婚活お役立ち情報

今のままで大丈夫?アラサー婚活が困難する原因

今のままで大丈夫?アラサー婚活が困難する原因

今のままで大丈夫?アラサー婚活が困難する原因

アラサーになって結婚相手を探しているときには、本当にこのまま婚活を続けていて結婚できるのかと一度は疑問に思ってみることが大切です。

20代前半の頃とは違うポイントがたくさんあるので、しっかりとした考え方を持って婚活に取り組まないと困難に苦しめられてしまいます。

どんな原因で婚活が難航しがちなのかを知り、自分のやり方を見直してみましょう。

 
婚活診断テストバナ-2

まず年齢でふるいをかけられがちなのは事実

まず年齢でふるいをかけられがちなのは事実

アラサーになってからの婚活では男女を問わずに年齢によるデメリットが生じることは否定できません。

その覚悟を持っているかどうかでもかなりパートナーを見つけられるかが左右されます。

結婚相手を探している人は絶対数から考えると年齢が若い人の方が多く、同じ年齢層の人を探すのが通例です。

年上の女性を好むケースもありますが、一般的な傾向としては男性は同年齢か年下を好む傾向があるので、女性は特に加齢と共に不利になってしまいます。

年齢を重ねるごとに候補となる人は減っていってしまうということを理解せず、きっと理想的なパートナーが見つかると高を括っていると婚活で失敗してしまうことになりかねません。

特に婚活アプリや結婚相談所を使っているときには注意しなければならないポイントです。

マッチングをするときの基準として年齢はよく用いられるもので、20代を希望されてしまった時点で30歳になってしまっていたら候補者から除外されます。

アプリや結婚相談所によって基準の設け方には違いがあり、年齢を細かく決められるときには27歳、28歳といった形でふるいをかけられてしまう可能性も否定できません。

若い人と結婚したいと思って結婚相談所などを利用している場合には、なかなか候補者が現れずに苦労しがちです。

アラサーになるとこのような不利な状況に置かれることを心得た上で、パートナーに求める条件をよく考えることが欠かせません。

仕事を頑張るという気持ちがネックになる

仕事を頑張るという気持ちがネックになる

結婚したら男性は経済的に家庭を支え、女性は家事や育児を切り盛りするというのが昔ながらの家庭の築き方ですが、だんだんとその傾向も変わってきました。

男女を問わずに結婚しても働き、家事や育児を仕事と両立させていくことが標準的になってきています。

アラサーになると働き始めて5年から10年くらいが経過した頃になり、男性でも女性でも会社の中で重要な役割を担うようになるのが一般的です。

今まで上司の指示通りに仕事をしたきた状況から、自分で判断をしてどんな仕事をするかを考えられる立場になる時期に相当することも多いでしょう。

仕事に対するやりがいが生まれてきて、もっと働きたいという気持ちに駆られてしまうことも少なくありません。

さらに将来的なことを考えるともっと稼げるようになるために仕事を頑張りたいという気持ちが生まれてくることもあります。

パートナーが見つかったとしても、十分な結婚資金がなければならない、子供が生まれたときの養育費が必要だ、相手が転職や離職をしたいと言ったときにも自分が稼ぐから大丈夫と言えるようにしたいといった考えが出てきてしまうでしょう。

さらに、お見合いのときに相手の年収がどのくらいで、どの会社に勤めているかを見るのは当然で、少しでも大きな収入を手に入れている人が良いと考えるのはもっともなことです。

そのため、仕事をできるだけ頑張って優秀で頼りになる人として見てもらえるようにしたいという気持ちで仕事に力を注ぎがちになります。

しかし、30歳前後で体力や気力も充実し、現場経験も充分に積んだ人は会社からも有望な戦力として期待されます。

頑張れるならもっとやって欲しいという要求が積み重なっていき、仕事一辺倒の生活を余儀なくされてしまいがちなのです。

特に独身の人は家庭生活がないので無理が可能と思われていることも少なくありません。

転勤する人を探すときにも経験を積んでいて独身で家庭に影響がないという観点から候補者になりやすい傾向があります。

せっかく仕事の合間に婚活をしてパートナー候補を見つけたとしても、転勤で離れ離れになるとわかって別れることになってしまうこともないわけではありません。

このようにアラサーの時期は仕事にとっても重要な時期なので頑張ってしまいがちですが、仕事を重視しすぎると婚活が後手に回ってしまってさらに時期を遅らせることになるリスクがあります。

年齢によるデメリットはさらに年齢を重ねれば大きくなってしまうので、仕事に対する割り切りをできるようにするのが重要です。

焦りが失敗を生んでしまう

焦りが失敗を生んでしまう

アラサー婚活が困難になるのは焦りに原因があることもよくあります。

高校や大学などの同級生や会社の同期も次々に結婚していってしまい、取り残されてしまったという気持ちが強くなることは否めません。

自分も早くパートナーを探さなければならないというプレッシャーがある状況で、年齢的にも一刻も早く結婚しなければならないという気持ちがあると焦ってしまうのは確かでしょう。

焦る気持ちが全くないとパートナーを探そうという気持ちが生まれにくいのは確かですが、過度になってしまうとせっかくのチャンスを逃すことになりかねません。

例えば、お見合いで付き合う相手が見つかり、一度や二度のデートをしただけでプロポーズしてしまうケースもあります。

もっとじっくりと付き合って互いをよく知ってからなら承諾してくれたかもしれない相手でも、今の段階では受けられないと思われて別れることになることもあるのです。

また、魅力的な人だと思ってアプローチをかけたけれどなかなかなびいてくれないケースもあるでしょう。

それで諦めてしまったために、実は相手も興味を持ち始めていてくれたのに付き合うことなく関係が終わってしまうこともあります。

焦って相手を探そうとすると良い出会いを無にするケースが多くなり、せっかくのチャンスを無駄にし続けることになりがちです。

もはやアラサーに突入しているのだからと割り切って、アラサーと言われる時期が終わりを告げる前には結婚を遂げようというスタンスで落ち着いて婚活に挑むようにしましょう。

理想やプライドの高さが婚活を難しくしている

理想やプライドの高さが婚活を難しくしている

30歳前後になるまで仕事に必死に取り組んできた人の場合には自分自身が取り組んできたことに対して誇りを持っていることも多いでしょう。

しっかりとしたキャリア形成にも成功し、これから前途洋々の未来を切り開いていけるはずだと思っているかもしれません。

その自分に見合った相手を探したいという気持ちが婚活を難しくする原因になっていることもよくあります。

恋愛や婚活では成功を遂げたことがなくとも、仕事や学業などで大きな成果を上げてきた経歴があり、高いプライドを持っていることはあるでしょう。

それが理由でパートナーに対して高い理想を持ってしまい、希望するような人に出会えないと嘆いているケースは少なくありません。

理想を持つことは婚活をする上では重要なことで、希望する条件を満たしているパートナーが見つかることで納得して結婚できる場合が多いのは確かです。

ただ、自分の年収はこのくらいだから同じくらいの年収を持っている人がふさわしい、高学歴の自分に見合った学歴や職歴を持っている人と結婚したいなどといった偏った考え方ではなかなかパートナー候補に恵まれないでしょう。

仕事をする上では学歴や職歴などが重要になる場合もあるのは確かです。

ただ、プライベートではいかに豊かな生活を送るかが大切で、特に今までの経歴を気にかけずとも良い家庭を築き上げられる可能性は充分にあります。

また、理想やプライドが高いと相手をしっかりと見られなくなってしまうことも少なくありません。

とても優しくて相手のことを考えてくれる人なのに、自分よりもさらに年齢が上で年収も低いというのが気になって相手の良さに気づけないこともあります。

相性が合わない場合があるのは確かですが、何か一つや二つのことにとらわれてしまって相手の本質を見抜けなくなってしまうと魅力的なパートナーには恵まれないでしょう。

理想やプライドは一度まず捨てるという覚悟を持って婚活に挑むことが成功につながります。

自分のあり方ができてしまっている

自分のあり方ができてしまっている

アラサーになると独身でずっと生活を作り上げてきた経歴があるので、自分はこうだという考え方が確立してしまっているのが一般的です。

自分のあり方に関する信念が強くなってしまったのが原因で婚活が困難になることもよくあります。

大人になってからの出会いで結婚するためには互いの歩み寄りが必要です。

性格も価値観も生活習慣も全く同じという人はたとえ兄弟であってもあり得ないでしょう。

共通の価値観を持っている部分があったとしても、別の観点では全然違う考え方を持っているのが普通です。

相手の考え方を受け入れつつ、自分の大切にしていることも理解してもらうという意思疎通を繰り返すことによって、一生を共にできる関係を築き上げることができます。

しかし、自分の価値観にこだわり過ぎてしまい、相手の意向を無視して自分のやり方を押し付けてしまうようなケースも少なくありません。

そして、自分の考えを理解してくれない相手だったという形で、相手に非があったように考えて別れてしまうこともあるでしょう。

相手ができる限り受け入れようと努力してくれていた事実にすら気づかず、ただ合わない相手だったと思い込んでしまう人もいます。

このような状況が続いていては結婚できるようなパートナーに恵まれることはほとんどありません。

自分の価値観を大切にしながらも相手に歩み寄る気持ちを持つのが婚活で失敗しないための秘訣です。

婚活の仕方にこだわっている

婚活の仕方にこだわっている

生活や仕事などへの価値観だけでなく、婚活の仕方についてもこだわりを持っているためにパートナーが見つからないケースも少なくありません。

自然な形で出会いたいという気持ちが強く、会社やサークル、習い事などの現場で出会った人から相手を探そうとすると候補がかなり限られてしまいます。

逆に、そういう身近なところでの出会いは嫌いで、婚活パーティーや結婚相談所での出会いが良いという場合にもせっかく良い候補者がいるのに見落としてしまうことになりかねません。

全ての出会いを大切にし、できる限り多くの機会を自分から作っていくのがアラサーの婚活には欠かせないポイントです。

婚活の仕方のこだわりも捨ててしまって、理想的なパートナーに出会うことこそが最重要と考えるようにしましょう。

若い頃とは違う結婚観が生まれるのに気づいていない

若い頃とは違う結婚観が生まれるのに気づいていない

結婚観が年齢によってかなり変わっていくという事実に気づいていないのも婚活が難航する原因になります。

まだ20歳前後という場合には恋愛を楽しみたいというスタンスでパートナーを探し、結婚に到達しなくても良いというスタンスで付き合いをすることも珍しくありません。

もし合わない相手だったら諦めて次のパートナーを探せば良いという余裕があり、仕事や学業と恋愛を両立させられる体力や気力にも満ち溢れている時期だからこそできることです。

そして、そのまま結婚する場合にもアラサーになってから結婚する場合とは価値観が異なっていることがよくあります。

若い頃の結婚観として、互いに熱い感情を持ちながら楽しくて刺激的な生活を送りたい、失敗しても良いから互いに納得できるようにしたいといった考えを持っていることがよくあります。

若気の至りで結婚して数年後には離婚するというケースもよく見られるようになっていますが、良さそうな相手なら思い切って結婚してしまおうというケースが少なくないのです。

しかし、社会人として成熟してきたアラサーの世代になると結婚観も変わります。

結婚するからには安定して過ごせる夫婦関係を築き上げたいという気持ちが強くなる場合が多いのです。

また、結婚生活に対する価値観も多様性が生まれます。

夫婦で仲良く同じことに取り組んでいきたいという人もいる一方、互いのやりたいことを尊重して独立した仲で家庭生活を築いていきたいと考える人もいます。

若いうちには夫婦で一緒に過ごす時間を大切にする傾向が強いのに対し、年齢を重ねるごとに自分のやりたいことを重視したいと思う気持ちが大きくなるのが一般的です。

このような考え方の変化を理解した上でパートナーを探さないと、結婚後の生活のあり方で意見が一致せずに悩むリスクが高まってしまうでしょう。

アラサーの婚活はこだわり過ぎに注意して頑張ろう

アラサーになると年齢的に候補者が少なくなるだけでなく、自分の価値観やこだわりが問題になってパートナーを見つけるのが難しくなりがちです。

相手の考えを受け入れる姿勢を持つようにして、うまく価値観のすり合わせをしながら結婚相手を探すようにしましょう。

焦らずに互いのことをよく理解するように心がけていればきっと良いパートナーが見つかります。


<<LINE登録でお役立ち情報や最新情報を手に入れましょう>>

友だち追加

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ