婚活お役立ち情報

30代からはじめる婚活!結婚相談所の利用方法


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/zenchuren/zenchuren.co.jp/public_html/wp-content/themes/zenchuren/single-konkatsuinfo.php on line 63

30代からはじめる婚活!結婚相談所の利用方法

30代からはじめる婚活!結婚相談所の利用方法

婚活をする方法の1つに「結婚相談所の利用」があります。

このサービスは幸せな結婚をしたい人の強い味方です。

しかし、初めての婚活であれば結婚相談所についても分からない部分が多いでしょう。

そんな30代に向けて、ここでは結婚相談所の種類と利用方法について解説していきます。

正しく相談先を選び、スムーズで円満な結婚を目指しましょう。

ステップ(1)3つのタイプから利用したい相談所を決定

ステップ⓵3つのタイプから利用したい相談所を決定

そもそも結婚相談所には大まかに分けて3つのタイプがあり、提供しているサービス内容がそれぞれ異なります。

まず、近頃では最も一般的なのが「データマッチング型」の結婚相談所です。

「結婚情報サービス型」とも呼ばれます。

名称の通り、利用を開始する際は相談所のコンピューターから自身のプロフィールと相手に希望する条件を入力します。

続いて入力した条件に合う相手を検索し、気に入った異性がいれば相談所を通して申し込み可能。

相手から好意的な返事が来れば、より詳しい情報の入手や連絡先の交換などができます。

このタイプの相談所では、アドバイザーや仲人のサポートは基本的に行いません。

よって、第三者が間に入らないため気軽に利用しやすいことや、高額な成婚料が請求されないことがメリットです。

一方で、相談所のサポートが無いことはデメリットでもあります。

自身で積極的に活動しなければ良い相手には出会えませんし、結婚にもたどり着けません。

そのため、データマッチング型の結婚相談所は、ある程度婚活のノウハウを持つ人に向いている面があると言えます。

データマッチング型と形式の似ている結婚相談所が「インターネット型」です。

やはり、インターネット上に自身のプロフィールを登録し、同時に登録された異性の情報を検索します。

このタイプは相談所の事務所へ出向く必要が無く、自宅のコンピューターからの利用が可能です。

気に入った相手がいればメールでコンタクトを取り、メール交換を繰り返したり実際に会ったりして親交を深めていきます。

相談所は完全に出会いの場を提供するだけなので、料金は3タイプの中で最も安価。

自分の好きな時間に利用できること、婚活していることを他人に知られないこともメリットです。

ただし、登録時の身分確認が甘い相談所も多いのがデメリットの一つです。

どのような人が登録しているか不透明な上に、トラブルがあれば自己責任となります。

また、データマッチング型と同じく、結婚へ至るには積極的な活動が肝心です。

そして、オーソドックスな結婚相談所の形式を取っているのが「結婚相談所型」です。

「仲人型」とも呼ばれます。

このタイプでは相手探しからお見合い、交際中に至るまで担当のアドバイザーが逐一サポートやアドバイスを行います。

気に入った相手がいれば相談所を通してお見合いを申し込み、お見合いが上手くいけば交際へ進むことができます。

段階ごとに第三者のサポートやアドバイスがあるため、初めての婚活でも不安が少ないことがメリットです。

ただし、その分相談所の決めた細かいルールやマナーを厳守しなければいけません。

例えば、お見合いの席での連絡先交換は禁止ですし、交際中も定期的にアドバイザーへ進捗を報告する必要があります。

それを負担に感じるのであれば、結婚相談所型の利用はあまりおすすめできません。

3タイプの特徴をまとめると、安心感とサポ―トの量で選ぶなら「結婚相談所(仲人)型」

利用の手軽さで選ぶなら「データマッチング型」か「インターネット型」がおすすめです。

ただし、データマッチング型の相談所は大手企業が運営する場合も多いのが特徴。

そのため、スタッフや利用者の質がある程度保証され、豊富な会員を確保している相談所が多いです。

また、料金はインターネット型が最も安価ですが、その分利用者の質や男女の比率は相談所によってバラつきがあります。

料金が掛からない分、良い相手を探す時間的・精神的なコストが掛かりやすいと言えるでしょう。

ステップ(2)相談所を訪問~登録

ステップ⓶相談所を訪問~登録

30代と言えば、仕事や私生活が充実するとともに忙しさも増してくる世代です。

20代の頃より貯金はあっても、婚活に割く時間はさほど無いという人が少なくないでしょう。

そんな人におすすめなのが結婚相談所(仲人)型の結婚相談所です。

一度情報を登録すれば相手探しはアドバイザーが行ってくれる上、お見合いのセッティングや連絡先交換もお任せできます。

経験豊富なアドバイザーなら紹介される相手にも信頼が置けますし、ほぼ待っているだけで婚活を進めることができるのです。

よって、ここからは結婚相談所型へ登録するまでの手順を解説していきます。

結婚相談所型の相談所への登録は、直接相談所へ赴いて行います。

その際には、相談所ごとに必要な書類があるため、公式HPなどを参考にもれなく用意していきましょう。

どの相談所でも必要になるのは身分証明書と住民票、そして「独身証明書」です。

自身が独身であることを証明する書類で、本籍地のある自治体の窓口で入手できます。

直接窓口で申請するか、本籍地が遠ければ郵送でも申請可能です。

また、相談所によっては卒業証明書(短大・大学のもの)や収入を証明する書類(源泉徴収票や確定申告書)を求められます。

何か国家資格を持っていれば、それを証明する書類も必要になるでしょう。

必要書類が多いほど用意するのは手間ですが、それだけ相談所が会員の身分をしっかり把握しているという証拠。

この点でも信頼できる相談所であるかを判断できます。

必要な書類を揃えて相談所へ赴いたら、続いては入会の手続きです。

ここでは相談所の規約やルールの説明を受け、最終的に契約書を作成します。

結婚相談所型の相談所は細かい規約やルールを設けていることが多いため、一つ一つをしっかり確認していくことが大切です。

説明を聞き逃すと後々トラブルになったり、あまり良心的でない相談所では不利な条件を飲まされたりするかもしれません。

特に、クリーングオフが可能かは必ず確認しておきたい条件です。

結婚相談所との契約はクーリングオフの対象となることが法的に決められています。

不可能だと言われたら、その相談所への登録は即座にキャンセルしましょう。

安心して登録できる相談所だと確認できたら、最後はプロフィールの登録です。

持参した書類と担当者との面談により、異性の登録者が参考にするデータを作成します。

結婚相手に求める条件や好みのタイプなども聞かれるでしょうから、あらかじめ自宅で整理しておくと作業がスムーズです。

自身の第一印象に関わるプロフィール写真も、この段階で撮影することがあります。

ファッションやメイク、髪型などは念のため整えて行く方が良いでしょう。

なお、相談所によっては契約の前に無料のカウンセリングも実施しています。

初めての結婚相談所あるいは婚活が不安な場合には、それを利用すると便利です。

または、結婚相手に求める条件や異性の好みが曖昧な場合も同様。

他人と話すことでイメージがはっきりすることはよくあります。

契約後のプロフィール登録もスムーズになるのでおすすめです。

あるいは、相談所型の利用が自身に合っているかも、カウンセリングを受けることで確認できるでしょう。

HPにカウンセリング実施の記載が無くても、問い合わせすれば行ってくれるかもしれません。

ぜひ確認してみてください。

ステップ(3)相手の紹介~お見合い

結婚相談所にプロフィールを登録したら、あとは相談所が条件に合う異性を探してくれます。

同時に異性に対しても自身の情報を公開しているので、「気に入りそうな異性」か「自身を気に入った異性」が見つかるのを待ちましょう。

相談所によっては担当者と一緒に探すこともあります。

もし、紹介された中に気に入った異性がいれば、担当者にその旨を伝えます。

担当者はそれを相手に伝え、相手も合意すればお見合いが成立。

日時や場所をセッティングしてもらい、実際に会って話をします。

もちろん、こちらがその気でも相手から断られる可能性はゼロではありません。

同じく、気に入らない相手からの申し込みなら自身も断ることができます。

断りの返事も担当者が行ってくれるのが、結婚相談所型の嬉しいところです。

そして、実際にお見合いを行って相手に好感を抱いたら、担当者を通じて相手にその旨が伝わります。

ここでも相手に断られることはありますが、相手にも気に入られればお見合いは概ね成功です。

お互いに同意すれば後日担当者から自身の連絡先が伝わり、こちらも相手の連絡先を入手できます。

ステップ(4)交際~成婚(利用終了)

相談所への登録から連絡先の交換を経たら、いよいよ相手との交際がスタートします。

ここからは担当者の直接的なサポートは期待できず、自身の努力で相手との関係を築いていく必要があります。

こまめな連絡とデートを繰り返し、結婚したい相手であるかを確認していきましょう。

もちろん何か不安な点やアドバイスが必要な場面があれば、担当者へ積極的に相談してください。

また、多くの相談所では月に一回ほどの定期報告をルールとしています。

利用者は相手とどこへ行き、どんなデートをしたのかなどを担当者に報告する必要があるのです。

担当者はそれをもとに今後のアドバイスを行い、2人を成婚へと導きます。

そして、お互いに結婚の意志が固まれば、晴れて成婚となります。

担当者に申し出て「成婚届」を提出し、相談所によっては成婚料を支払って退会します。

気を付けたいのは、結婚の口約束をしただけでも成婚と見なされるケースが多い点です。

その時点で申し出なければ、違約金や強制的な成婚退会となる可能性もあります。

比較的高額な成婚料を急に請求されるなどのトラブルを防ぐため、規約はよく確認しておきたいものです。

ここで無事に成婚できれば相談所の利用は終了。

幸せな結婚生活がスタートします!

良い相手との結婚は相談所選びがカギです

30代なら、40代・50代の利用者も珍しくなくなった婚活の世界ではかなり若い世代です。

年齢が大きなファクターとなるこの世界では引く手数多でしょう。

ただし、幸せな結婚には相手選びが肝心。

なるべく時間を掛けてしっかり相手を見定めたいものです。

そのためには、信頼できる・自分にあった結婚相談所を利用することが肝心です。

時には結婚相談所型よりも、データマッチング型やインターネット型の方が適している場合もあります。

それぞれの婚活事情に合わせて利用先を選び、婚活を成功させましょう!

資料請求

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ