婚活お役立ち情報

民法改正!女性の再婚禁止期間が短縮

再婚禁止期間とは、簡単にいうと女性が再婚するにあたって結婚してはいけない期間のことです。これは2016年に法令が改訂されており、これにより、再婚する女性の数が増えたとも言われています。今回は再婚禁止期間の基礎知識や改正内容について詳しく説明します。
 
教えて!再婚禁止期間ってなに
 
66ebd3abcae6d6e0e27b27fcabd150ab_s 
 
「再婚禁止法」とは、女性が離婚後にある程度の期間を空けないと、再婚ができないという法律です。昔の民法では、男性の場合離婚した次の日から違う女性と再婚することが可能ですが、女性の場合は離婚して6カ月しないと再婚ができませんでした。これは再婚後にすぐに妊娠がわかった場合、父親の判別が難しいため、父親が誰かを明確にするための法律です。そのため、冷え切った夫婦関係を続けるうちに他の男性の子を妊娠した女性にとっては、かなり厳しい立場に立たされる法律でした。前夫と離婚をしても新たなパートナーとすぐ再婚ができず、未婚のまま子供を生むケースも多々ありました。

現在ではこれを改定し、再婚禁止期間は100日に短縮されています。民法では離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子であり、再婚後200日を過ぎて生まれた子は現夫の子として認められています。離婚後に100日経過すれば推定は重ならないことから、短縮の改正が行われました。しかし、この昔の再婚禁止法は明治時代に作られたかなり古い規定です。しかも、この再婚禁止期間は男性にはなく、女性にだけ向けられています。そのため、女性差別であり男女平等に違反しているとたびたび批判も受けています。
 
改正!再婚禁止期間が短縮
 
23717f497becf647f78807d433dbe2fb_s 
 
再婚禁止法は2016年に期間短縮の改定が行われます。これまで女性は離婚して6カ月(およそ180日)経過しないと再婚ができなかったところ、100日に改訂されたのです。改定理由はDV被害を前夫から受けていた女性が、離婚後に半年も待たないと再婚できなかったことに対する、精神的苦痛を国に訴えたのがきっかけでした。確かに女性だけ離婚後に半年間も再婚ができないのは、ややおかしい印象もあるでしょう。

改定された再婚禁止法ですが、いくつかの規定もあります。まず離婚後100日以内の女性が婚姻届を提出する際には「離婚時に妊娠していないという医師の証明が必要」です。これは再婚後に仮に妊娠していた場合、父親が誰かという推定を避けるため、医師が作成した証明書が義務付けられています。そのため、離婚時に妊娠していない場合は100日以内でも再婚ができます。また、男性の場合は今も昔も変わらず、離婚後すぐに再婚することが可能です。
 
これはOK!再婚禁止期間の例外
 
8dbf4a37f096aeea67e10fd371b8e8f5_s 
 
再婚禁止期間にはいくつかの例外もあります。まず「元夫との再婚」は、子供の父親が確定することになるため、特に再婚禁止期間が適用されることはありません。そして「妊娠の可能性がない高齢者の再婚」も適用外です。高齢者であれば子供をあらたに出産するということもないので、離婚後にすぐ再婚をすることも可能です。同様に「子宮の全摘出手術を受けた人」も出産の可能性がないため、再婚禁止期間は当てはまりません。

そして「再婚禁止期間中に出産した場合」も、再婚禁止期間は適用されません。離婚後すぐに出産するようなことがあれば、100日間の再婚禁止期間は適用されず、離婚後すぐに再婚をしても婚姻届けは受理されます。これは生まれたが前夫の子供として戸籍に載ることになるため、子供の法的立場が守られているという理由からです。実際に前夫の子供かどうかを争うのはまた別の問題になります。そして、「夫が3年以上行方不明で裁判離婚が成立した場合」も再婚禁止期間は適用されません。
 
法改正後に影響はあった?
 
9422678eed2dbc2bde924a3b5779e7fa_s 
 
再婚禁止期間の法改正後には、女性の再婚が増えたと言われています。2015年12月16日に行われた最高裁判決で、女性の再婚禁止期間は「違憲」という判断が下されました。すると再婚女性の婚姻届受理数が急激に増加し、この判決が出た後のわずか1カ月半だけで計202件にも上りました。この勢いは止まらず、年間でおよそ1600件ペースにものぼります。

これは今の夫との夫婦関係を終わらし、新たなパートナーと生活を築いて行きたいと考えている女性がとても多いことが分かります。また、事実婚では太刀打ちできない、配偶者控除や扶養控除などの問題を解決する糸口にもなったようです。法改正により再婚禁止期間はおよそ80日間短縮されましたが、「妊娠していない」と認められたときは離婚後の翌日にでも再婚できるようになり、再婚を望む女性にとっては嬉しい法改正と言えそうです。
 
新たな再スタートを
 
18b09313b367fcb3f1530801a4dede0f_s 
 
再婚禁止期間は、生まれてくる子供が誰の子かを特定するための法律です。子供の福祉を最優先で作られている法律とはいえ、DNA鑑定や科学技術が発展している現代においては、女性だけ再婚禁止期間が設けられているのには批判的な意見もあります。

ただ、再婚禁止期間の短縮は、離婚後なるべくはやく再婚をしたいと考えている女性にとっては朗報です。前夫と別れてからすぐに新たなパートナーと法律婚をすることも可能なので、別れを経験した人でも思い切って新たな再スタートを切ることができるでしょう。

 

03-3768-8200
受付時間 10:00~17:00(木・日定休)
お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

電話で問い合わせる

ページトップへ