再婚がうまくいかない人の特徴と原因とは?

離婚を経験し再婚を目指して婚活している人の中には、なかなか手ごたえがつかめずにうまくいかないと感じる人は多いでしょう。
再婚がうまくいかない人には共通する特徴や原因があり、それを理解できなければ今後も苦戦することが予想されます。この記事では、再婚がうまくいかない人の特徴・原因や再婚を成功させるポイント、再婚がうまくいかない人におすすめの婚活方法を紹介します。
離婚を経験し再婚を目指して婚活している人の中には、なかなか手ごたえがつかめずにうまくいかないと感じる人は多いでしょう。

再婚がうまくいかない人には共通する特徴や原因があり、それを理解できなければ今後も苦戦することが予想されます。

この記事では、再婚がうまくいかない人の特徴や原因、さらには再婚を成功させるおすすめの婚活方法まで紹介します。

最後まで読んで、うまくいかない原因を正しく理解・改善し、素敵なパートナーを見つけましょう。

再婚がうまくいかない人の特徴・原因

 (4536)

初婚時の婚活と異なり、再婚がうまくいかないと悩む人は多いです。
再婚がうまくいかない人は、この4つの特徴・原因のどれかに該当します。

■再婚が上手くいかない人の特徴
・離婚を引きずっている
・未練がある
・理想が必要以上に高くなっている
・出会いの数が十分ではない

原因を理解しなければ、改善策を練ることは難しいです。
自分がどの特徴に該当するかを考えながら読み進めていきましょう。

離婚を引きずっている

1番多い例が、離婚をひきずっていることです。
「離婚歴があると、再婚に不利」、「離婚したってことは、自分はダメな人間なんだ」と過去の離婚に囚われ、再婚を目指し努力している現在の婚活に支障が出ている状態です。

気持ちはよくわかりますが、必要以上にひきずってしまうのはデメリットにしかなりません。
もし相手が気にしないとしても、あなたが必要以上に離婚について気にしていると、相手は良い気持ちはしないでしょう。

離婚の経験があることで、同じことを繰り替えないよう努力できるという点では強みになります。
ネガティブな方向に考えすぎず、離婚の経験をポジティブな方向に活かせるよう意識していきましょう。

未練がある

離婚した元パートナーに未練がある人も、なかなか再婚に苦労するでしょう。
この場合、自分ではなかなか未練があることに気が付けないのが難しい点です。
「あの時こうしていれば、離婚は避けられたのかもしれない」と考えるのも、ある意味未練がある状態と言えます。

未練がある人は、なかなか次のパートナー探しに本腰を入れられないことが多いです。
しかし、過去の人への未練をなくすためには新しい人を見つけるのが1番です。

最初は辛いかもしれませんが、「前の人のことを思い出に変えてくれる素敵な人が見つかるはず!」と考え、勇気を持って再婚を目指して精力的に婚活しましょう。

理想が必要以上に高くなっている

 (4537)

理想が必要以上に高くなっているため、なかなか再婚がうまくいかないケースも多いです。
これは離婚を経験しているからこそ、次のパートナーに求める条件がより厳しくなるからです。

初婚の相手を探す人の場合、結婚生活を経験していないのでどんなものか具体的なイメージを持てません。
具体的なイメージがないからこそ、「最低限、この条件を満たせばよいか」と妥協できる点が多く、それだけ相手に求める条件は緩くなります。

一方すでに結婚生活を経験している人の場合、結婚生活に対する具体的なイメージが持てます。
自身の経験を踏まえ、あれもこれもと条件を足してしまい、結果的に理想のパートナー像が現実的ではないものになってしまいがち

ご存じの通り、理想が高くなればなるほど、相手は見つかりにくいです。
過去の経験を踏まえるのは大事なことですが、必要以上に理想を高くし過ぎないよう注意しましょう。

出会いの数が十分ではない

再婚を目指しすでに本格的に婚活しているのにうまくいかない人は、出会いの数が十分ではない可能性があります。

これは、初婚の婚活時あまり苦労しなかった人によく見られるケースです。

■出会いの数が十分でないケースが起きやすい人
・長年付き合った相手と結婚した
・婚活を始めて間もなく良い相手が見つかった

このように、苦労した経験がない人はその感覚で婚活をしてしまう傾向があります。
「これぐらいやっていれば、そのうちうまくいくでしょ!」と考えてしまい、結果的に他の人よりも出会いの場に参加する回数が少なくなりがちに。

基本的に、再婚を目指す婚活は初回の婚活よりも厳しいものになる傾向があります。
出会いの数が少なければ、それだけパートナーが見つかるチャンスも少なくなります。

出会いの数に関しては、初回の婚活時の感覚を忘れて初心に戻るべきです。

再婚を成功させるポイント

 (4538)

再婚がうまくいかない人の特徴・原因を踏まえ、再婚を成婚させる3つのポイントを紹介します。

■再婚を成功させる3つのポイント
・信頼できる人にアドバイスをもらう
・相手に求める条件を緩くする
・出会いの場に積極的に参加する

いずれも重要なものばかりなので、すべてのポイントを押さえた婚活ができるよう心がけましょう。

信頼できる人にアドバイスをもらう

まず1番重要なのが、信頼できる人にアドバイスをもらうことです。
客観的なアドバイスをもらうことで、自分が意識しなかったような点に気付き改善できるからです。

例えば、再婚がうまくいかない人の特徴・原因の1つに未練があることを先ほど紹介しました。

自分は未練がないと思っていても、他の人から見たら未練たらたら、というケースは少なくありません。
そんな時に信頼できる人が近くにいれば、自分がまだ未練があることに気が付かせてくれるので、未練がなくなるよう行動できるようになります。

アドバイスをもらう人は、婚活にある程度経験のある人が望ましいです。婚活についてある程度知識のある人を見つけて、定期的に相談してアドバイスをもらいましょう。

客観的な視点からのアドバイスを今後の婚活に活かせれば、必ず状況は好転するはずです。

相手に求める条件を緩くする

相手に求める条件を見直し、自分が思うよりも条件を緩く設定しましょう。

繰り返しになりますが、1度結婚生活を経験している人は未婚者に比べ、自分の想像以上に相手に求める条件が厳しくなりがちです。

どのラインまでを求めるかをもう一度確認し、絶対に譲れない条件以外はなるべく柔軟に対応する意識を持ちましょう。

その意識を持っていれば、少しずつ視野が広がり相手に求める条件が緩くなっていくはずです。

今まで視野に入れていなかった異性と出会っていくうちにも、「こういう人も悪くはないかな」と感じ、許容できるようになっていくでしょう。

出会いの場に積極的に参加する

 (4539)

ぜひ、出会いの場には積極的に参加してください。
初婚・再婚に限らず、婚活で出会いの場に参加するのはメリットしかありません。

■婚活のメリット
・良い人に巡り合える可能性がある
・いろんな人と出会うことで自分がどんな相手を求めているか自覚できる
・経験値が貯まりより良い自分の魅せ方がわかる

どれも出会いの場に積極的に参加することでしか得られないメリットです。

再婚の相手を探す婚活の場合、初婚の相手を探す婚活よりもうまくいかないことが多く、出会いの場に参加することが億劫になりがちです。
しかし出会いの場に参加しないことには、いつまでたっても再婚相手には出会えません。

うまくいかないことが続いても必要以上に落ち込みすぎず、ポジティブな気持ちを持って出会いの場に参加しましょう。

再婚がうまくいかない人におすすめの婚活方法

 (4540)

ここまで紹介したことを理解できれば、後は実践するだけです。
再婚がうまくいかない人におすすめの婚活方法を3つ紹介します。

■おすすめ婚活方法
・結婚相談所を利用する
・マッチングアプリを利用する
・婚活パーティーに参加する

詳しく見ていきましょう。

結婚相談所を利用する

1番おすすめなのが、結婚相談所を利用することです。

■結婚相談所がおすすめの理由
・真面目に婚活している人とだけ出会える
・経験豊富なスタッフにサポートしてもらえる
・短期で成婚が見込める

このように、結婚相談所を利用するメリットはたくさんあります。
特に、経験豊富なスタッフに気軽に相談でき、アドバイスをもらえるのは結婚相談所ならではのメリットです。

他の方法よりもお金かかることがデメリットですが、再婚相手を見つける費用だと考えれば高い買い物ではないはずです。
結婚相談所を利用すれば、スタッフと二人三脚で真面目に婚活している人と出会えます。

マッチングアプリを利用する

今流行りのマッチングアプリで再婚相手を見つける方法も選択肢の1つです。

マッチングアプリの中には、婚活目的のものや再婚相手を見つけることを目的としたもの
があります。それらを利用すれば、あなたが理想とする相手と出会えるチャンスがあります。

デメリットは、利用者が必ずしも真面目に婚活をしている人ばかりではないことです。

マッチングアプリは結婚相談所と比べ、入会のハードルが低い分真面目に婚活していない会員も混じっています。
そんな相手に騙されることがあれば、婚活のやる気がなくなってしまう可能性があります。

マッチングアプリで再婚相手を探す際は、ヤリモクなどの厄介な会員に騙されないよう注意しましょう。

婚活パーティーに参加する

婚活パーティーなどに参加して相手を探す方法もあります。
参加すれば一定人数の異性と出会えるので、「会った時の印象を大事にしたい!」という人には最適な出会い方です。

事前に相手の情報を知れないのが、婚活パーティーの大きなデメリットです。結婚相談所やマッチングアプリでは、ある程度相手の情報を知ったうえで気になる人とだけ出会えます。

しかし、婚活パーティーの場合、会場に行くまでどんな相手がいるのかわからないので、タイプでない異性と出会う可能性が高いです。

結婚相談所やマッチングアプリのように興味が持てた相手とだけ会うわけではないので、効率が悪い出会い方と言えます。

ただし、ある程度の人数と会って話すという経験は婚活においてプラスになるので、1度は参加してみる価値はあるでしょう。

まとめ

 (4541)

再婚がうまくいかない人には、共通する特徴や原因があります。
それを理解するのが、まずは再婚への第一歩です。

信頼できる人に相談して相手に求める条件を整理し、積極的に出会いの場に参加することで、より再婚できるチャンスは広がります。

結婚相談所やマッチングアプリ、婚活パーティーなどを利用し、これから共に歩んでいくパートナーを見つけましょう。