」と判断されてしまいます。

マナーやポイントを知り、お見合いを成功させよう!

アラフォーの方がお見合いをする時は、マナーに注意することが大切です。

相手から好印象を持ってもらうためには、礼儀正しさや清潔感・品の良さなどが重要になります。

お見合いは結婚を前提にしているので、第一印象などのフィーリングも大切でしょう。

見た目や笑顔・会話を意識することで、第一印象を良くすることができます。

お見合いでは、自分自身の目線よりも他人目線を意識することが必要です。

相手の会話や気持ちを大切にし、「何をすれば喜ぶか」を考えながらお見合いするといいでしょう。

特に、相手に共感することで、「もっと一緒にいたい」という気持ちにさせることができます。

お見合いは、それぞれの人が合っている人を見つけられる大切な機会です。

一つ一つのお見合いを大事にすれば、合う人を見つけることができます。

これを参考に、お見合いを成功させてみてください。

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ